ポール・グレアムの名言

ポール・グレアムのプロフィール

ポール・グレアム。アメリカのプログラマー、エッセイスト。コーネル大学卒業、ハーバード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得。Yahoo!Storeの前身であるViawebを設立。また、起業家育成機関「Yコンビネーター」設立した。

ポール・グレアムの名言 一覧

創業者が諦めない限り、基本的に会社は潰れない。


事業の7割は、人がほしいと思うものにたどり着く前に死ぬ。


ポール・グレアムの経歴・略歴

ポール・グレアム。アメリカのプログラマー、エッセイスト。コーネル大学卒業、ハーバード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得。Yahoo!Storeの前身であるViawebを設立。また、起業家育成機関「Yコンビネーター」設立した。

他の記事も読んでみる

水口和彦

メールにかかる時間は、普段はあまり意識しないかもしれませんが、積もり積もればかなり大きな時間になります。メールの使い方を見直すだけで、無駄な時間はかなり削減できるのです。


立石剛

独立というものは、結婚に例えることができます。最初は相手に何気なく興味を持つことから始まり、そこにうまくいく根拠を探し始めて、最終的に「この人となら幸せになれる」と確信できたら、自分の中でGOサインが出たということになります。


立花隆

好奇心の琴線に触れないものはより深いレベルで知りたい、調べてみようというモチベーションは湧いてきません。逆に、その対象が好奇心の最も深い部分で琴線に触れるものなら、その人は何も言われずとも自発的に行動を起こすでしょう。


名越康文

忙しい毎日の中で、新しいことに挑戦するには、煩雑な日常を受け止め、その中から無駄だと思われる時間を削り、新しいものが入る余地をつくってあげることが大切です。考えてみれば当たり前のことですが、ものごとが続かない人の多くはここでつまづいてしまうようです。


酒巻久

選択できる人をどうやって育成するか。それには経験をたくさん積ませることが大切です。座学3割、実学7割。現場でたくさんの経験を積ませると、30代くらいでよい選択力がつくようになります。


出雲充

「これは!」と思った人がいたら積極的に会いに行くこと。また、「教えてやろう」と思ってもらえないと師匠と弟子の関係は成立しませんから、「こいつは見込みがある」と相手に感じてもらわなくてはいけない。そのために、できるところまで自分で勉強している必要があるでしょう。その意味でも、メンターは自分の努力によって手に入れるものだと思います。


執行草舟

期待は人間から卑しいものを引き出します。私はロシアの小説家・ドストエフスキーの作品を死ぬほど読みましたが、彼の文学は否定の否定の否定を通り越して、その先を見ていく。すると軽い意味の希望ではなく、本当の憧れ、つまり真の生命感がつかめます。


金川千尋

常日頃から考えていたら、直感の決断は間違っていないことが多い。


荒井邦彦

なぜ起業しないかというと、失敗したときのペナルティが大きいからです。しかも、うまく行ったときのご褒美も少ない。だったらやらない方がいいとなってしまう。そこで私はベンチャーのイグジットを増やしましょうと。日本の場合、ベンチャー企業のイグジットはIPOが8割ですが、アメリカはM&Aが8割です。IPOはハードルが高いですが、M&Aであればマーケットを相手にするわけではなく、特定の1つの企業と話をしてまとめればいいので、ハードルは低い。ですから、例えば会社を興して2~3年経営し、5億円で会社が売れましたという人が続出するようになれば、皆のやる気が起きるのではないでしょうか。私たちはそういうイグジットマーケットを広げていくことが日本の経済の成長につながると思っています。


澤田道隆

当社は不器用な会社なんです。私たちは何よりもNB(ナショナルブランド)のレベルを上げていく。その中で、例えば小売りと一緒に企画をするということはあり得ます。
【覚書き|PB(プライベートブランド)をやっていない理由について聞かれたときの発言】


手倉森誠

どうせ難しい状況なら、思い切り自由にやってやろう。


加藤学(冒険家)

自分の人生が非常にイージーに感じ、簡単に成功できない場所を探した。
【覚書き|モナコに移住した理由について語った言葉】


家入レオ

新しい自分に出会うために、経験のない場所に飛び込んだおかげで、これまで発信者の意見しかなかった自分が、ガラリと変わったんです。とくに演技は、相手がいて成り立つもの。受信者という立場も考えるようになりました。そのおかげで、すべての作業がひとり相撲じゃなくなったんです。


小原泰(ロビイスト)

根回しという言葉は水面下の交渉とか裏工作というネガティブなイメージが強いのですが、元来は園芸用語です。樹木を移植する際に、数カ月から数年に亘って広がった根を根元を中心に残して切り、新しい根の成長を促すことで活着しやすいようにする。それが「物事を行う際に、事前に関係者から了解を得ておく」という意味に転じたのは割合最近のことだそうです。


大泉洋

ローカル番組では「何が起きるかわからなくても、とりあえずやってみよう」という、東京のモノづくりではあり得ないつくり方ができるんです。東京では予算も大きいですし、確実に視聴率を取らなきゃいけないというつらさがあって、それだけに台本がしっかりあるんです。「こうなってこうなるから、面白い」というところが最後まで見えていないと企画が成立しない。北海道だとそこまで予算がないし、スタッフも少ないから、僕ら出演者にかかっている部分が大きい。そのぶん、やりがいがあるんです。


ページの先頭へ