名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ビソネットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ビソネットのプロフィール

ポール・ビソネット。英会話講師。カナダ・モントリオール出身。カナダ・カールトン大学卒業、米国ニューヨーク州レンサレアー・ポリテクニック・インスティテュートでテクニカル・コミュニケーションの修士号を取得。その後来日し、大学や企業研修で英語のライティングを教えた。著書に『相手を必ず動かす英文メールの書き方(共著)』『メソッド方式 英文ビジネスライティング完全マニュアル―レター・FAX・Eメール これ1冊で楽に上手に書ける!』ほか。

ポール・ビソネットの名言 一覧

相手との「力関係」に配慮した表現をすることが、相手を動かす英文メールの重要ポイントなのです。


ある程度強く指示・命令をするときは、より強い意味の単語を選択するのではなく、できるだけ、丁寧かつやさしい表現にしたうえで、そうしてほしい「理由」を添えることで相手に適度なプレッシャーをかけることができます。日本のビジネスパーソンはこの理由を付けることを失念するか軽視することが多いように思います。丁寧さとプレッシャーを両立させる英文メールこそが人を自在に動かすのです。


ビジネス英文では、日本人が思っている以上に丁寧な表現を心がける傾向があることを知ってください。謙虚さや敬意、思いやりを込めたメールを書けるかどうかで、書き手の手腕を占うようなところがあるのです。


日本のビジネスマンが抱く悩みのひとつが、英文メールで仕事の依頼をしたのに相手が動いてくれない、下手をするとメールを無視されることさえあるということです。なぜでしょうか。原因のひとつに、メールの依頼内容が曖昧であることがあげられます。これは、起承転結という結論を最後に述べる日本語の文章スタイルをそのまま英文にも適用したことで、簡潔なメールを好むネーティブは「結局何が言いたいのか(求められているのか)わからない」と判断した可能性があります。


ポール・ビソネットの経歴・略歴

ポール・ビソネット。英会話講師。カナダ・モントリオール出身。カナダ・カールトン大学卒業、米国ニューヨーク州レンサレアー・ポリテクニック・インスティテュートでテクニカル・コミュニケーションの修士号を取得。その後来日し、大学や企業研修で英語のライティングを教えた。著書に『相手を必ず動かす英文メールの書き方(共著)』『メソッド方式 英文ビジネスライティング完全マニュアル―レター・FAX・Eメール これ1冊で楽に上手に書ける!』ほか。

他の記事も読んでみる

南場智子

さまざまな困難に逃げずに正面からしっかりと向き合っていく、乗り越えることに全力を尽くすということに意味がある。


楠木建

企業がなぜ儲かるかというと、顧客に何らかの価値を提供するからです。その本質的な顧客価値の定義を意味しているものがコンセプトです。「本当のところ、誰に何を売っているのか」という問いに答えることといってもいいでしょう。そうした外側の理屈であるコンセプトと、内側の理屈である競争優位がそろって初めて、ゴールネットを揺らすシュートが放てるのです。


広中平祐

私自身、ベテランの仲間入りをして見えなくなったものがたくさんあるでしょう。肝に銘じているのは、後輩をディスカレッジ(意欲を削ぐことを)するようなベテランにはなるまいということです。「面白いじゃないか、やってみろよ」と言えるポジティブなベテランであり続けたいと思っています。


枡野俊明

信頼関係が成立していれば、たとえ叱られても、不思議と腹が立ちません。しかし、的外れな指摘を受けると、頭にカッと血がのぼることもあるでしょう。そこで何か言い返せば、相手への批判になりかねませんから、冷静に「わかりました」と答えて、3回深く呼吸するといいでしょう。おへその75ミリほど下の臍下丹田(せいかたんでん)に呼吸を落とすと心が静まります。私の知り合いは、相手が怒ったら腹の中で「ありがとさん」と3回繰り返すそうです。頭で考えるから血がのぼるのです。腹に留めることをぜひ覚えましょう。


兼元謙任

ホームレスを体験して感じたことは、「助け合いの場を提供したい」と世界中の人たちが思わなければ、この世の中はよくならないということでした。世界を変えるには、助け合いの気持ちをお互いのコミュニケーションの中で育てていくしかありません。


林明文

大きな問題は、経営計画と人事が連動していないことです。ヒトは経営計画を達成するための優秀な部品です。経営計画が変わったらその部品も変わらないといけません。企業や事業の主力コストが人件費であるならば、「正社員と非正社員のコストをどう調整するのか」「ビジネスルを変えるなら、どのタイプの人材がどれぐらい必要になるのか」「グローバル化するにはどの程度の再教育が必要なのか」こういう意識を明確に持たない限り、これだけ激変する環境の中では経営できません。


内永ゆか子

「なぜ?」と突き詰めることは、物事の「本質」を考えることです。「本質」を明らかにする作業は、ムダな表現や感情を排除する作業です。ですから、普段から分からないことを曖昧にせず、「なぜ?」をくり返す。そうすれば相手の「なぜ?」にも明確に答えられます。


吉田浩一郎

口を出さず、社員に仕事を任せるのも大変です。私は耐えられなくなると、同じビルのスポーツクラブへ行くようにしています(笑)。


築山節

しっかりと睡眠をとるには、眠りに入りやすい脳の状態をつくることが肝心です。私がおすすめしているのは「入眠儀式」です。ベッドに入るまでの行動を毎晩繰り返せば、それが一種の自己催眠になり、眠りに入りやすくなります。


北島素幸

「ドゥ・ロアンヌ」は京橋のビジネスマンを相手にした店で、お客さんたちはたとえ接待で来ていても急いでいたから、すぐに作れて好きな人の多い牛肉のステーキランチをはじめたら当たってね。昼で1万1000円という客単価は当時の最高レベルだったから社長が喜んでくれました。


フジ子・ヘミング

それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。


小島貴子

終身雇用制が崩壊したいま、再就職先で定年まで働ける保証はどこにもない。再就職した数年後には、また別の仕事を探すというケースも十分考えられる。定年まで働けるという考えは捨て、5年ごとに最低でも3回は転職するという意識を持つようにしたい。もし45歳なら60歳まで3回転職をし、最後は65歳まで働くことになる。