ポール・ハドソンの名言

ポール・ハドソンのプロフィール

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

ポール・ハドソンの名言 一覧

異なる経験やアイデアをもった人材同士が活発にコミュニケーションをとれば、そこから新たな革新が生まれます。多様性こそが、私たちの成長を後押しする原動力なのです。


日本だけでなく、海外でも通用する優秀な人材を育てていきたい。アストラゼネカの世界売上高に占める日本市場の割合は約10%ですが、グローバルで活躍する日本の人材も、同じくらいに増えてほしいと願っています。


成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。


ポール・ハドソンの経歴・略歴

ポール・ハドソン。英国出身の経営者。英国大手製薬会社アストラゼネカの日本法人社長。マンチェスター大学マーケティング修士課程修了後、英国の製薬会社グラクソ・ウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)に入社。その後、複数の製薬会社勤務を経て、アストラゼネカに入社。スペイン法人社長、日本法人副社長・COO(最高執行責任者)などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

西澤ロイ

頑張らないことと同じように、結果をすぐに求めないことも英語学習では大切です。結果を求めれば、それが叶わないと苦痛を感じてしまうものです。焦って身につけようとするよりも、日常のなかで楽しみながら英語を使うのが、一番の上達法だと思います。


永守重信

5年や10年、人の倍働けば絶対に成功できるはずです。今の世の中はそういう環境になってきています。しかし、今の人たちは本当に働かないですね。一部の若い人たちは「あの人はあんなに働いていったい何が楽しいんだ」といいますからね。一生とは言いませんが、最低でも5年間は死に物狂いで働くべきです。それだけやって成功しないなんてことはない。


北尾吉孝

全体戦略と部分戦略を考える際に、1つ注意すべきことがあります。事業は、全て同時並行して攻めることです。試しにやってみたことがうまくいかなければ、違うことに挑戦するという姿勢では、会社は潰れます。全て同時並行的にやるべきです。


出雲充

私自身そうだったが、完璧な経営計画を立ててからベンチャーをやろうなんて若者はいない。


金究武正

昔は物流機能も発達していなかったから、物理的に納期に間に合わせるためには、新潟から神奈川に持ってくる時間を考慮して1日前には完成させないといけない。そこでまた技術力および中小企業の弱点である管理体制の強化が図れるんです。


マハトマ・ガンジー

努力することは人間の務めである。最善を尽くしてもがいているときに、たとえ災いに押し流されそうになっても、決してくじけてはいけない。


永守重信

貧しい農家で育っただけに、私は社員の誰よりも人の苦しみを知っています。一般の従業員がどれだけ解雇を心配しているかもよくわかります。だから、そんな恐ろしいことを私は絶対にしません。堀を埋められ城壁を壊されても、雇用だけは守り抜きます。当社にとって雇用は「天守閣」なのです。


遠藤功

「うちの会社は雰囲気が悪いから」と嘆いていないで、まず自分から大きな声で挨拶をすればいい。「うちは知名度がないから」も、口にする人が多いセリフです。10年前、私の部下たちもよく言っていました。それなら知名度を上げればいいじゃないかと呼びかけた私は、知名度を上げるために書籍を出そうと決めました。他にもセミナーを開いたり、ニュースレターを出して若い社員にも記事を書かせたり、考えつく限りのことを実践しました。


松本晃(経営者)

スイスに本社のあるネスレという会社があります。時価総額は約10兆円です。2位のペプシコの時価総額が6兆円強ですから、世界でもダントツの食品メーカーです。事業規模から言っても、ネスレとカルビーでは違い過ぎますが「それを目指すくらいの気概を持って仕事をしなさい。成長の機会はいくらでもある」と社員に言っています。


坂本孝

採用の面接でも、「あなた自身ではなく、親友のことを褒めてください」とリクエストすることがあります。親友のことをどう褒めるかを観察することで、その人自身のことがよくわかると思います。


梅原大吾

昔から「ただ勝つだけでは意味がない」と思っていました。とくにプロとなってからは「後で見て、かっこ悪いなと思う試合はしない」ことを意識しています。それが観客の沸く勝ち方につながっているのかもしれませんね。


藤井佐和子

自分から積極的にアピールしよう、などというと、「そんなことをしなくても、黙ってやるべきことをやれば評価してもらえるはず」と思う方もいらっしゃるかもしれません。「沈黙は金」という言葉があるように、そういう態度に魅力を感じる気持ちはわからないでもありません。しかし、言いたいことをいえばいい、という意味ではありません。それではたんなる愚痴や攻撃になってしまいます。言いたいことをいっても、周りから反発されず、さらには自分や相手のモチベーションも高めることができる。これこそが、目指すところです。


山田満(経営者)

大切にしているのは、真似しないこと。自分のオリジナルにこだわることが信条です。ナンバーワンであり、オンリーワンでありたい。それは簡単なことではないので、いろいろ知恵を絞って工夫する訳です。そこから素晴らしい商品や仕組みが生まれてくるのです。ライバル企業ももっと出てきたら競争して、良い商品が生まれるので歓迎です。


小林一雅(小林製薬)

発売当初のブルーレットは世の中にない商品だったため、多少不便でもお客様は満足してくれましたが、商品が日常に浸透していくにつれて、わざわざトイレのタンクを開けて薬剤を投入するという手間に不満を感じ始めた。そういった「声なき声」を拾い上げ、「ブルーレットおくだけ」を商品化したんです。


堀内伸浩

世の中にはいろいろな営業ツールがありますが、必ず受け取ってもらえて、しかも捨てられないものは、他にないでしょう。つまり、会社支給とは別に持つオリジナルのセカンド名刺は魔法の営業ツールといっても過言ではありません。


ページの先頭へ