ボリス・ベッカーの名言

ボリス・ベッカーのプロフィール

ボリス・ベッカー。ドイツのプロテニスプレイヤー。ウィンブルドン選手権で大会史上最年少17歳7ヶ月で初優勝。強烈なサーブを武器とし、4大大会で通算6勝を上げた。テニス界の歴史的プレーヤーの一人。

ボリス・ベッカーの名言 一覧

私は勝つことが大好きだが、負けることも受け止めることができる。ただ何よりも好きなのはプレーすることなんだ。


ボリス・ベッカーの経歴・略歴

ボリス・ベッカー。ドイツのプロテニスプレイヤー。ウィンブルドン選手権で大会史上最年少17歳7ヶ月で初優勝。強烈なサーブを武器とし、4大大会で通算6勝を上げた。テニス界の歴史的プレーヤーの一人。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

良い時代が長く続くはずがない。


イチロー(鈴木一朗)

結果が良かったからといって、自分にとっていい内容だとは限らないし、結果が悪く出ても、すべてが良くないとも思わない。


田中栄

今後は従来のビジネスモデルが成り立たなくなり、変化に対応できない人はピンチに陥るでしょう。


田所史之

歴史的な背景や文化の異なる国に同じものを持っていくことはできないと思っています。これは何も、ラーメンに限ったことではありません。例えばお寿司も、アメリカでは海苔巻はシャリと海苔を逆に巻いたカリフォルニアロールがありますし、ブラジルの回転寿司ではイチゴを乗せた握りが回っています。「こうでなければならない」というこだわりも大切ですが、海外で成功するためにはその土地に合わせたカスタマイズも必要だと思います。


稲葉善治

必要であれば、社外の技術も躊躇なく取り入れる。何でも自前、というのは得策ではありませんし、意味がない。


岩渕拓也

バイオベンチャーである以上、技術的な面での優位点は当然持っていると自負しています。ただし、そのシード(技術の種)以上に、「シードを組み合わせることによって、リクエストに応えていく」のが最も得意なことです。


土田晃之

本当のマニアから見れば「うっすい話をしてるな」というレベル。実際、アニメおたくに思われたりするんですけど、最近のアニメは一切知らないんですよ。じつは家にガンダムのプラモデルもないですし。だから、ガンプラ売り場のロケに行っても、知らないモデルがたくさんあります。でも、知っているゾーンを中心に「見てください。このシリーズ。あの名機です」と一点集中でマニアックな話をする。すると、スタッフは「土田さん、さすが。全部知ってるんですね」と驚いてくれる。僕らの仕事は、内容をおもしろおかしく伝え、番組を盛り上げること。だから、いくら知識があってもしゃべりができないとダメ。土台があってのプラスアルファだから武器になるわけです。


小林一行(ダイエット)

やせたことで体調が良くなり、仕事がはかどるようになっただけでなく、何よりも大きかったのが、自分に自信がついたということ。周囲の視線が気にならないようになり、仕事や人間関係もうまくいくようになったのです。


オグ・マンディーノ

1974年、ハンク・アーロンがベーブ・ルースのホームラン記録に近づいたある朝、私はアトランタブレーブスの広報課に電話しました。「ハンクのホームランが710本で、あと5本でベーブルースの記録を破ることは知っています。ところで、ハンクの三振はいままで何回ですか?」電話に出た青年は言った「1262回です」不世出のホームラン王でさえホームランを一本飛ばすために、倍近く三振を出さねばならないのです。


大島康朋

「仕事が先。カネは後。口は最後」を座右の銘にしています。いま、お客様との信頼関係を築くにも、この順位が変わることはありません。


ジェローム・K・ジェローム

自惚れは、人間が着用しうる最高の装甲である。


羽田圭介

人生って、劇的な決断で変わるんじゃなく、ほんの小さな選択をどちらにするかによって、大きく変わることもある。


イゲット千恵子

アメリカのいいところは、「社会にいいものなら応援してもらえる」ということです。しかも女性やマイノリティーが優遇されているため、日本よりも女性が起業しやすいと思います。20年前の日本でネイルサロンを開業した時は、私ではマンションの一室が借りられず、父親の名前を借りて契約しました。でもアメリカでは、事業内容さえ良ければ女性だからといって断られることなんかありません。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

未来を思い煩うな。必要あらば、現在役立ちうる知性の剣にて十分未来に立ち向かわん。


坂根正弘

コマツの「ビジネスリーダー選抜育成制度」で特徴的なのが、「サクセションプラン(後継者育成プラン)」である。これは各役員や主要部署の部長、工場長、海外現地法人および国内子会社のトップ、全社横断プロジェクトの責任者などが、「自分の次は誰、次の次は誰」という後継者候補のリストを提出し、社長と意見交換する仕組みだ。「自分の次」の後継者は誰かを指名する、というのはよくあるケースだが、「次の次」までをリスト化しているのが、当社のサクセションプランのポイントである。とくに「次の次」の後継者になると、同一の社員の名前が挙がってくることが少なくない。また、後継者候補の指名に部門の縛りはいっさいないから、「自分の部署に候補はいないが、あの部門のあの人が向いている」というように、皆に注目されているのは誰かということも分かる。


ページの先頭へ