名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ポーウェン・リーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポーウェン・リーのプロフィール

ポーウェン・リー。日本在住の中国人不動産投資家。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家華僑に連なる人物。歌舞伎町のビル王と呼ばれた父を持つ。東京で約140のテナントを所有している。また、児童養護施設に寄付するなど、慈善事業を活発に行っている人物。

ポーウェン・リーの名言 一覧

生き金、何か意味があることに金を費やせば、まわりまわってまた戻ってくるはずです。
【覚書き|ビジネス上は無駄な経費を一切使わないが、冠婚葬祭や祝儀に気前よくお金を出すことについて尋ねられたときの返答】


自分で稼いだ金は残ります。ちょっと前のIT長者のように、人のふんどしで相撲を取るような奴らに金は残りません。


客家(はっか。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家民族のこと)は商売の世界で、手元でソロバンをはじきながら、頭の後ろにもうひとつソロバンを持っているといわれます。目の前にいる商売相手が何を考えているか常に観察しているからです。


3日休んだらおかしくなる。
【覚書き|莫大な資産を持っていても毎日のように働くのはなぜかと聞かれての発言】


私は個人名義の資産をほとんど持ってないんです。金をたくさん持ちすぎると、病気になるからね。
【覚書き|リー氏は個人資産のほとんどを法人名義で所有している】


ポーウェン・リーの経歴・略歴

ポーウェン・リー。日本在住の中国人不動産投資家。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家華僑に連なる人物。歌舞伎町のビル王と呼ばれた父を持つ。東京で約140のテナントを所有している。また、児童養護施設に寄付するなど、慈善事業を活発に行っている人物。

他の記事も読んでみる

土井英司

良書に出合うためには、ちょっとしたコツがあるのです。まずは「プロフィール」。専門分野や職務経歴をチェックすることで、この本の内容は読むに値するものかどうかを判断することができます。もう一つは、「本と著者との利害関係」です。著者にとって、出版するメリットがそれほどなさそうな本ほど、本音で書かれていることが多い。逆に、売名行為もしくは自分の仕事の宣伝効果を狙った本は、疑ってかかったほうがいいでしょう。


上田研二

東京器工は中高年社員が多く、定年後も彼らの豊富な経験を生かせる場がないか考えるようになったのです。また、東京ガスの先輩方が老後の居場所を見失っているということを知り、人材を活用できる会社をつくりたいと決意しました。


美崎栄一郎

整理が苦手な人は、生活する上で整理の優先順位が低く、面倒な作業はやりたくないタイプが多い。であれば、朝の歯磨きのように習慣化すればいい。朝のルーティンに片付けを組み込み、10分以内に終わらせると時間を決めれば始めやすく、仕事モードに切り替わるスイッチにもなる。


野村克也

夢や目標というのは、貧乏だったり、ハングリーな人の方が持ちやすい。そういう意味では、俺たちと違い、いまのような豊かな時代に育った世代は、目標設定することが難しいのかもしれないな。


樋口武男

まずは経営者が社員をやる気にさせることができるかどうか。不要な業務や派閥、不公平な人事といった障害となるものを撤廃し、存分に能力を発揮できる環境をつくれば、大企業病はおのずと克服できるはず。


吉田晴乃

心得ておくべきことは、とにかく悪口であれ、批判であれ、絶対利用してやろう、全部肥やしにしてやろうという姿勢を持つこと。


茂木健一郎

僕はアインシュタインが大好きなんですが、彼は5歳過ぎまでほとんど喋れなかったそうですね。学校生活にもなじめず、大人になっても奇行が多かった。現代なら完全に困った奴ですが、でも実はそんな面があったからこそ、強烈な創造性を発揮できたのではとも思うんです。


赤塚保正

味が良くても、従業員の笑顔やおもてなしの心が無いと、お客様には喜んでいただけません。


堤智章

経営で一番大切にしているのは社員です。事業を成功させたい時、良い人が集まれば80%は達成でき、社員全員がやる気を出せば業績は300%変わると思っています。


正垣泰彦

おいしい料理を作れば売れるという思い込みは捨てるべき。おいしいかどうかを判断するのはお客。お客が常に正しい。


手倉森誠

日本サッカーを強くするために必要なのは自分たちは弱小国なんだという意識です。海外でプレーする選手が増え、ワールドカップも五大会連続出場したけど、日本が強豪国かといえば、決してそうではない。「俺たちは強いんだ」と思った時点で間違えると思うんですよ。日頃から高いレベルで戦っている海外組の選手には、すごく謙虚な選手が多いですよ。


芳地一也

会議には主宰する立場と参加する立場がある。ビジネスで成果を上げるという目的に向かって、双方が役割を果たすのが、会議のあるべき姿だ。