ポール・ブシャールの名言

ポール・ブシャールのプロフィール

ポール・ブシャール。アメリカの起業家。

ポール・ブシャールの名言 一覧

小さな会社は完璧な製品の開発を目指すあまり、研究開発の罠に陥りやすい。研究開発を重んじる会社はえてして、いつまでたっても新製品が完成しないということになりがちだ。立派なアイデアを持っている会社が研究開発にのめり込んだ末に、気がつけば社会にすっかり後れを取っていたという例はたくさん見てきた。必要なのは、実際にプロジェクトを動かしてみて、そこから学びながら手直ししていくという発想だ。


ポール・ブシャールの経歴・略歴

ポール・ブシャール。アメリカの起業家。

他の記事も読んでみる

木村惠司(木村恵司)

どんな仕事も、向き合えば見えるものがある。


徳重徹

グローバルで勝ち抜くためにも、思いの強さは武器になります。私もアジア各国を飛び回って交渉をしていますが、最後の決め手となるのは「自分たちのビジネスであなたたちの国の発展に貢献したい」「日本から世界トップクラスのメガベンチャーを育てたい」といった使命感です。英語力を磨いたり、相手の文化を勉強するといった表面的な努力より、気持ちの部分が勝負を左右する。


北島康介

辛い思いをしてまで水泳を再開したくなかったんです。辛いとは練習ではなく、「北島康介はこうでなくてはいけない」というような周囲の声が耳に入ること。それだけでストレスになる。僕は僕だし、水泳が好きで始めたから、やりたいようにやりたかった。そのためには、良くても悪くても自分の結果として受け止められる、そんな人間になりたいと思っています。悪い結果を冷静に受け入れられれば、次への課題やアイデアに変えられる。その能力は競技だけでなく、人間を強くする。それだけでも、ここ(カリフォルニア)で始める価値はあると思いました。


田口佳史

「グローバル」という言葉は「グローブ(球体)」、つまり地球という言葉から来ています。東洋だけでなく西洋もあります。どちらかに偏ると、昔に逆戻りしてしまいます。ですから私は、「東洋と西洋の知の融合」が必要だと主張しているのです。


川本英利

グループの従業員は1500人、製造に関わる人を含めれば1万人。常にコミュニケーションを取らねば、トップと現場にギャップができてしまいます。


大工富明

長く活躍している芸人は他人のライブに足繁く通っては、なにがウケているか、人の心をつかむテクニックをたえず分析しています。そしてその中から見つけたエッセンスを自分なりにアレンジして、オリジナルにまで持っていく。成功する人はみんな研究熱心です。


岡田斗司夫

ビジネスマンはとくに目標達成に喜びを感じる傾向があると思いますが、記録するダイエットはまさに数字を達成する喜びそのものです。カロリー管理を実践するようになると、体重は簡単に落ちるので、それが楽しくて仕方ないんです。


大山健太郎

親や教師、さらにはAIが我々に教えてくれることは全部、過去に基づいた話なんです。それよりも、子供には今を知るためのニュースを読み、自分で考えることを促すべきです。子供の進学や就職の際に、親が自分たちの世代の価値観を押し付けて、結果的に失敗したという事例はたくさんあるでしょう。親の価値観というのは、往々にして時代錯誤なものです。親は自分の価値観に基づいて、学校や企業の良しあしを判断しがちですが、古い判断基準でこれから生まれてくる新しい価値を正しく評価できるはずはありません。特に、見栄やメンツを優先し、知名度やブランドで学校や企業を判断するようなことはあってはならないでしょう。


浜田宏一

大勢の人を率いていこうとすると対立も起きますから、ただアグレッシブにリーダーシップを発揮すればいいわけではありません。そこで外交能力も鍛えられる。


武藤潤(経営者)

輸出を拡大するためには工夫が必要です。例えば軽油を船に積んで東南アジアのターミナルに運ぶとします。大きな船に積めば積むほど運送コストは下がります。ただ大量に積んでも1つのターミナルには入りきらない。かといってあちこちのターミナルに運ぶのはナンセンスです。効率が大きく悪化しますから。そこで相手が必要とする製品とか、ターミナルにあるタンクの空き具合を考えて、軽油やジェット燃料、灯油など様々な製品を大きな船に混載して運ぶようにしました。顧客からすれば、一度に必要な製品がそろうわけですから、大変喜ばれました。こうした取り組みも競争力に直結するわけです。


夢枕獏

僕は、アントニオ猪木の、「いつでもどこでも誰とでも戦う」という台詞が好きなんです。だから、依頼のあったものは全部やった。取りかかるのを延ばした仕事はありますし、「入院したので枚数を減らしてもらえないだろうか」と頼んだこともあります。でも、原稿を落としたことも、依頼そのものを断ったことはありません。逃げないこと。嘘をつかないこと。これが仕事の基本。


藤井孝一

始業前の時間は、社内の誰よりも早く社内外の情報を入手できる貴重な時間です。誰よりも先に情報を取ることは、仕事をする上で有利です。ネガティブな情報であればなおさら事前に察知することで、上司に指示される前に対策を練っておくことができます。早朝は他部門の上司から電話がかかってくることも多く、社内外での動きを察知するのにも格好の時間です。


渡辺利夫

「しなやかな諦観」を持つことが大事。今後の悲劇に対する対策を十分にこらすと同時に、何か不可避の厄事が必ずや起こるというしなやかな諦観を持っていなければ、私どもはこの日本列島の上で人生を送ることはできないと思うんです。仮に極端な話、日本の民族の半分が消滅したとしても、残った半分はこういう悲劇にあえばこそ生命力をみなぎらせて、日本民族の血を後世に引き継いでいかなければなりません。


黒須新治郎

事業を興したんですから、全身全霊で打ち込むのは当たり前。前向きに夢を追えば気力は湧いてくる。


岡正人

お客様が何を望まれているか、どのようなニーズが高まっているのかを知るためには、報告を受けているだけでなく自分自身でお客様の声を聞くことが大切です。


ページの先頭へ