名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・ジェイコブス(クアルコム)のプロフィール

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

ポール・ジェイコブス(クアルコム)の名言 一覧

私にとってチップセット事業は、アイデアを広める流通網みたいなものだ。社員にもそう説明している。アイデアがあれば、それを3ヶ月で1億5千万人の暮らしに届けることができる。


確かに私は早まりすぎたことがある。その時代がいつ来るのかよくわからない。たとえば昔、カクテルパーティーの席で周りの人に、そのうち携帯電話でインターネットが使えるようになると話しても、頭がおかしいんじゃないかという目で見られたものだ。


ポール・ジェイコブス(クアルコム)の経歴・略歴

ポール・ジェイコブス。アメリカの技術者、経営者。クアルコムCEO(最高経営責任者)。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学を学び、ロボット工学の博士号を取得。父がパートナーと共同創業したクアルコムにエンジニアとして入社。以後、技術畑を歩いたのち、CEOに就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

久保華図八

私は社員に「お客様が喜ぶことは何でもやれ」と言っています。お客様に喜んでもらえると、社員は感動します。そして、「もっと、喜んでもらいたい」という気持ちになる。


山崎悦次

アメリカの巨大マーケットでは、嫌がらせや脅迫もあった。しかし、こちらも負けてなるものか、といろいろやった。良くも悪くも苦労したが、ご褒美もあった。スウェーデンのストックホルムでのノーベル賞の晩さん会に招待された。一生涯忘れられないイベントになった。


山田進太郎

結局、ぱっと聞いて、誰もが何なのかわかるサービスでないと、一般の人に使ってもらえない。どんなサービスなのか、一言で言えるのがいいサービス。それはBtoBだろうがBtoCだろうが変わらない。


野原幸二

心がけてきたのは、「実践」で手を付けていこう、ということ。これが仕事をする上で大切なのではないか。


一倉定

ボロ会社ほどスローガンが多い。事業は学問でもなければ理論でもない。事業の存続を実現する戦いなのである。


中尾浩治

「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


百田尚樹

あくまで僕の経験ですが、アイデアの独自性を左右するのは、インプットの「量」だと思います。一部の天才を除けば、ほとんどの人の脳味噌はゼロから何かを思いつくほど優れてはいない。ですから何かを生み出すには、とにかく「入れる」しかないのです。


ジェイ・エイブラハム

「自分はやれる」と信じること、そして「すべての人や物事に対して好奇心を抱くこと」で、心の炎を灯し続けてきました。みなさんにも、自分で自分の限界を決めつけたり、この世界をつまらないものだと思い込むことなく、みなさん自身の無限の可能性を信じ、モチベーション高く仕事や人生に向き合っていただきたい。


渡瀬謙

実は私も小さい頃から無口で、人前でうまくしゃべれないことが大きなコンプレックスでした。しかしある時から口下手が武器となることに気づき、ついには営業の猛者がひしめくリクルートでトップセールスを記録するまでになりました。では具体的にどうしたか。ぜひオススメしたいのが、言いたいことを紙に書いて渡すこと。口でうまく説明できないから、あらかじめ紙に書いて見せてしまえというわけです。これなら言うべきことをきちんと伝えられるだけでなく、紙を見ながらの会話がベースとなり、目線を合わせる機会が大きく減るので、あがり症や人見知りでも緊張せずに話せます。


樋口博美(経営者)

一番大きな変革は、トレーサビリティを導入したことです。これはISOに準拠したもので、15分に1度、工場内の全ラインの全工程を記録しています。これにより、誰がいつどこで何をしているか、追跡が可能になったため、ミスが出てもすぐに原因を把握することができるようになりました。導入するのは大変でしたが、これによって取引先の当社への信用、信頼は格段に向上。社員にも責任感が生まれました。


菅谷太一

営業担当者にも、「当社が販売を主導する面談はしないように」と伝えています。お客様の気持ちをしっかりお聞きしたうえで、その方に不動産投資をためらう気持ちがあるとわかったら、「物件の購入はお勧めしません」とはっきりお伝えしているほどです。


堀木エリ子

20代、30代のころは私も、自分の楽しみや幸せのために仕事をしていました。でも、それをずっと続けていても、実はあまり楽しくありません。とくに40代以降は、社会にお返しするというスタンスで仕事をすると、やりがいの感じ方も結果の出方も、変わってくるのではないでしょうか。