名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・サミュエルソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・サミュエルソンのプロフィール

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

ポール・サミュエルソンの名言 一覧

長期志向そのものは決して悪いことではありません。短期志向の弊害が出ている米国に比べればずっとマシでしょう。ただ、長期志向のもとで一度決めたことが誤りであっても、軌道修正せずに続けてしまうことが問題なのです。


経済成長率が低くても嘆くことはありません。日本はかつての新興国ではなく成熟した国なのです。日本はあれほど長期にわたった不況を自力で抜け出した国です。そのことに胸を張って自信を再び持つことです。そうした力を持った日本の将来を私は悲観しません。


移民の受け入れについては慎重に検討すべきです。労働人口を増やすメリットが大きい半面、デメリットも少なくないからです。たとえば、東欧やロシアなどから移民が流入し続けている西欧諸国では、人種間の対立が激化し、移民による犯罪が急増しています。


かつての社員全員が正規雇用という姿に戻ることはあり得ません。働く側にとっても雇用形態が多様化すれば、その人の生き方にあった働き方を選択できるようにもなります。決して悪い話ではありません。


日本はこれまで西洋の模倣者として成功してきましたが、中国やインドなどの新興国の台頭によって模倣者であり続けることはもはやできません。では、どうすべきなのでしょうか。研究開発に注力して独創的な製品やサービスを生み出すことです。すでに日本から独創的なものは生まれ始めています。たとえば、生物学の分野でこれまで行われてきたクローニングのうち、最も重要なものは恐らく日本の科学者の手によるものだと私は見ています。


ポール・サミュエルソンの経歴・略歴

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

山本梁介

仕事でスキルを磨くことが夢の実現につながると、モチベーションが上がるものです。


佐藤文昭(アナリスト)

経営リソースの非効率な分散は、設備投資や研究開発投資が中途半端になり、えてして競争力を失う。


藤田晋

目標を細分化し、スタンプラリーのようにして達成度を可視化するのもオススメ。子供の頃、早朝のラジオ体操に参加し、ハンコをもらってうれしかった記憶はありませんか? それと同じで達成度は、できるだけ見える形にした方がいい。できればそれをチームで共有するのが望ましい。目標を達成した時は、1人よりみんなで喜んだ方が数倍うれしいからです。


小室淑恵

これからのビジネスパーソンは、定時の中で成果を残すことが評価に結び付くようになります。「仕事はできないけど、その分、人の二倍の時間働いて成果を出します」という考え方が通用しなくなるわけです。


神戸蘭子

いまやれることをやるべきだと思うし、やりたい人がたくさんいる中で、モデルという仕事ができることに誇りを持っています。


羽生善治

勝負の世界では、ベストだと思う手法が通じるかどうかは、常に皆目わからないものなんです。ただ、この場面でこのやり方は通じないとか、この手はあまりよくないだろう、という当たりはつきます。経験知が活きるのは、そういう場面での対処ではないでしょうか。つまり「こうすればうまくいく」というより「これをやったらうまくいかない」ということを、いかにたくさん知っているかが大切であるような気がします。


窪田健一(経営者)

外食産業が効率化をやり過ぎると、強みが薄まり、コンビニさんに負けてしまうように思います。社内でもよく言うのですが、日本的なおもてなしには表だけでなく、裏のおもてなしがあると思っています。表というのは、お客様が家にいらっしゃった時に笑顔でお迎えし、熱々の料理をお出しし、というのがそうですね。裏というのは、お客様がいらっしゃる前に、部屋やトイレを掃除して、お茶もお菓子も良い物を用意して、というもの。この裏と表が合わさってこそおもてなしだと思うのです。しかし、効率化を考えると、裏のおもてなしを削らざるを得ない。外食産業からここの手を抜いてしまうと、コンビニさんと変わらなくなってしまいます。


黒須新治郎

夢を持って生きれば、必ず叶えられる。夢を叶えるのに年齢は関係ない。周りの状況がどうあれ、人それぞれに自分が向かういい道があるもの。


中嶌武夫

遺伝子工学者の村上和雄先生によると、人間がこの世に生まれ合わせるというのは、一億円の宝くじに百万回連続当選したようなものだそうです。人生とはそれだけ貴重なものであるということ。ならば、残された時間を大切に過ごしたい。遊びたいだけ遊び、おいしいものをたくさん食べ、面白おかしく生きるというのもひとつの考え方でありましょうが、私はそう思いません。自分の立てた目標に向かって一歩でも近づくべく精進努力することこそが、生きがいではないでしょうか。


宮沢俊哉

最近は、反論を恐れて自分の意見を言わない人が増えているようですが、自分の意見を相手にぶつけてこそ、議論や理解を深めることができるのだと思います。


南場智子

困難や失敗は当然、避けたいものです。しかし、直面してしまった場合は、次の段階へ進むためのステージだと思っています。「これを乗り越えたら皆が驚くだろうな」という感じですね。乗り越え方を見せて行く。そうでも思っていなければ経営はやっていけません。


関口康

若い世代の人にぜひ心がけてほしいのが、常に全力で仕事をする意識です。