名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポール・サミュエルソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・サミュエルソンのプロフィール

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

ポール・サミュエルソンの名言 一覧

長期志向そのものは決して悪いことではありません。短期志向の弊害が出ている米国に比べればずっとマシでしょう。ただ、長期志向のもとで一度決めたことが誤りであっても、軌道修正せずに続けてしまうことが問題なのです。


経済成長率が低くても嘆くことはありません。日本はかつての新興国ではなく成熟した国なのです。日本はあれほど長期にわたった不況を自力で抜け出した国です。そのことに胸を張って自信を再び持つことです。そうした力を持った日本の将来を私は悲観しません。


移民の受け入れについては慎重に検討すべきです。労働人口を増やすメリットが大きい半面、デメリットも少なくないからです。たとえば、東欧やロシアなどから移民が流入し続けている西欧諸国では、人種間の対立が激化し、移民による犯罪が急増しています。


かつての社員全員が正規雇用という姿に戻ることはあり得ません。働く側にとっても雇用形態が多様化すれば、その人の生き方にあった働き方を選択できるようにもなります。決して悪い話ではありません。


日本はこれまで西洋の模倣者として成功してきましたが、中国やインドなどの新興国の台頭によって模倣者であり続けることはもはやできません。では、どうすべきなのでしょうか。研究開発に注力して独創的な製品やサービスを生み出すことです。すでに日本から独創的なものは生まれ始めています。たとえば、生物学の分野でこれまで行われてきたクローニングのうち、最も重要なものは恐らく日本の科学者の手によるものだと私は見ています。


ポール・サミュエルソンの経歴・略歴

ポール・サミュエルソン。米国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。シカゴ大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学教授などを務めた。米国民主党のブレインとして活躍。新古典派総合と呼ばれる経済理論を提唱し、近代経済学の主流となった。1948年に出版した『経済学』は経済の教科書として大ロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

秋田稲美

迷っているお客様に対しては、たとえば、「なぜ時間をつくれないのですか?」ではなく、「どうしたら時間をつくれますか?」と尋ねます。語尾を「~できないのですか」と「can’t」で尋ねてしまうと、お客様はできない理由を探してしまうものです。でも、「~できますか」と「can」にして尋ねると、お客様は解決策を探そうとしてくださいます。


北島康介

誰もが応援したくなる選手ほど、大事な局面で結果を出している。様々な人の支えがあるからこそ、人は強くなれるんだと思います。そのためには、皆から愛されて尊敬される選手じゃないといけないと思う。僕が言うのはとてもおかしいんだけどね(笑)。でも、一匹狼は必ずどこかで行き詰まる。それは確信を持って言えます。だから僕はどんな時も人のせいにしたくない。「自分はこれだけ我慢してきたから結果を出せて当然」と思う人こそ、人のせいにしがちです。


松本晃(経営者)

重要なのは目標に最短で届く方法を探し続け、実行することなのです。私はデータが不要だと言っているわけではありません。科学的な経営は当然、必要だと思っています。大事なのは数字も使い方次第ということ。データの収集や分析が業績向上という企業にとって最大の目標に近づく方法になっているかを常にチェックしないといけません。


W・チャン・キム

世の中に能力が高い人はたくさんいる。それでも何もできない人が多いのは、自信が足りないのだ。


東山紀之

僕はすべての人間関係は個人対個人の関係だと思っているので、会社、仕事、家庭という一般論としてバランスを考えたことはありません。社長と僕、後輩と僕、家族と僕というように個別の関係で考えています。個々の人たちと日々どう接するかということが結果的に人間関係のバランスを保つことにつながるのだと思います。


鍵山秀三郎

ここが一番肝心なのですが、失敗を重ねたことを乗り越えた人のみが、自分の才能というものを見つけ出して、それを生かし最後の成功を手にするわけです。


辻秀一

外部の要因にとらわれないためのコツは、「緊張している」というような自分の心の状態に気づくこと。考えても仕方がないことだと分かれば、自分が今、すべきことに意識を集中するようになる。心の乱れも収まります。


団野村

いい代理人かどうかは、選手が決めることです。きれいごと抜きで、選手にとって何が一番かを考えないといけません。


布袋寅泰

目の前にいる数十人、数百人を相手に気合を入れた演奏するでしょう? 曲が進むごとに完全にアウェーのお客さんたちの顔がどんどん高揚していくのがわかるんです。スタートは様子見で静かだったお客さんが、最後には笑顔で大きな拍手を贈ってくれる。これは絶対次につながるぞ! って実感できる。そんな生々しい悔しさや喜びをバンドやスタッフたちとも分かちあい、バンに詰め込んで走りました。これを続ければ、5年後、10年後には必ず世界中に僕を待っていてくれるファンができると信じているからね。ドイツのハンブルグでやったライブハウスはビートルズが初めて演奏した場所だったんですよ。200人くらいの小さな所でね。あの偉大なビートルズもここから始まったのかと思うと、感慨深くて。俺もまた頑張らなくちゃなって。自然とそう思えましたね。


山本寛斎

人生の7割は葛藤でした。危機に直面して、どう乗り越えようかと遮二無二走ってきた。


榊巻亮

仕事で課題があったとき、「事実確認」と「原因深掘り」はひとりでもできます。しかしそれをひとりで主張しても、課題は解決しません。周囲を動かし、課題を解決するために、ぜひ会議を活用してください。


森澤篤

営業マンで、自分の担当分野以外の知識も持っているが、なぜか仕事とまったく関係のないフランスの歴史やオーディオ技術にもやたらと詳しいような「変な人」がよくいる。こういう、まったく違う複数の分野に造詣の深い人は、普通なら思い付かないもの同士を結びつけることが比較的容易にできる。