名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ポール・グレアムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・グレアムのプロフィール

ポール・グレアム。アメリカのプログラマー、エッセイスト。コーネル大学卒業、ハーバード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得。Yahoo!Storeの前身であるViawebを設立。また、起業家育成機関「Yコンビネーター」設立した。

ポール・グレアムの名言 一覧

創業者が諦めない限り、基本的に会社は潰れない。


事業の7割は、人がほしいと思うものにたどり着く前に死ぬ。


ポール・グレアムの経歴・略歴

ポール・グレアム。アメリカのプログラマー、エッセイスト。コーネル大学卒業、ハーバード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得。Yahoo!Storeの前身であるViawebを設立。また、起業家育成機関「Yコンビネーター」設立した。

他の記事も読んでみる

寺田和正

我々は、バッグで世界と戦うといっても、その背後にあるのは、100年や200年かけて培われてきた歴史や伝統、文化との戦いです。イタリアやフランスなど世界的な高級ブランドが生まれた地には、インスピレーションをかき立てるような素晴らしい絵画や建物がたくさん存在する。かたや、我々の日本は着物文化です。これではひと筋縄ではいきませんよね。一方で、ブランドビジネスというのは、確実にボーダレスの時代に突入しているのを感じます。伝統や格式でモノが売れる時代ではなく、誰がどこでつくって、誰に売るのかという「意思」が力を発揮する時代になってきています。意思に歴史は必要ありません。我々のようなブランドにとっては、大きなチャンスだと思いますね。


下村博文

真の大学経営とは、社会的なニーズに的確に対応しているかということと、そういった社会に対応できる人材を育てているかどうか。


古賀稔彦

できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。


加来耕三

西郷隆盛は男盛りの20代から30代に、2度も島流しにあっています。しかし、彼は投げやりにならず、勉強と思索に打ち込みました。結果、維新という偉業をやり遂げたのです。


スティーブン・コヴィー

収穫の法則というものがある。蒔かれたものを刈り取ることができるということであって、それ以上でも、それ以下でもない。自然の法則は不変であり、正しい原則に生活を合わせれば合わせるほど、我々の分別は高まり、世界の本当の構造を理解でき、パラダイムは正確なものになってくる。


野口健

成功したければ、努力をコツコツ積み重ねるしかない。皆さんがテレビで見る「登頂に成功して旗を広げている映像」は、山頂に滞在できるたった15分間だけの姿。それまでに長い準備、数年間の努力があるわけです。


松本晃(経営者)

100という目標を立てて、90しかできない奴は言うまでもなくダメです。じゃあ、110だったら素晴らしいのかといえば、そうではない。それは目標設定の仕方がいい加減だったか、1年先を見通す力がなかったかのいずれかであり、ビジネスマンとしては失格なんです。リーズナブルでアチーバブル(達成可能)な目標を立てたら、100~101の間にピシャリと収める。これが一番正しい仕事のやり方なのです。


長谷川健太

チームづくりにおいて最も大切な一面として、どれだけ選手と真摯に向き合えるか、という課題がある。


内藤誼人

人間の集中力は約50分で切れます。同じ姿勢で机に向かっていると血液中に疲労物質の乳酸がたまることも原因のひとつです。疲れるとやる気も失われてしまいます。


豊田章男(モリゾウ)

クルマをコモディティにしない。クルマの歴史は既に100年が経過し、大きな変革期を迎えている。我々は次の100年も、クルマは楽しい、単なる移動手段やコモディティではない。ファン・トゥ・ドライブなんだとこの先100年後もやれるように戦っていく。


榊原健太郎

大企業病の発症ポイントは、新卒の方が提案した事案を上司がリスクを恐れて批判、反対することによって起こります。せっかくの新しい考えが潰されてしまうのです。このようなことは、絶対に行ってはいけません。否定せず「その考えいいね! 俺が責任を持つから一緒に考えよう!」、部下にそう言ってくれる上司がいれば大企業病は治るのです。


ウォルト・ディズニー

私たちは前進を続け、新しい扉を開き、新たなことをなし遂げていく。なぜなら、好奇心旺盛だからだ。好奇心があればいつだって新たな道に導かれる。