ポール・ヴェレーヌの名言

ポール・ヴェレーヌのプロフィール

ポール・マリー・ヴェレーヌ。19世紀フランスの詩人。フランス印象派を代表する詩人。破滅的な人生を生き、540篇にも及ぶ詩を残した。貧しさの中、51歳で死去

ポール・ヴェレーヌの名言 一覧

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる。


生きることにも疲れ果てて死ぬのはなおさら恐ろしく、漂流する小舟さながら、波のまにまに打ち揺れて魂は船出する。悲しい難破へ船出する。


ポール・ヴェレーヌの経歴・略歴

ポール・マリー・ヴェレーヌ。19世紀フランスの詩人。フランス印象派を代表する詩人。破滅的な人生を生き、540篇にも及ぶ詩を残した。貧しさの中、51歳で死去

他の記事も読んでみる

箱田忠昭

何のためにこの勉強をしているかがちゃんとわかっている人は、どんなに仕事が忙しくても、やる気を維持させることができます。


ハワード・シュルツ

社員の信頼を勝ち取るには、次のことを実行する以外にない。誠実な態度で社員に接し、事業計画に対する理解と情熱を分かち合うことが必要なのだ。そして、最後までやり遂げ、約束したことは必ず実行しなければならない。約束が絵空事でないことを身をもって示さなければ、誰もついて来てはくれない。


富野由悠季

創作とはどんなに気をつけていても、結果としてコピーみたいな作品になってしまうことが多いのです。だからこそ、自分もそういう仕事をしないように十分注意をしているつもりです。そして、その配慮こそがぼくは説得力をつける出発点じゃないかと思うのです。


田崎正巳

30代からは「選択と集中」の時期ですね。ほかのことは捨てて、自分の強みを集中的に強化していきます。


植木宏

人間、好きな人の話は耳に入りますが、好きでない人の話はいい話でも耳に入りません。だから、意外な行動によって情に訴え、今度のやつは面白いぞと思われることに力を尽くしました。
【覚書き|キリンビールで青森県の営業担当をしていたときを振り返っての発言】


松岡修造

一般的には受験でも就職でも、良い条件の学校や会社を選ぶことに越したことはないでしょう。けれど、「自分は何をしたいのか。そのために必要な環境は何か」を考えず、「有名校だから」「大企業だから」と、聞こえのいい条件だけで選んでしまうと、後悔してしまうこともあります。


草刈貴弘

何事も慌てないことが肝心。すぐに飛び付いても事実を知らずに、ということにもなりかねないし、様子を見続けてチャンスを逃しても意味がない。慎重さと大胆さという相反する要素が求められる。


水木しげる

私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。


藤田晋

我が社もネットバブル崩壊後に、離職率がかなり高まった時期があった。そのころから「これではダメだ」と悟って社員の帰属意識を高める方針に転じた。一番効いたのは、私が発した「社員を大事にする」というメッセージだった。「有能な社員が、長期にわたって活躍できる終身雇用を目指す」ということをあえて明言したことで、社内の雰囲気はガラリと変わった。トップや経営陣がこのようなメッセージを出すと社員も、「我々も会社が好きだし、大事だ」となる。特に日本企業は、このようにして醸成される組織力に強みがあるのは間違いないだろう。


原田純子(経営者)

私はこの会社を「誰もがいつまでもあり続けて欲しい」と思っていただける会社にしたい。


澤田道隆

かつて粉末洗剤は自転車にも積めないような巨大な箱でしたが、花王が「アタック」の小型化に成功すると他社も含め1~2年ですべて小さな箱になりました。文化を変えて、輸送面でもメリットを出せました。そういうことがこれからだってやれると思います。


澁谷誠(経営者)

成果を出すことをめざしてカイゼン活動に取り組むのですが、グループカイゼン活動では、ときには目標としていた成果を出せなかったチームが最優秀賞を取ることもあります。結果は出せなかったけれどプロセスが素晴らしかったという場合です。要領のいい社員は事前に結果を予測し、それに対して肉づけを行なっていくので、予想どおりの結果が出ますが、そればっかりじゃ困りますよね。思ってもみないような結果が出て、なおかつ素晴らしい成果が上がる。こういうケースがベストなカイゼンです。


苅野進

やるべきことの一つは「例外」の把握です。「例外はないのか」と考えてみるのです。例外を考えると、「隠れた前提」の見落としがないかのチェックにもなります。


神谷正太郎

経営者には六段階の時期がある。

  1. 社長個人でお金を儲けようとする時期。
  2. 会社として利益を生み、蓄積を考える時期。
  3. 売上高や社員を含めて、会社全体を大きくしたいと願う時期。
  4. 人や組織作りに一生懸命になる時期。
  5. 業界や、世の為、人の為に尽くす時期。
  6. 死んだとき悪口をいわれないように努める時期

宋文洲

中国では有名な話ですが、ある日、なじみのラーメン屋に行くと、店主が皿を洗っている。そして、アルバイトがふんぞり返っている。「どうしたの?」と聞くと、「昨日、麻雀で負けて店を取られた」と。「でも大丈夫、今晩取り返すから」って(笑)。まさに「明日があるさ」の精神です。


ページの先頭へ