名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・シーリィの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・シーリィのプロフィール

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

ポール・シーリィの名言 一覧

新しいアイデアを導入する人は、最初は一匹狼、異端者の扱いを受ける覚悟が必要。


現状を把握し、ほんの小さなステップを踏み出すことで、必ず何かが変わります。その小さな何かによって、物事が開けてくるのです。


まずは一歩だけと考えれば、ゆとりを持って、柔軟に問題に取りかかることができる。


中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


組織イノベーションを研究する中で、わかってきた事実があります。それは、最も成功しているマネージャーは、自分の組織のあらゆる部門に、いつでもアクセスできるというコミュニケーション力を持っている、ということです。何か問題が起こったら、デスクで「どうしよう」と悩むのではなく、すぐに外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取り、すばやく答えにたどり着くのです。


仕事の渋滞は、人から人へのコミュニケーションの際に発生していると思います。たとえば、ほんの数行で十分なのに、相手は数十ページにわたるレポートが必要だと思い込み、情報がなかなか上がってこない。そうした小さな齟齬が積み重なり、やがて大きなタイムロスにつながるのです。


エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


ポール・シーリィの経歴・略歴

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

他の記事も読んでみる

飯島彰己

変化が加速する中で、とにかく重視するのは機敏さ。社員一人一人がリーダーとして、目の前の変化に瞬時に対応できる体制をつくる。若いうちから現場に出していろいろな経験を積ませる。


江上治

自分が他に圧倒的に勝てる分野を棚卸して、さらに周りから(お客様から)どういう評価を受けてきたのかを書き出していくと、相手に与えるメリットや価値が見つかる。


宗次徳二

接客時間が短いほど、質の差は出やすいんです。来店されたときのごあいさつ、お帰りになるときのお見送りでも、その一瞬で差が付きます。長時間、滞在しないからこそ、短い時間でも気持ち良くすごしていただこう、少しでも早くカレーをお出ししよう、そういった気持ちは確実に伝わります。そこで生まれる他店との差はわずかかもしれません。しかし、わずかな差でも、それが積み重なると大きな差になっていきます。


中西宏明

赤字を出さない経営、それを5年もやると会社の中はボロボロになる。設備投資しない、技術開発しない。口では「やってます」と言っているけれど、本当はやっていない。攻めていないからです。


ケリー・マクゴニガル

費やした時間やお金に見合った対価、結果がすぐに出るとは限りません。「思うような結果が得られていない」という現状は、ゴールに近づくための途上、プロセスです。


三枝富博

総合スーパーがダメなんじゃない。「欲しいものがない」状況になっているのはなぜなのかを考えよう。


田原総一朗

人はなぜ生きるのか。10代の頃、僕は宗教に興味を持ち、道場破りのようなことをやっていました。終戦を機に価値観をガラッと変えた社会に不信感を持ち、生きる意味がわからなくなったからです。残念ながら宗教では納得のいく答えは得られませんでした。その後は哲学に傾倒。哲学書を読んでも答えはわからなかったけど、生きる意味を考える過程にこそ意味があると思うようになりました。


竹内規彦

心理学に「自己効力感」という概念がある。これは「自身の経験に裏づけられた自信感」を指す。数々の研究で、人のモチベーションを高める重要な概念であることが明らかになっている。


堀場雅夫

日本はもはや元には戻れない。新しい道を探らなければならない。


小池龍之介(小池龍照)

没頭できるものは仕事で探すのがいいでしょう。なぜなら働くことはほかの行動に比べ、社会的承認を得られやすいから。人は、誰からも承認されないことを長く続けられるほど強くはありません。自分が没頭できるような適職に出合えれば、煩悩から解放され充実感を得ることができるでしょう。


弘兼憲史

「継続は力なり」とはよく言いますが、実は継続して何かを得るという「結果」ではなく、継続する「行為」そのものに価値があると思う。


泉谷直木

上司に「何でも話せ」と言われても、人生相談も含めて何でも話してもよいというわけではない。上司によっては仕事のことに関してはよく面倒を見てくれるが「プライベートな話は関係ないよ」と突き放す人もいる。それがいいか悪いかということではなく、性格によって違うのである。大事なのは、上司がどういう気持ちで「何でも話せ」と言っているのかを推し量ることだ。実際は「何でも」ということではなく、上司によっては「面倒なことに私を巻き込まないように配慮しつつ、自分に都合のよい話やおもしろいことだけを、何でも話せ」と考えているのかもしれない。