名言DB

9490 人 / 112001 名言

ポール・ハドソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ハドソンのプロフィール

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ハドソンの名言 一覧

異なる経験やアイデアをもった人材同士が活発にコミュニケーションをとれば、そこから新たな革新が生まれます。多様性こそが、私たちの成長を後押しする原動力なのです。


日本だけでなく、海外でも通用する優秀な人材を育てていきたい。アストラゼネカの世界売上高に占める日本市場の割合は約10%ですが、グローバルで活躍する日本の人材も、同じくらいに増えてほしいと願っています。


成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。


ポール・ハドソンの経歴・略歴

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

千本倖生

そもそも人間は、慎重か、大胆かのどちらかに分かれるものです。しかし、その中でも、わずかながらその両方を併せ持った人がいる。大きな成功を収めているのは、大抵そんな人たちなのです。非常に慎重だけど、やるときは大胆に動く。ただ、そのタイミングをどう見極めればいいのか。それが非常に難しいところです。


谷井昭雄

今日まで、順調な時もあれば困難な時もありました。しかし、社会の皆様の理解と支援をいただき、歴代トップを中心に社員が結束して頑張ってきたからこそ、パナソニックの今日があります。それを支えてきたのは、創業者(松下幸之助)がつくりあげた経営理念なのだと思います。


平塚俊樹

少しでも似ていれば、商標登録されていようがいまいが喧嘩を売られるのが世界標準。海外の法廷での訴訟に加え、報道機関へのリークも含めたありとあらゆる手段で攻め立てられる。懲罰的賠償を上乗せする国もある。


寺尾玄

諦めず、人のために、本気で何かをしようとしていれば、誰かが必ず協力してくれる。というか、放っておかない。


田中栄

変化はピンチではなくチャンス。新しい環境や変化を追い風にできるよう、必要な能力を磨く努力をすれば、恐れることはありません。


樋口廣太郎

いましかできないことがあるだろう。いましかできないことは、絶対に後に残すな。


元谷外志雄

当社のコンセプトである「新都市型ホテル」は、出張が多いビジネスマンや観光客だけではなく多種多様なユーザーをターゲットにしているからこそ、100%の稼働率が達成できるのです。これは、ホテルの新しいスタンダードを実現することでもあります。ユーザーサイドのニーズに応える、本当に使い勝手の良いホテルを提供していることが成長を続けている要因です。


ゲーテ

空気と光と、そして友達の愛。これだけが残っていれば、気を落とすことはない。


出原洋三

国際化は、人材が混ざり合ってこそ本物になります。国籍ではなく、優秀であるかどうかがリーダーを選びます。大事なことは当社グループが大きく発展することです。単に日本人の情実で人事を決めて、会社全体が地盤沈下したらどうしようもありません。プロ野球やサッカーと同じです。良いメンバーを集めないで負けてしまっては話になりません。


マギー司郎

本人が「オレはダメだな」と思っているところが、時代の流れでいいところに変わることもある。自分がそうだったし、中卒で、手品がヘタでも大丈夫。


茂木健一郎

グーグルのCEOエリック・シュミットは、新規のアイデアを募るために、まずは人の意見を徹底的に聞き取るそうです。30人のアイデアを集めて、そこから取捨選択するのが、彼流の仕事術です。他者というフィルターを通過することで、隠されていた創造性の原石が発見されることは、よくあることです。


瀧本哲史

投資の可否を判断するポイントの1つは、10年後に来るようなテーマなのか。私は他人のおカネではなく自分のおカネを投じているので、リターンを生むまで待てる余裕があります。もう1つは創業者にその事業をやる理由があり、競争に勝てる理由をその人自身が持っていること。それがアンフェア・アドバンテージ(他者が容易に追随できず、競合から見るとずるいぐらいの優位性)であるほどいい。