名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポーウェン・リーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポーウェン・リーのプロフィール

ポーウェン・リー。日本在住の中国人不動産投資家。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家華僑に連なる人物。歌舞伎町のビル王と呼ばれた父を持つ。東京で約140のテナントを所有している。また、児童養護施設に寄付するなど、慈善事業を活発に行っている人物。

ポーウェン・リーの名言 一覧

生き金、何か意味があることに金を費やせば、まわりまわってまた戻ってくるはずです。
【覚書き|ビジネス上は無駄な経費を一切使わないが、冠婚葬祭や祝儀に気前よくお金を出すことについて尋ねられたときの返答】


自分で稼いだ金は残ります。ちょっと前のIT長者のように、人のふんどしで相撲を取るような奴らに金は残りません。


客家(はっか。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家民族のこと)は商売の世界で、手元でソロバンをはじきながら、頭の後ろにもうひとつソロバンを持っているといわれます。目の前にいる商売相手が何を考えているか常に観察しているからです。


3日休んだらおかしくなる。
【覚書き|莫大な資産を持っていても毎日のように働くのはなぜかと聞かれての発言】


私は個人名義の資産をほとんど持ってないんです。金をたくさん持ちすぎると、病気になるからね。
【覚書き|リー氏は個人資産のほとんどを法人名義で所有している】


ポーウェン・リーの経歴・略歴

ポーウェン・リー。日本在住の中国人不動産投資家。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家華僑に連なる人物。歌舞伎町のビル王と呼ばれた父を持つ。東京で約140のテナントを所有している。また、児童養護施設に寄付するなど、慈善事業を活発に行っている人物。

他の記事も読んでみる

那須翔

もはや戦後ではないといったあたりから、日本人はこれでいいんだと思い始め、思い込んでしまったのです。戦後何十年間でできつつあった日本型システムのようなものを、これでいいんだと思いすぎた結果、我々は本当の意味での多様性をなくし、どんどん画一的になっていったんです。政治システムのなかでの政党の役割、経済システムにおける企業の役割、官の役割、民の役割、そういったものが次第に固まっていきました。


森下一喜

深く悩めば悩むほど、事態が好転するなら良いのですが、そうとは限りません。むしろ、あまりに考え込むと、結果が出るのが怖くなって身動きが取れなくなり、かえって事態を悪化させることが多いと思うのです。それなら、下手に悩むより、今できるすべてのことを全力で取り組むことを考えたほうがいい。


樋口武男

私は講演するときに「偉い人なんていない。立派な人になってください」と話します。なぜなら、偉い人は肩書がついたからといって、自分がえらいとは思わないからです。


佐々木常夫

自分は何者であるのか。どんな生き方や働き方をしたいのか。その軸がブレることなく、明確であるからこそ、みんなが勇気と希望をもらえるのです。志がない人間には、誰もついてきてはくれません。あなたがまずやるべきは、そうした志が自分の中にちゃんとあるかを問いかけ、明らかにすることです。


澤田道隆

今後、大きく飛躍していくために、経営判断のスピードアップを図るのと、変化に向かって果敢にチャレンジするということで、若手を登用して経営執行体制を刷新しました。
【覚書き|経営陣の大幅刷新をした理由についての発言】


マティアス・クラウディウス

ある人間を判断するには、その人の言葉によるよりは、むしろ行動によって判断するようにしたほうがよい。なぜなら、行動はよくないのに言葉は素晴らしい人間が多くいるからだ。


妹尾大

いまのようなモノ余りの時代には、ただ効率を追求するだけでなく、ほかにはない新しいモノを創り出す必要がある。


茂木友三郎

海外進出時に店頭のデモンストレーション(試食)でしょうゆの味がわかっても、どのような料理に使えばよいのかを伝えるには不十分です。使い方の幅が広がらなければ、売り上げも拡大しません。そこで米国進出時、「しょうゆのレシピ開発をしよう」と、サンフランシスコにある販売会社の中にテストキッチンをつくり、ホームエコノミストの女性を雇って、彼女達にレシピ開発をさせました。ホームエコノミストによって肉料理、魚料理、サラダドレッシング、スープ、その他数限りないほどのレシピが開発されました。


アルフレッド・アドラー

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。


ムーギー・キム(金武貴)

部下から「あの人、また何か言っているよ。ついていけないんだよな」などと言われないために大切なのは、リーダーがやりたいと思っていることを、「これは自分がやりたいことなんだ」と部下自身に思わせるように、部下を巻き込んでいくことです。「こういうことを実現したいんだけど、あなたならどんなふうにやる?」といった問いかけをし、部下自身に考えさせるように仕向けていくのです。部下は上司から命令されれば従いますが、イヤイヤやっているうちは成果は上がりません。でも主体的に考えたことについては積極的に取り組みますし、簡単には諦めません。


三品和広

リスクを冷静に計りながら、思い切ってリスクを取る経営ができなければ、強さを再び手にすることも難しい。


藤田晋

新しい流れや動きに対して、「時代遅れの解釈」や「勝手な思い込み」を当てはめて否定的に捉えてしまう人がよくいます。そういう人は、まずは自分の常識を疑ってかかり、「今、何が起きているのか」を客観的に捉えるようにするといい。