名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)のプロフィール

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言 一覧

私にとってチップセット事業は、アイデアを広める流通網みたいなものだ。社員にもそう説明している。アイデアがあれば、それを3ヶ月で1億5千万人の暮らしに届けることができる。


確かに私は早まりすぎたことがある。その時代がいつ来るのかよくわからない。たとえば昔、カクテルパーティーの席で周りの人に、そのうち携帯電話でインターネットが使えるようになると話しても、頭がおかしいんじゃないかという目で見られたものだ。


ポール・ジェイコブス(クアルコム)の経歴・略歴

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

菅野誠二

押しつけ型の提案だと、相手は愉快ではありません。ストーリーに沿って選択肢を示し、最終決定は相手に託す。相手の心と身体を動かすには、アイデアを能動的につくり上げ、参画意識をもってもらうことが大切です。


寺尾玄

どんなに良いモノを作っても、知ってもらえなければ買ってもらえない。


眞鍋政義

代表監督に内定した2008年12月。その直後からロンドン五輪でのメダルを獲得を目標に置き、北京五輪で5位に終わった代表チームをどうつくりなおして、そこまで持っていくかを考え始めた。五輪でのメダル獲得を最終目標にして、そこから逆算する形でチームを強くするためにすべきことを考えていった。


田中伸明(医師)

硬い心より強いのは柔らかな心。その先にある、壊れるべき心がない「無我」の境地は、マインドフルネスの行きつく先。好きな仕事をしていて気がつくと何時間も経っているときがあるでしょう。それが、最も生産性の高い「無我」の状態です。


山内溥

いつまでもソフトの数がものを言う時代は続かない。数を増やすために手を広げるつもりはない。


小山龍介

たとえば旅行、友人との会話、仕事のプロジェクトなど、ここ3か月間の出来事を振り返ることで異質なものが結びついて新しいアイデアが生まれます。知識を身につける学習も大切ですが、自分の感情のおもむくままに旅行や趣味を楽しんで、後に振り返ることで得られる発見は大きいものです。


及川智正

農協を通すと、生産者には価格の決定権がなく、農作物も農協が指定したものしか作れません。さらに、形状などが農協の基準に合わないものは引き取ってもらえない。こうした既存の農協による流通とは全く正反対の仕組みを提供しています。生産者が好きなものを作り、販売するスーパーも価格も決める。農協の基準には合致せずにこれまでは捨てていたものも出荷できる。売れ残りのリスクを生産荷は持つことになりますが、農協を通すよりも収入が増えています。


栗原洋

成功するには、従来と同じことをやってはダメ。常識への挑戦という発想で開発を進めるとともに、具体的にどう若者に知らしめていくかという広告戦略を徹底的に練りました。間近に迫る70年代に求められる男性像のキーワードは「知性と野生と愛」。我々はこうイメージしました。そんな男性像に合う人物として、ハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンでした。
【覚書き|1960年代後半を振り返っての発言】


室伏広治

練習の質を上げるヒントは、自分の種目以外のスポーツや動きにもあります。短距離選手なら飛脚や動物の走り方から、水泳選手なら古式泳法から学んでもいい。「ハンマー投げの練習や動きは、ハンマー投げだけから取り入れる」といった考え方は、得られる情報を狭め、トレーニングそのものが単調になって面白くなくなる恐れがあります。


ピーター・ドラッカー

本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことである。


鈴木茂晴

副業、そして雇用の流動化。この2つに共通するのは、一見聞こえは良いが従業員に自活を迫る不完全な制度であることだ。従業員の将来不安を「副業解禁」という手段で解消させる。「雇用の流動化」とうたって働きがいのある職場を自分で探させる。いきいきと働かせることができなくなったから、後は自分で考えてくださいと言っているようなものだ。働きに応じた処遇をきちんと整備すれば、従業員のモチベーションは上がり、やりがいを持って仕事ができる。その結果、生産性も上がる。副業を始めようと考える人も出なくなるだろう。雇用維持と利益増加という2つの目標を両立させるのは企業の責任だ。経営者はこの点を心にとどめてほしい。


室伏広治

現役中は競技に専念・集中しないと成績が落ちるといったことを、本気でおっしゃる方もいますが、私はそうは思いません。私自身セカンドキャリアを見越して、現役中に大学院で学び、研究していました。「トップアスリートとしての自分」と「研究者としての自分」の2つのライフワークがあったからこそ、長く競技を続けられたとも思います。