ポール・キャンドランドの名言

ポール・キャンドランドのプロフィール

ポール・キャンドランド。米国人経営者。ウォルト・ディズニー・ジャパン社長。米国ワシントンD.C.出身。米国ブリガム・ヤング大学卒業後、ペンシルバニア州立大学大学院でMBAを取得。日本ペプシコーラ・カンパニーに入社し、沖縄ペプシコーラ社社長、日本ペプシコーラ社社長などを務めたのち、ウォルト・ディズニー・ジャパンに移り、総支配人、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパンのマネージングディレクターなどを経てウォルト・ディズニー・ジャパン社長に就任。

ポール・キャンドランドの名言 一覧

ディズニーのブランド定義は「エンターテインメント・ウィズ・ハート」です。ディズニーストアも単なる小売業ではなく、エモーショナルなビジネスです。


大人戦略のきっかけは、2000年代初頭。僕は当時ストア部門の統括をしており、若い女性をターゲットにしたら売上が2割以上伸びました。実際にゲスト(お客様)の喜ぶ顔を見て、体験していることが大きいのです。


「日本の女性はなぜディズニーが好きなのか」といつも聞かれます。僕はハートが若いからだと思います。そのうえ、どんな世代でもディズニーとの思い出を持っている。


米国本社も、ディズニー・ジャパンの大人戦略を理解してくれています。今後は欧州や中国でも高齢化が進みます。その点で日本は先端事例であり、日本で試すことがディズニー全体の参考になるからです。


ポール・キャンドランドの経歴・略歴

ポール・キャンドランド。米国人経営者。ウォルト・ディズニー・ジャパン社長。米国ワシントンD.C.出身。米国ブリガム・ヤング大学卒業後、ペンシルバニア州立大学大学院でMBAを取得。日本ペプシコーラ・カンパニーに入社し、沖縄ペプシコーラ社社長、日本ペプシコーラ社社長などを務めたのち、ウォルト・ディズニー・ジャパンに移り、総支配人、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパンのマネージングディレクターなどを経てウォルト・ディズニー・ジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

富野由悠季

僕がこの職業を選んだきっかけというのは、まず就職難の時代であったと同時に、僕にロクな会社で勤められるほどの才能がなかったということ。さらにテレビアニメを制作しているプロダクションの入社試験が、たまたま僕が卒業する年にだけあって、その試験にたまたま受かっただけのことなんです。基本的に時の運、巡り合わせなんです。


高島宏平(髙島宏平)

すべてを完璧に実行するのではなく、多少間違っていてもいいから、最終的に目的を達成すればいい。そういう考えが大切。


松下幸之助

松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める。


星野佳路

私の習慣は何だろうと改めて考えてみると、何かを「する」のではなく、「しない」ことを決めることかもしれません。たとえば、ゴルフをしない、会食しない、時計を持たない、スーツを着ない、社用車に乗らない社長室がない……。自分がやっていることのひとつひとつについて、本当に大切なのか、意味があるのかを考えて、やらなくてもいいことはやめるようにしています。


原田泳幸

「いいものを作れ」と当たり前の言葉で言っても、それほど強く響きません。ところが、これを「いいものを作ろうと思うな、とんでもなくいいものを作ることを考えろ」という言葉に換えると、途端にイノベーションのスイッチが入る。朝礼などで社員に直接語りかける際、私が多少乱暴な言葉を使うのも、そのためです。


新田祥子

あがり症で悩んでいる人の多くは、とてもまじめです。「上手くしゃべらなくてはならない」と厳しくチェックするあまり、「上手くしゃべれない自分」に苛立ちを覚え、最終的にはしゃべることが怖くなってしまいます。しゃべりは下手でもいいんです。人はペラペラと小器用に話す人間よりも、朴訥でも一生懸命に話す人間の話を聞きたいものです。自分らしいリズムと発声で話すことができれば、それは理想の話し方なのです。


田中靖浩

撤退などの重大な問題を数字だけに頼って下すのは危険です。現状ではなく、将来を見る。これが事業撤退決断のキモです。数字は将来を予測するひとつの判断材料だが、すべてではありません。それを補うのが経営判断です。


丹下大

ソフトウェアテストに関しては誰もやりたがらないので、サービスを施す会社がない。そこを私たちが気合を入れてやっているということが、伸びている理由だと思っています。


澤田秀雄

ラグーナ蒲郡の再建は、HISの中部営業本部長が手を挙げたので、彼が社長になってやっています。若手が育ったほうがいいですから。


岡田祥吾

僕たちがやろうとしているのは、既存のサービスと競合するんじゃなくて、今あるサービスをいかに使うかを教えることなんですね。例えばオンライン英会話に登録してもらって、それをどううまく活用するか我々が教えるということも実際にします。なので既存のサービスは僕らからするとパートナーみたいなものですね。彼らが英語を教える一方で、僕らは英語をどうやって勉強するのかを教えています。


佐々木茂喜

会議にノートは欠かせません。出席者の話を聞きながらペンを走らせて、自分の頭の中を整理するにはノートが最適です。出席者の意見から大事なキーワードを抜き出してまとめ、見返して頭の中で関連づけて整理します。


米倉誠一郎

創業者の言葉は大切。「創業者だったらどうするか」と考えることで答えが見つかることも多い。


ウォルト・ディズニー

訴えたいなら訴えてください。特定の株主のためではなく、会社全体の利益のために、私たちはやる必要があると判断したことをやっているのです。<br>【覚書き:ディズニー社の株価が低迷した時、一部の株主が訴訟をちらつかせ、株価対策に新しい事業計画を発表しろと迫った時に語った言葉】


楠木建

いわゆるグローバル人材がいないからグローバル化が進まないのではなくて、単に経営人材がいないだけ。その希少性が、グローバル化という言葉で浮き彫りにされているわけです。


浅田すぐる

時間をかけて資料を作ったのに、「つまり、何?」のひと言で片づけられ、やり直しを余儀なくされたことはないでしょうか。その原因のほとんどは「情報の詰め込みすぎ」。時間をかけて情報を詰め込めば詰め込むほど、論点がぼやけてしまうのです。


ページの先頭へ