名言DB

9412 人 / 110637 名言

ボリス・ベッカーの名言

twitter Facebook はてブ

ボリス・ベッカーのプロフィール

ボリス・ベッカー。ドイツのプロテニスプレイヤー。ウィンブルドン選手権で大会史上最年少17歳7ヶ月で初優勝。強烈なサーブを武器とし、4大大会で通算6勝を上げた。テニス界の歴史的プレーヤーの一人。

ボリス・ベッカーの名言 一覧

私は勝つことが大好きだが、負けることも受け止めることができる。ただ何よりも好きなのはプレーすることなんだ。


ボリス・ベッカーの経歴・略歴

ボリス・ベッカー。ドイツのプロテニスプレイヤー。ウィンブルドン選手権で大会史上最年少17歳7ヶ月で初優勝。強烈なサーブを武器とし、4大大会で通算6勝を上げた。テニス界の歴史的プレーヤーの一人。

他の記事も読んでみる

八木啓太

最初は自宅の一室を組み立て工場にし、部品を発注して部屋に集め、注文が入るごとに私が組み立て出荷していました。


原田泳幸

不採算店舗というものは、時機を逸すると永遠に負の資産のままです。でも、タイミングよく閉めると、成長のための投資になる。お金をどう節約するかを工夫するより、成長のためにどうお金を使うかを考えたいというのが僕のスタンスです。433店舗の閉鎖は、まさに成長のためのお金の使い方のひとつだと思っています。


大久保真一

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。


川田達男

太平洋戦争と同じで、大本営と現場にギャップがあることが失敗の本質。つまり現場の問題とは99%管理者の責任なんです。


松本大

話し手は、相手に合わせて話をしなければなりません。そのためには、よく観察することです。たとえば、何かを説明するとしましょう。そのとき、相手がよく知っている部分を丁寧に説明しても、退屈するだけで、興味を失ってしまいます。また、まったく知らないことを延々と話しても、興味を持ちにくいでしょう。イライラしてしまうかもしれません。観察をしながら話して、興味がなさそうに見えたら、そのときに話している部分は早く切り上げるべきです。相手に合わせて、話し方を軌道修正していくのです。


北野武(ビートたけし)

いまの社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言いすぎる。若い人には、それが強迫観念になっている。何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに。天国や地獄が本当にあるのかも、神様がいるのかいないのかも、誰も証明したことがないわけだ。そういう曖昧な状態なのに、生きる意味を探せなんてことを言われたら誰だって迷うに決まっている。


北尾吉孝

「自分ならどうするか?」をつねに思い続けることが大切です。たとえばテレビドラマを観ているとき、自分が登場人物なら、今、どう行動するか? また、上司の営業に同行したら、「自分ならどう話すか」と、上司の術を盗みつつ、つねに自分に置き換えて考えることを習慣づける。さまざまな局面で、「自分なら」を思うことが、考える練習になるのです。


伊東明(心理学者)

まったく関係のない思考で頭を埋めてしまう方法もあります。引っ越しをするならどこにするか、100万円あったら何に使うかなど、楽しい思考で埋めてしまえばネガティブな思考を排除することができます。


松山大耕

うまくいかないことが続くようなら、「そういうときでなければできないことをするチャンスだ」と考えてみてはいかがでしょう。たとえばもし、仕事のキャンセルが続くようなら、仕事が忙しいときにはできない体のメンテナンスを念入りにしてみるとか、そういうことです。


小林りん

これまで、リーダーには問題解決能力が必要だとされてきました。しかし、未来のリーダーはそれだけでは不十分。社会が抱えている課題そのものを自ら見いだし、周囲を巻き込んで新たな事業やプロジェクトを起こしていく力。ゼロからイチを生み出す能力こそが、まず求められる。


安永竜夫

私が最近心配しているのは、昨今、当社が手掛ける個々の案件の規模が大きくなってきているということです。どういうことかというと、昔は30代くらいでいっぱしのプロジェクトマネージャーを名乗っていて、私も30代の頃は若い部下を何人か引き連れて交渉団の団長としてビジネスを切り盛りしていました。ところが、最近では案件の規模が大きくなり、プロジェクトマネージャーが課長になり、部長になり、下手をすると本部長が出ていかないといけなくなる。そうすると若い人たちは必然的に断片的な仕事しか担当できなくなるわけです。商社にとって投資は物流と並んで、若い人たちを鍛える場ですが、エクスポージャーが巨大な仕事を若い人にむやみに任せるわけにもいかない。そういう意味でも、非資源分野の案件は資源分野よりも規模感が小さいので、若い人にチャレンジできる素地があります。若い人が失敗を恐れずにチャレンジする風土をつくっていく必要がある。


森岡毅

マーケティング思考は、あらゆる仕事における業務効率と成功の確率を劇的に上げる。


ビル・トッテン

実践しなければ、学んだことは生かされません。


田中通泰

日本にはロングセラーのブランドがあります。今年、「亀田の柿の種」が50」周年、「ハッピーターン」も40周年を迎えます。そういう商品がいまだに生き残っていることはありがたいことですが、逆に言えばそれだけ他の商品が育っていないということでもある。我々にとっては最大の弱みだとも言えるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

今後、日本の人口が減っていき、市場がどんどん縮小すると言われますが、提案の仕方次第で、商品を2倍3倍と売り伸ばすことはいくらでも可能だと思います。これからは海外進出だ、という企業は多いですが、私はまだ、日本でやりたいことがいっぱいあります。