名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)のプロフィール

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言 一覧

私にとってチップセット事業は、アイデアを広める流通網みたいなものだ。社員にもそう説明している。アイデアがあれば、それを3ヶ月で1億5千万人の暮らしに届けることができる。


確かに私は早まりすぎたことがある。その時代がいつ来るのかよくわからない。たとえば昔、カクテルパーティーの席で周りの人に、そのうち携帯電話でインターネットが使えるようになると話しても、頭がおかしいんじゃないかという目で見られたものだ。


ポール・ジェイコブス(クアルコム)の経歴・略歴

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

柏木英一

どんな便利な機能でも、気をつけなければならないのは市場投入のタイミングです。たとえば最近、いろんな銀行の口座情報をまとめて閲覧・管理できるサービスが人気です。業界ではアカウントアグリゲーションと呼ばれていますが、構想自体は10年以上前からあり、実はメガバンクも新興企業に先んじて投入していました。ところが早すぎて普及しなかった。


村上太一

長期的にはニッチでなく、やるからには世の中にしっかりと影響を与え、存在価値が提供できるような領域でもっと事業を拡大していきたい。


井上礼之

実行の徹底に不可欠な納得性を高めるには、リーダーが現場の第一線に入り込み、社員の声を聞き、侃々諤々の議論をしたうえで、意思決定をすることが重要です。当社は現場の現実を背景とした決断をリーダーに求めています。


福沢諭吉

仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。


芳賀繁

ミスをして責任を感じている相手に対して、「何でできないの?」と、さも能力が足りないことが原因のように問い詰める人もダメ。もし、相手が「自分は何をやっても失敗する」と思ってしまったら、実際にミスを繰り返すようになる。能力ではなく、努力や工夫が足りなかったからだと説明する必要がある。


落合寛司

立川南口支店長に就任したとき、相談業務を始めました。税金で困っている方やバブル崩壊の影響により経営改善で困っている方など、何かあったら言ってくださいと。専門家を紹介した経営改善を進めていった結果、1年半で預貸の合計残高を86億円にすることができました。この経験が今の「お客様支援センター」というコンサルタント業務の入口につながりました。


谷原章介

僕も歳を取り、変わっていきます。「今、この瞬間」は、一度しかない。


小飼雅道

4WS(四輪操舵)、フルタイム四駆といったホームランはあった。しかし、いずれも単発で終わってしまった。会社の中で組織の横断もなければ、次のヒットにもつながらなかった。現実として、いまはみな消えてしまっているわけで、こうした単発ではダメ。やはり、大切なのはつながりです。


広中平祐

私自身、ベテランの仲間入りをして見えなくなったものがたくさんあるでしょう。肝に銘じているのは、後輩をディスカレッジ(意欲を削ぐことを)するようなベテランにはなるまいということです。「面白いじゃないか、やってみろよ」と言えるポジティブなベテランであり続けたいと思っています。


木村宏

1999年、米たばこ大手RJRナビスコの海外たばこ部門を9400億円で買収する大型案件を決断した。その際も1から2か月ほどテンションが高い状態が続いた。2006年は英国のたばこ大手ガラハーの買収を決めた。総額は2兆2500億円以上と、RJR買収を上回る国内最大級の買収案件である。この案件では、最終交渉を始めるころから2・3か月にわたり、フル回転の状態だった。こうした長丁場の緊張状態に耐えられるのは、20代後半から30代初めにかけて火事場を経験させてもらったのが大きい。


志賀俊之

日産はダイバーシティ(多様な人が混ざり合った組織)をジェンダー(性別)から始めたわけですが、外国人や年齢、社歴など多様な人材が混ざった企業の社会を形成しています。多様な職場が変化に対応する柔軟な価値観を生み、グローバルに活躍できる人材が育ちます。


前田晃伸

帰宅時間が夜の12時とか1時になっても、起床時間は常に朝4時と決めています。つまり、朝4時に起床し、7時に出社して、始業までの2時間ほどを自分の時間にあてるのを日課としています。その時間には、頭の中を整理するとか、田舎の同窓会の会長の仕事や原稿執筆など、舞い込んでくる個人的な仕事を片っ端から整理しています。