名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・シーリィの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・シーリィのプロフィール

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

ポール・シーリィの名言 一覧

新しいアイデアを導入する人は、最初は一匹狼、異端者の扱いを受ける覚悟が必要。


現状を把握し、ほんの小さなステップを踏み出すことで、必ず何かが変わります。その小さな何かによって、物事が開けてくるのです。


まずは一歩だけと考えれば、ゆとりを持って、柔軟に問題に取りかかることができる。


中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


組織イノベーションを研究する中で、わかってきた事実があります。それは、最も成功しているマネージャーは、自分の組織のあらゆる部門に、いつでもアクセスできるというコミュニケーション力を持っている、ということです。何か問題が起こったら、デスクで「どうしよう」と悩むのではなく、すぐに外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取り、すばやく答えにたどり着くのです。


仕事の渋滞は、人から人へのコミュニケーションの際に発生していると思います。たとえば、ほんの数行で十分なのに、相手は数十ページにわたるレポートが必要だと思い込み、情報がなかなか上がってこない。そうした小さな齟齬が積み重なり、やがて大きなタイムロスにつながるのです。


エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


ポール・シーリィの経歴・略歴

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

他の記事も読んでみる

中島圭一(経営者)

休日や移動時間は、本や雑誌をよく読みます。いろいろな経営者のインタビュー記事で「これだ!」と思う文章を見つけたら、すぐに手書きでメモをとります。いつでも読み返せるように、手帳にたくさんのメモを挟んでいます。


牧野正幸

ソフトウエア産業は、欧米の方が強い。彼らと対等に戦うためには、ポテンシャルの高い人材を採用し、急成長させることが大事です。じっくり育てている間に、海外の企業との差はどんどん開いてしまいますから。


岡村隆史

この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。「今日はちょっとどえらい汗かいた」という日は、それがいい汗だったり、悪い汗だったりしても、結局、心地いい。すべり倒した時は落ち込みますけど、ピリピリした空間にいられることが幸せですから。


中根千枝

タテ社会の組織は、ジリ貧になると、行くところまでいかないと、変化を起こせない弱さがあります。しかも、同じ組織の中にどっぷり浸かってしまいますから、違う環境で自分を試してみるという体験が乏しい。


藤野清治

2代目ながら、1.5代目の気概を持ってきたことが、旺盛な事業意欲の源なのかもしれません。挑戦と試行錯誤の連続でした。


竹田和平

株が安くなるのをなぜ恐れるの? それはリスクが減ったってことだよ。


高橋がなり

僕が思い描く負け犬とは、演出家でたとえれば、「予算が少ないから」とか、「役者がバカだから」と言い逃れをしながら駄作をつくるタイプの、こだわりを持ち続けることができないで、簡単に妥協する人間のことなんだ。みなさんは「こんな負け犬演出家と似たり寄ったりの人生を送ってないよ」と言い切れる?でもね、負け犬の負け犬たるゆえんは、自分がコーベを垂れて、シッポを丸めていることに気づいていないことなんだ。


寺田航平

起業から現在まで面白かったですね。今後は、会社として新たなステージにどう乗り込んでいくかです。新たな挑戦に向かう端境期ですから、自分自身もわくわくしているところです。


永守重信

本体だけでなく、グループ会社のトップも含め、ロングタームで育成していかなければいけない。100年先まで伸びている会社をつくろうと思ったら、20年先ぐらいまでの人材が揃っていないと駄目。


楢原誠慈

前に向かう時、一番しんどいのは、うまくいくかわからない時です。しかし、今はとにかく前に進まなければいけない時。


弘兼憲史

多くの社長に会い、話を聞いてきた経験から総合的に考えると、躍進している企業の社長は、いつも次の手を考えています。現状がよくても、そこに甘んじることなく、新たな次の一手を考える。


高田明(ジャパネットたかた)

感動は、相手の立場に立ち、本気でぶつかり合う気持ちが生み出す。