ポール・シーリィの名言

ポール・シーリィのプロフィール

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

ポール・シーリィの名言 一覧

新しいアイデアを導入する人は、最初は一匹狼、異端者の扱いを受ける覚悟が必要。


現状を把握し、ほんの小さなステップを踏み出すことで、必ず何かが変わります。その小さな何かによって、物事が開けてくるのです。


まずは一歩だけと考えれば、ゆとりを持って、柔軟に問題に取りかかることができる。


中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


組織イノベーションを研究する中で、わかってきた事実があります。それは、最も成功しているマネージャーは、自分の組織のあらゆる部門に、いつでもアクセスできるというコミュニケーション力を持っている、ということです。何か問題が起こったら、デスクで「どうしよう」と悩むのではなく、すぐに外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取り、すばやく答えにたどり着くのです。


仕事の渋滞は、人から人へのコミュニケーションの際に発生していると思います。たとえば、ほんの数行で十分なのに、相手は数十ページにわたるレポートが必要だと思い込み、情報がなかなか上がってこない。そうした小さな齟齬が積み重なり、やがて大きなタイムロスにつながるのです。


エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


ポール・シーリィの経歴・略歴

ポール・R・シーリィ。加速学習の世界的権威。「米国ラーニング・ストラテジーズ社」共同設立者。ミネソタ大学理工学部卒業、セント・トーマス大学院人文学部修了、アンティオキア大学博士課程でリーダーシップと変革について学ぶ。フォトリーディングを開発。著書に『潜在能力であらゆる 問題が解決できる』『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

他の記事も読んでみる

山名昌衛

だいぶ前から複合機事業の先行きには危機感を持っていました。トナーのケミカル技術や、紙送り機構など複雑な技術のすり合わせなので参入障壁はある程度守れましたが、ハードウエアの性能競争はいずれ行き着く。新たな付加価値の競争に早く入らなければと思っていました。


大坪英夫

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


稲盛和夫

迷いが生ずる状況では、まず人間として何が正しいかという基準で臨む。とにかく不屈、不撓の精神で行く。日本経済が低迷しているから、計画を立てられないと言いわけをせずに目標をやり遂げていく。思うことが大事で、そこが出発点。


金子豊久

日本の産業界を人体にたとえると、自動車や家電などを製造し社会に送り出す産業は動脈産業といえます。私たちは社会で役目を終えた金属製品や設備を、再び産業の心臓に戻す役割を担っています。自分たちでは「静脈産業」といっていますが、動脈・静脈が揃わなければ人間は生きていけません。社会もこれと同じです。循環型社会の実現に力を注いでいくことが、私たちの使命なのです。


間寛平

人に甘えて、そのつながりだけで生きてきた人間ですから、そのつながりは大切にしないといけません。だからこそ新年のごあいさつとなる年賀状は、毎年心を込めて、全部手で書いてるんです。お世話になった人、先輩後輩、吉本の関係者や芸人仲間たち、さらに高校の先生や野球部の先輩とも、ずっと年賀状を送り合っていますよ。全部で何百枚もあるから、書くのはメチャメチャ大変ですわ。でも、僕はパソコンとか、あまり使えんしね(笑)。気の利いたことなんて書けませんけど、手書きだと、やっぱりもらったときにあったかいでしょ。もらったときも、その一言がうれしいんです。


内山幸樹

会社が世界を目指すには、私自身が世界各国の社長達と対等にやり合える器を持った人物にならなくてはならないと感じた。


柴山和久

自分が起業しているなんて今でも信じられません。その時々に一番大切だと思えることをやっていたら、気が付いたら起業していたというのが真相。


ヴェルナー・バウマン

年55億ユーロの研究開発費用のうち、多くを米国に投資することになる。医薬品や大衆薬、農業の研究開発の大部分は欧州にあるが、今後は米国を含めてバランスをとる。(買収したモンサントとの)統合を進めることで、米国の研究開発関連で何千人もの雇用を生み出すだろう。


田中達也(経営者)

企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。


山本英夫(工学博士)

私が思うのは、学生が本来備わっている可能性を引き出してあげるのが大学教育であると。もちろん、教授が教えるということはありますが、それ以上に、学生自らが力をつけるきっかけをつくってあげることです。


勝間和代

海外に出ると、相対的に日本のいいところ、悪いところもはっきりと見えてくる。そこで、「じゃあ、日本としてはなにをすべきか」と考えていく。


井上達彦

多くの実践経験を積んでいる企業は、他社の経験をあたかも自分たちの経験のように吸収し、その本質を模倣することができますが、実戦経験の乏しい企業は、他社のやっていることを見ても、どこか他人事のようにとらえてしまったり、模倣を試みても本質をつかめず猿まねで終わったりするのです。


樋口武男

一年かかっていた工期を4カ月に短縮できれば、1年で資本を3回転できるので、利益も3倍になります。あるいは、せっかくいい土地を見つけても、購入の決裁に2週間もかけていたら、他社に買われてしまいかねませんが、その場で決断すれば、そんな心配は無用。このように、会社の発展のためにも、スピードは必要不可欠なのです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

あえて全く畑違いのことを勉強してみると、少なからず新しい発見があります。例えば、顧客や営業先企業の業界知識を勉強してみると、先方のビジネス情報やニーズをつかむことができるでしょう。ふとしたときにその知識が役に立つことも多い。


小倉昌男

人から信用を得ようと思ったら、言葉だけでなく態度でも誠実さや真剣さなどを示さなければならない。企業が不祥事を起こしたとき、会社の幹部がテレビカメラの前で申し訳ありませんと謝罪しても世間が納得しないことが多いのは、その態度が心から謝っているように見えないからだろう。人々は、口先から発せられる言葉だけで物事を判断しているわけではない。


ページの先頭へ