名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ヴェレーヌの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ヴェレーヌのプロフィール

ポール・マリー・ヴェレーヌ。19世紀フランスの詩人。フランス印象派を代表する詩人。破滅的な人生を生き、540篇にも及ぶ詩を残した。貧しさの中、51歳で死去

ポール・ヴェレーヌの名言 一覧

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる。


生きることにも疲れ果てて死ぬのはなおさら恐ろしく、漂流する小舟さながら、波のまにまに打ち揺れて魂は船出する。悲しい難破へ船出する。


ポール・ヴェレーヌの経歴・略歴

ポール・マリー・ヴェレーヌ。19世紀フランスの詩人。フランス印象派を代表する詩人。破滅的な人生を生き、540篇にも及ぶ詩を残した。貧しさの中、51歳で死去

他の記事も読んでみる

木股昌俊

工場など直接部門は、モノづくりの生産性向上、設備能力を高めることでオーバータイムを適正なものに持っていくわけですが、間接部門の生産性向上は難しい面があると感じています。昨年くらいから、プロジェクトを立ち上げ、業務の合理化、IT化をさらに進めて業務時間を適正化しようとしています。ITについては思い切った投資をし、専門家も外部から招聘して販売、開発、通常の間接業務の合理化を進めています。


冨山和彦

日本の電機メーカーでも利益を上げている部門や事業には共通点がある。部品点数が多くて、メカトロニクスで、熱力学がかかわっている。いわばアナログの世界であり、白モノ家電や、住宅設備機器などがそうだ。気象環境によって耐久性が異なるうえ、熱を加えたり水を使ったりとある種、過酷な使い方をする。メカですから、いつかは部品が磨耗し、熱変性を起こして壊れる。こうした分野では、蓄積された連続的なエンジニアリング技術の差をなかなか埋められない。ローテクっぽく見えるもののほうが、意外にテクノロジーとしてはるかに奥が深い。ですから白モノはよその国から入ってくるのが難しい市場であり、ディフェンスの障壁が作れる産業です。


武永修一

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。


大橋禅太郎

僕の場合、週に5日働くと疲れちゃいます。オフの日に、サーフィンに行ったり、家で時代劇を見たり、娘と過ごす時間はモチベーションキープに欠かせません。人は才能や機会があっても、エネルギーがなければパフォーマンスを出せません。もちろんその人によって方法は様々ですが、時間管理は何より最高のパフォーマンスを出すためのものであり、精神的コストを下げるものであるべきです。


秋山進

今いる組織での出世だけが目的なら、社内イベントに欠かさず出席して上層部に顔を売る、といった方向性の努力も必要だが、他の企業でも通用する真の実力を磨くためには、「変人」と呼ばれるのを覚悟で誘いを断り、自分の時間をしっかり確保することも大切。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

外部の人と会うときも、一生懸命相手のことを知る努力をしているよ。毎日、いろいろな分野の人と会っているけれど、相手が有名人で著書などがあれば、必ず読んでから会うようにしている。有名人じゃなければ、時間が許す限り出身地や経歴くらいは調べてから会うようにしているよね。


佐々木かをり

私は人間は成長する動物であると思っています。スポーツ選手が日々トレーニングをして自己ベストを更新するように、社会人も毎日自己ベストを更新していると考えているんです。ですから、昨日の最高と今日の最高が私の中ではっきりと違っていなくてはならないし、違って当然だと思っているんです。


魚谷雅彦

リーダーには優れた洞察力をもって、戦略を立てる能力が不可欠です。しかも、戦略を立てるだけではなく、それに基づいて意思決定を下す胆力も必要です。


菊地哲(経営者)

人類の課題を克服していくうえでITは必須です。エネルギー分野では風力や太陽光など自然エネルギーによる発電をITでコントロールするスマートコミュニティなどの取り組みが始まっています。そういった挑戦の一翼を当社も担いたい。


水越康介

最近、博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」を知る機会がありました。言葉からすると、生活者や消費者のことを考えようという外向きの発想のようにも見えます。けれども、同時に、生活者発想では、あなた自身が掘るべき井戸であり、生活者とはあなた自身にほかならないということが指摘されています。自分の内にたどることと生活者を知ることが折り重なっていることがわかります。


福田尚久

影響力の強い会社が参入すれば、業界は盛り上がる。


桑畑英紀

私の経験から言うと、いい上司は部下に対しても報連相をしています。上司の立場だからこそ得られる情報を共有したり、問題を相談し部下から上手く情報とやる気を引き出しているのです。「報連相して良かった」と感じている部下は、執拗に命令されなくても、いいことも悪いことも自分から報連相するものなのです。