名言DB

9425 人 / 110833 名言

ポール・サミュエルソンの名言

twitter Facebook はてブ

ポール・サミュエルソンのプロフィール

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

ポール・サミュエルソンの名言 一覧

長期志向そのものは決して悪いことではありません。短期志向の弊害が出ている米国に比べればずっとマシでしょう。ただ、長期志向のもとで一度決めたことが誤りであっても、軌道修正せずに続けてしまうことが問題なのです。


経済成長率が低くても嘆くことはありません。日本はかつての新興国ではなく成熟した国なのです。日本はあれほど長期にわたった不況を自力で抜け出した国です。そのことに胸を張って自信を再び持つことです。そうした力を持った日本の将来を私は悲観しません。


移民の受け入れについては慎重に検討すべきです。労働人口を増やすメリットが大きい半面、デメリットも少なくないからです。たとえば、東欧やロシアなどから移民が流入し続けている西欧諸国では、人種間の対立が激化し、移民による犯罪が急増しています。


かつての社員全員が正規雇用という姿に戻ることはあり得ません。働く側にとっても雇用形態が多様化すれば、その人の生き方にあった働き方を選択できるようにもなります。決して悪い話ではありません。


日本はこれまで西洋の模倣者として成功してきましたが、中国やインドなどの新興国の台頭によって模倣者であり続けることはもはやできません。では、どうすべきなのでしょうか。研究開発に注力して独創的な製品やサービスを生み出すことです。すでに日本から独創的なものは生まれ始めています。たとえば、生物学の分野でこれまで行われてきたクローニングのうち、最も重要なものは恐らく日本の科学者の手によるものだと私は見ています。


ポール・サミュエルソンの経歴・略歴

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

有本隆浩

(独立したとき)何も決めてなかったんです。とにかく何でも売れる自信がありましたからね。まず会社を立ち上げて、一人でリクルートの代理店をやりながら、新人研修・管理者研修の講師、知り合いの会社の顧問などをやりました。そういう仕事で日々のキャッシュを稼ぎながら、自分が立ち上げるべき新規事業をじっくり考えました。そんな時、「会計事務所が人材確保に苦労している」ことを知るんです。瞬時にこれはビジネスになりそうだとひらめきました。会計事務所は人材の流動性が高いのに、それを補うための採用手段は一般の求人誌や新聞くらいしかない。ごく一部の限られた人しか対象にならないのに、多額の予算を使って広く広告を出さないといけないのはとても無駄ですよね。そこで大手会計専門学校と提携し、会計事務所の人材採用の新規事業に乗り出したんです。


渋谷昌三

初対面での第一印象にこだわるあまり、無理して普段の自分を隠してしまうと、むしろあとからつらくなります。無理に自分を変えようとするより、普段の自分を活かすためにスキルを使っていくのがいいのではないでしょうか。


古田陽祐(経営者)

今や分業は必須ですが、ともすれば、これが仕事の質を落とす要因になる。大事なのは、全員が次の作業のことを考えて仕事をすること。


菰田正信

単に新しい建物を作る、あるいは無機質なコンクリートの塊のようなビルを作るということでは、まちづくりになりません。日本の長い歴史の中で、いかにこの街がこの時点でどんな意味を持つのかを考えなければならない。


岡崎慎司

ストライカーとしてしか、自分の生きる道はない。やはり僕は、ストライカーとして生きることを諦められなかった。


笹氣健治

定時に会社をあとにするとなんとなく後ろめたい。残業をすると「今日はたくさん仕事をしたな」と満足を感じる……。こんな傾向がある人は、残業というプロセス(行為)に依存してしまっている可能性があります。残業をすることで安心感や満足感を得られるために、残業すること自体が目的化しているのです。


水留浩一

今回の再上場では、時価総額が1000億円近くの規模になりましたので、他社がそう簡単に買える企業ではなくなりました。市場にしっかりと評価していただき、我々の企業価値に見合った株価を維持していくことが、一番の買収防衛策。


陰山英男

脳を高速で回すには、「簡単な問題」を「速く解く」トレーニングが最適です。子供の基礎学力向上のために勧めている手法の1つに「百ます計算」がありますが、大人がやっても効果があります。筋トレと同じく、脳のトレーニングの1つとして、導入するといいでしょう。


デーモン閣下(デーモン小暮)

(ソロ活動開始後)違和感を覚えるようになった。自分が社会に投げたボールが、ちゃんと返ってこないような感覚に見舞われるようになったんだ。その違和感の正体が当時の我輩にはわからなかった。わからないまま、そもそもデーモンとして世の中に何かを投げかける必要があるのだろうか……、と考えるところまで煮詰まった。そこで、我輩は表舞台での活動を引退しようと真剣に思った。ソロになって3年が経とうとしていた頃のことだ。実際、当時のレギュラー番組をすべて降板。コンサートツアーの千秋楽に「今日を最後のステージにするつもりであった……」のようなことも口にした。そして、我輩は本当に日本の芸能界から姿を消して、ロサンゼルスへ渡った。ADをやったり、旅行をしたり、とにかく、従来とは違う空気を思い切り吸ってみたのだ。すると、エンターテイナーとしての新たなアプローチを思いついた。金を稼がないと食っていけないし、と割り切れるようにもなった。こんなことを悪魔がいうのもなんだけどな(笑)。結果的にLAにいたのは5か月間。充電して元の場所に戻る形になった。けれども、あの5か月がなければ、いま、我輩は芸能界の表舞台にはいなかった。


張富士夫

私もそうでしたが、若い人にはまず簡単な仕事をやらせます。大切なのは結果だけを教え、手段は自分で考えさせることです。自分で工夫し、うまくいったら本人は嬉しいものです。そして、順序を踏んで難しい仕事をやらせます。こうすれば必ず人は育ちます。それには現場という訓練の場が必要です。