名言DB

9412 人 / 110637 名言

ポール・ヴァレリーの名言

twitter Facebook はてブ

ポール・ヴァレリーのプロフィール

アンブロワズ=ポール=トゥサン=ジュール・ヴァレリー。フランスの作家、詩人、小説家、評論家。フランスの第三共和政を代表する知性と称えられた人物。世界最古の医学部を持つフランスのモンペリエ大学法学部卒。フランスの国立高等教育機関コレージュ・ド・フランスで詩学の講義を行った。戦後フランスで初めて国葬された人物。『若きパルク』『レオナルド・ダ・ヴィンチの方法序説』

ポール・ヴァレリーの名言 一覧

人間の本能は善である。なぜなら人間は忘れっぽく、怠け者で、軽々しく信じ、浅薄であるからである。


理想とは、不満の意を表現する方法のことである。


自分の夢を書こうと欲するものは、かえって目覚めていなければならない。


世の中には創造する天才がいるように、探す天才もいる。書く天才がいるように、読む天才もいる。


狼は、草に依存する子羊に依存している。草は、狼のよって守られている。肉食動物は、草木を保護するが、草木は間接的に肉食動物を養っている。


ポール・ヴァレリーの経歴・略歴

アンブロワズ=ポール=トゥサン=ジュール・ヴァレリー。フランスの作家、詩人、小説家、評論家。フランスの第三共和政を代表する知性と称えられた人物。世界最古の医学部を持つフランスのモンペリエ大学法学部卒。フランスの国立高等教育機関コレージュ・ド・フランスで詩学の講義を行った。戦後フランスで初めて国葬された人物。『若きパルク』『レオナルド・ダ・ヴィンチの方法序説』

他の記事も読んでみる

中村俊輔

壁がある方が僕は落ち着く。むしろ課題がないまま、現状に満足して慣れてしまうほうが怖い。


高畠靖雄

私がずっとやっていきたいのは何かを創るということ。会社を創るところから始めて、ようやく形になってきたので、今後はいろんな領域で、大きな規模で何かを創っていきたい。


鎌田實

僕らは「あったかな病院を作りたい」と語り続け、日本で制度がないうちから訪問看護やデイケアを始めた。しかし、制度が整備されていませんから、看護師を送っても、病院には一銭も入らない。「健康作り運動」を続けるうち、地域の健康意識が高まり、結果的に自治体が負担する医療費は安くなった。その頃、やっと行政が動き、僕は厚生労働省に呼ばれ、デイケアの仕組みを説明し、制度化されました。


坂田浩一

私は提携相手のトップとは何度も会い、人間を知り、信頼関係を作る努力を怠りませんでした。ところが、欧米の会社は業績が落ち込むと経営トップがいとも簡単に更迭されてしまう。日本的な浪花節は通用しません。最後の最後にものをいうのは「契約」だということを思い知りました。


朝倉千恵子

「頑張っています」「一生懸命やっています」という言葉も、売れない営業マンに多い口癖です。これは保険言葉。わかりやすくいえば言い訳です。つまり、「頑張っているから、成果が出なくても認めてください」と言っているわけです。営業は成績がすべての世界。厳しいですが、保険言葉を使っているうちは成長しません。


泉谷しげる

俺らの世代はベビーブームで同世代の人数がとにかく多かったからさ、自然と競争原理が働いて、人を蹴落とさなきゃいけなかった。ニュースを見ていて、腹が立つのは俺と同じく乱世の時代を生きてきた世代がさ、家の近くに保育園ができるのに反対しているだろ。「子供の声がうるさい」とか言って。さんざん好き勝手やってきて、じじいになったら静かに暮らしたい? 何をぬかしていやがるんだって話だよ、子供はうるせぇもんだろう。ひとりぼっちで静かに暮らしたいなら、山に行けよ。子供のいない社会なんて、何の面白みもない。


宮内義彦

当社の場合、営業の成果目標を「前期並み」という設定にはしませんから、毎年数字を伸ばしていかなければなりません。ただ、過去の資産から生じる収益はカウントしないので、常に新しいことにチャレンジしないと目標のクリアは困難です。自分たちで取り得るリスクを考えながら新しい分野に挑戦する。結果として、飛び地ではなく隣地の開拓になっていくわけです。


徳重徹

4つの事態が半年の間に立て続けに襲いかかってきた悪魔のような半年間を通じて、私は、経営は頭がいいだけではなんにもならないこと、そして、たとえ論理的に考えれば不可能なことであっても、信念と気合いで突破しなくてはならないのだということを、骨身に染みて学んだ。


三木田國夫

どれだけ優秀な講師に学んでも上司が変わらなければ、会社は変わりません。


井上智治(コンサルタント)

宮城球場の全面改修にあたって、鹿島建設から面白い提案が出てきました。米国では1990年代から「ベースボールパーク」が人気になっていました。球場周辺も一体的に整備して、誰もが楽しめる空間にしたものです。子供連れの家族がリーズナブルな価格で楽しめるようにする一方で、年間契約のボックスシートやVIPルームを用意するなど、ビジネスの勘所をおさえている仕組みです。楽天としてもベースボールパークという構想を持っていましたが、鹿島の提案はそこがよく研究されていて、その案に乗ったわけです。


坂東元

動物は生態系の中で、食べる者と食べられる者が同じ空間を共有しています。それでも、お互いを排除しないんです。だから、動物園でもできるだけその姿をいろんな人に見せてあげたい。1種類だけ隔離して飼育すると、都合よく生きるんですよ(笑)。でも、他の種がいれば、動物の本能がよみがえって、生き生きした姿になっていく。人間にも当てはまることで、現代社会が「個の時代」となる中で、本能が弱り、人間はどんどん認め合えなくなっている。


マイケル・オン

私が先頭に立つ「リーダー」ではありますが、「ボス」ではない。それを理解していれば、偉そうな態度をとるのはおかしいし、部下や後輩の前でカッコをつけたり、自分を取り繕ったりするのもおかしいとわかるはずです。


仙田満

私は常に、どんな施設であっても設計によって集客力、利用率をいかに高められるかを考えます。多くの人に利用してもらうためにはどうすればいいか。決定的なものがなくても、その施設を使ってくれる人たちが満足できるポイントをいくつ用意できるか。それもできるだけたくさん。


勝間和代

ブームの後に消えていくものと定番となるものの違いは次の2つ。

  1. その成功が、環境条件がたまたま良かったというような外部要因ではなく、不断の努力といった内部要因によっている。
  2. 過去の成功体験に固執することなく、絶え間ない変革を続けている。

タッド・バッジ

たとえば友人から映画に誘われたのに、「その時間は読書の予定だから無理なんだ」と断るのは、あまりにも馬鹿げています。目標や計画は絶対的なものではなく、あくまで自分の人生を豊かにするためのものです。その目的から外れていなければ、柔軟に対応すべきでしょう。