名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ハドソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ハドソンのプロフィール

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ハドソンの名言 一覧

異なる経験やアイデアをもった人材同士が活発にコミュニケーションをとれば、そこから新たな革新が生まれます。多様性こそが、私たちの成長を後押しする原動力なのです。


日本だけでなく、海外でも通用する優秀な人材を育てていきたい。アストラゼネカの世界売上高に占める日本市場の割合は約10%ですが、グローバルで活躍する日本の人材も、同じくらいに増えてほしいと願っています。


成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。


ポール・ハドソンの経歴・略歴

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

信頼するに足りない上司の「発言」にはいくつかの類型がある。これらのような発言をする上司に「何でも話せ」と言われたら、慎重になったほうがいい。

  1. 「上からの指示だからやれ」というタイプ。こんな責任感が微塵も感じられない発言をするようでは、部下がやる気をだすことはありえない。
  2. 「競合他社がやっているから」というタイプ。思考放棄の最たるもので、経済か右肩上がりの時代ならともかく、その通りに進めても大抵のケースで失敗する。
  3. 「会社が危機だから、今やらないでどうする」と口癖のように言うタイプ。こういうタイプはやたら危機を振り回すだけで、本当の危機がおとずれても本人は危機意識を持たない場合が多い。
  4. 部下が何か書類を持ってきても「後で見ておくから」というノー・レスポンス・タイプ。部下としてはすぐに返事が欲しくて待っているのに何も応答しない。部下が最もストレスがたまるのは、このタイプだろう。

藤巻幸夫(藤巻幸大)

私は彼の言動を失礼だとは思わないし、彼の主張も理解できます。ただ悲しいかな、彼は周りを巻き込む力とホスピタリティが少しばかり足りないような気がします。それからTシャツも悪くはありませんが、できればパステルカラーを使うなどして、可愛さを演出すればいいと思います。そういうことを教えるブレーンがいないのかな。僕でよければ、いくらでもアドバイスしますよ(笑)。
【覚書き|オン・ザ・エッヂ(のちのライブドア)創業者の堀江貴文氏に対する印象を尋ねられての発言】


藤原和博

ひとつずつの分野では100人に1人のレベルでも、それを3つ掛け合わせれば、誰でも100万人に1人という極めて希少性の高い人材になれる。


吉川浩伸

厨房で働いている方は基本的にネパールの方で、しかもグルミという小さな村出身の方がほとんど。うちは今働いているスタッフの家族や血縁者、もしくはインドで一緒に働いていたという方しか雇わないようにしているんです。これは、国や地域、宗教の違いによる贔屓(ひいき)や差別をなくし、協調性やチームワークを重視した職場環境を作るためです。彼らの身内や知り合いには日本で働きたいという人がたくさんいるので、人不足と言われる時代にあって、コックの採用に苦労したことはありません。


スピノザ

ひとつのものが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがある。たとえば、音楽は憂鬱な人には善であるが、喪に服している人には悪であり、耳の聞こえない人にとっては善でもなく悪でもない。


佐藤祐輔(経営者)

最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。


藤本義一

ライバルがいない人生は、島影さえ見えない大海のただなかにポツンと浮かぶ舟のようなものだ。進んでいるのか、後退しているのかさえわからぬ頼りない人生。それはおそらく味気のない人生だと思う。


佐々木常夫

私は「部下力」をつけることを勧めたい。部下力とは、チームの一員として上司とうまくやっていく能力です。具体的には大きく3つあります。「上司の注文を聞く」「上司の強みを生かす」「上司によってコミュニケーションの仕方を変える」。


尾﨑正直(尾崎正直)

都会ではできるだけ官は口を出さず、いかに民の活力を引き出していくかということが大事だろうと思います。一方、田舎は民の活力を引き出していくために、官もまた頑張らないといけない。官民協働型といいますかね。


陰山英男

他人の価値観で生きるという傾向は、ビジネスの世界でも顕著になっています。マーケティングによって「世間はこういうものを望んでいる」と結論づけ、それに沿って製品開発をする。それはまさしく、他人の価値観で生きようとすることです。ソニーを始めとする日本企業が世界中を席巻していたころ、開発者たちは「自分がほしいから、こんな製品をつくろう」と考え、自分の価値観で仕事をしていました。他人の価値観に頼っているうちは、革命的な製品は生まれないでしょう。ここに日本低迷の大きな要因が潜んでいます。


村瀬治男

旧来の販売や営業という概念は、往々にして右から左へ物を移す仕事ですが、マーケティングは、その範囲にとどまらず、より多くの知恵を絞ることが求められます。ですから社員にも、「もっと知恵を出し合って考える集団になってほしい」と言っています。顧客のニーズを知るために知恵を使う。ニーズがわかったら知恵を絞って提案する。それが、キヤノン販売からキヤノンマーケティングへの変化なのです。


梅原勝彦

いまの時代、良品廉価は当たり前で、それだけではセールスポイントにはなりません。