名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ハドソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ハドソンのプロフィール

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ハドソンの名言 一覧

異なる経験やアイデアをもった人材同士が活発にコミュニケーションをとれば、そこから新たな革新が生まれます。多様性こそが、私たちの成長を後押しする原動力なのです。


日本だけでなく、海外でも通用する優秀な人材を育てていきたい。アストラゼネカの世界売上高に占める日本市場の割合は約10%ですが、グローバルで活躍する日本の人材も、同じくらいに増えてほしいと願っています。


成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。


ポール・ハドソンの経歴・略歴

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

神田昌典

これからの情報というのは、「時間と空間」の二軸で押さえるべき。時間というのはまさに歴史的な情報。今起きていることだけでなく、なぜそうなっているかまで歴史をさかのぼって探っていく姿勢です。そしてもう一つが空間。これは地理的な広さで、日本だけでなく全世界の情報を押さえる。


石山恒貴

2枚目の名刺(パラレルキャリア)は忙しい本業の合間にやるので、大変じゃないはずがありません。それでも続けられるのは、やりがいがあって楽しいからです。そしてそんなオフのひとときがあると、本業で嫌なことがあってもスッと軽くなれる。そして、翌日からまた仕事に前向きになれるんです。


江川達也

仕事で重要なのはスピードだけじゃないわけで、僕にはスローモーションに見える人にも、それなりの良さがあるのだから、そういう人はスピードを求められない仕事に就けばいいんじゃないでしょうか。逆に、分相応なスピードを追い求めると、事故を起こすかもしれない。自分の速度を知ることも、大切かも知れませんね。


小笠原浩

モーターと制御という中核を外れなければ、敵ではなく仲間が増える。怖いものはない。


永井浩二(経営者)

「いままでの3倍の汗をかけ」と言っています。数字のための営業ではなく、お客様のための営業をしてほしい。結果はいままでと同じで構わないが、そのために3倍の努力をしてほしい。そう指示しています。


水野和敏

モチベーションが上がらない、という人は、まずは「なんのために仕事をしているのか」を問い直してみること。会社というスケールではなく、社会のために仕事をするという原点を思い出すことが大事です。


安河内哲也

仕事を「すぐやる」人になるためにもっとも重要なのは、「費用対効果」ならぬ「時間対効果」を考えることです。つまり、短い時間でどれだけ多くのパフォーマンスをあげられるかが重要となります。そして、ひとつのタスクにかける時間を短縮するための最大のキーポイントこそが、集中力です。


城繁幸

人事部は、幹部候補に選んだ人物に対して、早い段階からハードミッションを与えます。若手のうちに厳しい仕事を課して成長を促すとともに、「生き残った者にポストを与える」という仕組みが、最も効率の良い人材選別法だと考えられているからです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

僕は相手の職業や肩書で話し方が変わるようなことはありません。年下だろうがフリーターだろうが、自分の知らないことを教えてくれる人に、最大限の敬意を払うことは当たり前のことだし、相手が誰であろうと同じ目線で話すというのは、コミュニケーションの基本だと、僕は思っています。


中西哲生

ストレスがかかる仕事は、避けるものではなく積極的に受け容れるもの。これは僕の生き方の方程式で、ラクなほうを選べば、その瞬間のストレスは少ないけれど、問題を先送りしているだけでしょう。いつかまた、同じような選択を迫られることがあります。それなら、先送りしないで受け容れたほうが、時間を無駄にせずに済む。


長田貴仁(大富敬康)

後継人事により危機を脱出しようというときには、社内外の誰もが「あの人なら」と納得するような任命を行わなくてはならない。


岡内欣也

正当性があれば、主張すべきは主張する。