名言DB

9419 人 / 110788 名言

ポール・ライリー(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

ポール・ライリー(経営者)のプロフィール

ポール・ライリー。「フィリップモリス ジャパン」社長。オーストラリア出身。スウィンバーン大学卒業後、フィリップモリス(豪州)に入社。フィリップモリスアジア ディレクター・セールス・ストラテジー、フィリップモリス タイ ジェネラル・マネージャー、フィリップモリス ジャパン セールス・ディレクター、フィリップモリス フォーチュン タバココーポレーション社長などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ライリー(経営者)の名言 一覧

我々は日本の社会の中で事業を展開しているわけですから、社員に対してのみならず、日本の社会に対しても責任を負っていると考えています。


20年の歳月をかけて約3000億円を投じました。アイコス(加熱式たばこ)はこれだけの長期間をかけて継続的に弊社の研究開発陣がずっと努力を続けてきました。まさに旅のようなものなのです。その行き着いた先にアイコスという製品がありました。開発にあたっては、300人を超える科学者・技術者が参加し、170以上の論文などを提出するなど、それだけの努力を重ねて商品化に辿り着きました。


ポール・ライリー(経営者)の経歴・略歴

ポール・ライリー。「フィリップモリス ジャパン」社長。オーストラリア出身。スウィンバーン大学卒業後、フィリップモリス(豪州)に入社。フィリップモリスアジア ディレクター・セールス・ストラテジー、フィリップモリス タイ ジェネラル・マネージャー、フィリップモリス ジャパン セールス・ディレクター、フィリップモリス フォーチュン タバココーポレーション社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

マーシャル・ゴールドスミス

リーダーに対する最も重要なアドバイスは、学び続け、常に自らを改善していくことです。決して足を止めてはなりません。世界は変わり続けています。いくら優秀な人でも立ち止まったら取り残されてしまいます。


蔭山洋介

南北戦争最大の激戦地ペンシルベニア州ゲティスバーグにおける戦没老記念碑の式典で行われたリンカーンのスピーチは、世界中でもっとも有名な演説のひとつであり、「短くまとめる」「キーフレーズは繰り返す」「聞き手に生きる意味と希望を与える」といったスピーチの基本原則か詰め込まれています。歴代大統領は皆、スピーチの際、これを手本にするといわれています。


大平浩二

大切なことは、間違いや失敗、ミスなどにより不祥事が起きた時に組織としてどう対処するか。通常、企業は健全に経営されており、最初から隠ぺい体質の企業というものは存在しません。どこかの時点で、健全な経営をしていた企業が不健全な経営に変わるわけですが、このきっかけをつくるのもまた人間です。人間が企業の組織文化をつくるということは、原因をつくった少数の隠ぺいがきっかけとなって、企業の組織文化が隠ぺい体質に変わってしまうこともあります。悪しき運命共同体になってしまうのです。


山口周

気になったところは転記するので、本そのものはなるべく捨てるようにしています。残すのは、あとで参照すると確信を持っているものと、事典的な使い方をするものだけ。引っ越しのときにそれ以外のものを一気に捨てたら、従来の五分の一くらいになりました。それでも困ったことはないですよ。


青田嘉光

人材育成にはそれなりに時間と労力をかけています。3年、5年、10年と時間をかけることが必要。


三宅裕司

笑いというのは時代とともに変化するものです。今のお客さんが求めているものが、素の生き様であるなら、それはそれでいいと思います。しかし、僕は自分を育んでくれた東京の笑いをやりたくて芸能界に入った以上、豊かな財産を残していきたい。先輩たちが灯してくれた火が消えてしまったら、申し訳ないと思い、「絶対になくさないぞ」という気持ちでスーパー・エキセントリック・シアターや伊東四朗一座、熱海五郎一座を続けているわけです。


山田方谷

総じて善く天下の事を制する者は、事の外に立ちて事の内に屈せず。


高岡浩三

ビジネスで勝つためには何が必要か。その答えはズバリ、「マーケティング」。厳しいビジネス環境の中で勝ち方を知り、リーダーシップを発揮するには、マーケティングをきちんと理解し、実践することが不可欠。


川鍋一朗

アプリの使い心地や、ある程度事前に運賃が分かるなど、彼ら(ウーバーなど)から学ぶべきことは学ばないといけないと思っています。


大橋未歩

先輩社員に「アナウンサーは100用意して1出す仕事」と言われましたが、まさにそうした地道な作業が求められる仕事です。でも、そうした地味な作業が実を結んで、新鮮なニュースや番組中のコメントにつながったときは、やはり嬉しいですね。