ポール・ライリー(経営者)の名言

ポール・ライリー(経営者)のプロフィール

ポール・ライリー。「フィリップモリス ジャパン」社長。オーストラリア出身。スウィンバーン大学卒業後、フィリップモリス(豪州)に入社。フィリップモリスアジア ディレクター・セールス・ストラテジー、フィリップモリス タイ ジェネラル・マネージャー、フィリップモリス ジャパン セールス・ディレクター、フィリップモリス フォーチュン タバココーポレーション社長などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ライリー(経営者)の名言 一覧

我々は日本の社会の中で事業を展開しているわけですから、社員に対してのみならず、日本の社会に対しても責任を負っていると考えています。


20年の歳月をかけて約3000億円を投じました。アイコス(加熱式たばこ)はこれだけの長期間をかけて継続的に弊社の研究開発陣がずっと努力を続けてきました。まさに旅のようなものなのです。その行き着いた先にアイコスという製品がありました。開発にあたっては、300人を超える科学者・技術者が参加し、170以上の論文などを提出するなど、それだけの努力を重ねて商品化に辿り着きました。


ポール・ライリー(経営者)の経歴・略歴

ポール・ライリー。「フィリップモリス ジャパン」社長。オーストラリア出身。スウィンバーン大学卒業後、フィリップモリス(豪州)に入社。フィリップモリスアジア ディレクター・セールス・ストラテジー、フィリップモリス タイ ジェネラル・マネージャー、フィリップモリス ジャパン セールス・ディレクター、フィリップモリス フォーチュン タバココーポレーション社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

富田直人(経営者)

常にチャレンジャーだという意識を持って、これからも会社を成長させていきたい。


宮下奈都

取材で調律師の方に何人かお話を聞いた時、みなさんすごく具体的で、地に足のついた言葉を使われることに驚きました。「感覚です」とか「センスに頼ります」みたいなことを言わないんですよね。ただ、だからといってここを何ミリずらすとか、そういう描写をしてもあまり面白くない(笑)。そこで行われていることを、小説としてどう表せばいいのか。そこが一番悩みましたし、こだわりたかったところでした。

【覚え書き|小説『羊と鋼の森』について】


小池淳義

最終的なユーザーやマーケットをよく認識する必要があります。失敗するケースで多いのは、企業の論理で考えたときです。


佐藤裕久

知識って、セミナーに行かなくても本やネットからでも得られるでしょう。その知識を超えられるものは、実験か体験しかないと思う。


浅井恵一

「意欲のある社員には自らの可能性を存分に追求してほしい」、そんな思いから「チャレンジポスト」という人事制度も導入しています。これは、新しい部署で何かを成し遂げたいという情熱のある社員の希望を汲み取り、立候補による部署異動を強力にサポートする仕組み。元の部署に速やかな人員補填などを約束することで、その社員が引き受けていた業務をスムーズに移行します。


アレックス・カー

残念ながら今の日本からは、世界中の人の心をつかむような商品やサービスが登場していない。これはビジネスパーソンの多くが、すぐに通用する仕事のスキルを身につけることばかりに熱心で、真の教養を身につける努力を怠ってきたからではないでしょうか。


キケロ

平和は静かな自由であるが、隷属はいっさいの悪のうちで最悪であり、戦いによってだけでなく、死をもって排除しなければならないものだ。奴隷制度は人間の権利の否定であり、人間価値の否定である。


大竹文雄

注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


枡野俊明

ひた向きに自分の本分を全うしていれば、その結果が人を喜ばせ、引きつける要因になる。雑念にとらわれず、ただひた向きに取り組む姿こそ、人を感動させる。


臼井由妃

相手の立場を理解しつつ断ることが大事だと思います。肝要なのは、どのような相手とのつながりを完全に遮断するような断り方をしてはいけない、ということです。


小林喜光

私は大学時代には放射線化学を研究し、この会社にも研究者として入りました。物理や化学では、どんなに複雑な現象でも、わかりやすい数式に置き換えられなければ評価されません。そのためか、私は「定量的に表現できないものは本物ではない」と考えるようになりました。複雑な事実についても、できるだけ短い言葉で表現しようと試みるのは、研究者としての癖でしょうか。


河野英太郎

メールはタイトルで用件がわかるようにすること。「ご相談」や「ご連絡」はダメです。開封する優先順位がわかりませんから。また、本文は長く書かずに、せいぜい2~3行にとどめること。結論から先に書き、そのあと、用件を簡潔に書く。メール処理で忙殺されて時間がない人は、自分や部下のメールを見直し、できるだけシンプルにするとよいでしょう。


小田豊(経営者)

卒業を控えた高校生を集めて採用活動する時、その親御さんに「おたくのお子さんは明るいですか、暗いですか」と聞くと、8~9割は「明るいです」と答えます。当然ですよね。しかし、私は性格が暗くても全く問題ないと考えています。「当社の従業員の6割は暗い」と言うと、高校生の中にはホッとした表情を見せる者もいます。逆に重視しているのはストレス耐性です。ストレスに強ければ勤勉に働いてくれます。


鍵山秀三郎

人々の荒んだ心、それが犯罪を多発させ、社会的コストを増大させていることは確かです。企業はリストラをして100億円、200億円の合理化を成し遂げたかもしれない。しかし、それはそれ以上、いやその何倍もの社会的コストを増大させているかもしれません。企業はそれを知るべきですね。社会的コストはなかなか計算ができません。それだけになかなか気がつかないのですが、社会全体のコストを下げるような生き方をしなければいけないと思います。そのためには何といっても、穏やかで優しい人間の心を育てることが一番大事だと私は思うんです。


藤原秀次郎

ユニクロさんと当社は競合ではないんですよ。単純に言うと、和食とフレンチくらい違います。だから二軒並んでいるから競合するかと言うとそんなことはなくて、もちろん、ある部分では競合するかもしれませんが、むしろ別々のメニューを提供しているということで共存共栄になるんです。


ページの先頭へ