名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ボブ・ロスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボブ・ロスのプロフィール

ボブ・ロス。アメリカの画家。フロリダ州出身。アメリカ空軍に20年在籍。その後、テレビ番組「ボブの絵画教室」に出演し油絵を教えた。同番組は10年近く続き、絵画番組としては異例の長寿番組になった。

ボブ・ロスの名言 一覧

君にもできる。秘密なんてどこにもない。必要なのは、心の中に夢を持っておくことだけだ。


最近、ショッピングモールで絵を描く機会があってね。ある男性にこう声をかけられたんだ。「ボブ、僕は今までに絵を描いたことがないんだ。なんでかっていうと僕は色覚異常だからさ、全部灰色に見えるんだ」って。だから今日は、灰色を使って絵を描いてみたいと思う。絵は誰にでも描ける。あなたにそれを見せてあげたい。


ボブ・ロスの経歴・略歴

ボブ・ロス。アメリカの画家。フロリダ州出身。アメリカ空軍に20年在籍。その後、テレビ番組「ボブの絵画教室」に出演し油絵を教えた。同番組は10年近く続き、絵画番組としては異例の長寿番組になった。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「自立」のためには、「自律」が必要であり、自分が失敗しがちなことや、苦手なことを克服したいとき、また逆に何かをやりきらなくてはいけないというときに、自分なりのルールをつくることができる人こそが、自立した人なのだと言えるでしょう。


ニーチェ

この人生を簡単に、そして安楽に過ごしていきたいというのか。だったら、常に群れてやまない人々の中に混じるがいい。そして、いつも群衆と一緒につるんで、ついには自分というものを忘れ去って生きていくがいい。


福田秀人

上司が言ったことに対して、違った意見を言う場合は、「そうですね。でも……」という、肯定から入る「YES→BUT」話法を、身につけましょう。


森川亮

今は大企業的なやり方そのものが時代に合っていないと思う。サッカーの試合で、自分の前にいい球が来たとき、監督に指示を求めるわけにいきません。チャンスではその場で瞬時に判断することが必要で、そこでシュートを打てる人をどう育て、あるいは連れて来るのか。この辺にかかっていると思います。


横川竟

ジョナサンはハンバーグの牛肉や、豚肉にも抗生物質やホルモン剤を使っていないんです。当然、食材の仕入れ値は高くならざるを得ない。野菜なら他より10%は値が張る材料を使っています。株主から見れば、短期的にはあまりいい会社ではなかったんでしょう。


三木谷浩史

大事なのは現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけないと僕は思う。


塚越寛

会社のイメージを良くすることでファンを作るのも大切です。社員が毎朝30分かけて会社の敷地内を掃除するのも、お客様に安心感をもたらし、ファンになっていただくための手段です。単に利益を上げるということではなく、あるべき姿や目的をしっかりと共有することで、全社員が一枚岩になります。そのためには社員同士のコミュニケーションを良くすることも必要です。


アルバート・アインシュタイン

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。


竹田陽一

本当に価値が高い仕事は外観で判断したものとはまったく逆になるケースもしばしばあります。一見すると労せずして儲かりそうに見える仕事は実は儲からず、一般的に面倒で儲かりそうにないやり方が本当は儲けが多くなるというようなものです。これは戦略実力の低い人では容易に判断が付きません。


津谷祐司

細かいセグメント分けはモバイルと相性がいいという利点もあります。モバイルは自分だけが使うプライベートなメディアです。パソコンと違い他人が使う危険性がないから、部屋に1人でベッドに横になりつつ、誰にも相談できない悩みの答えをモバイルで探すことができる。悩みは年代によって大きく異なるので、セグメント分けされたサイトでないと答えが見つかりません。自然に、きちんとセグメント分けされたサイトに人は集まります。モバイルコンテンツは悩み解消のためにあるというのが、当社の考えです。


オグ・マンディーノ

あなたが望むとおりに創り出せるものとして手元にあるのは、「今」というこの時間だけなのだ。明日への心配が今日という日に影を落とすのを許してはならない。起こりもしないうちから、悪しきことを予期することほど馬鹿げたことはない。決して起こらないかもしれないことを思い煩って瞬時を無駄にしてはならない。


小暮真久

いま僕はイタリアに拠点を作り、TABLE FOR TWOの活動をヨーロッパに広げようと頑張っています。日本での成功をそのまま持って行くことはできないので、ゼロベースから試行錯誤しています。いわば2回目の創業で、大変なことも多いですが、だからこそワクワクもしています。