ボブ・ロスの名言

ボブ・ロスのプロフィール

ボブ・ロス。アメリカの画家。フロリダ州出身。アメリカ空軍に20年在籍。その後、テレビ番組「ボブの絵画教室」に出演し油絵を教えた。同番組は10年近く続き、絵画番組としては異例の長寿番組になった。

ボブ・ロスの名言 一覧

君にもできる。秘密なんてどこにもない。必要なのは、心の中に夢を持っておくことだけだ。


最近、ショッピングモールで絵を描く機会があってね。ある男性にこう声をかけられたんだ。「ボブ、僕は今までに絵を描いたことがないんだ。なんでかっていうと僕は色覚異常だからさ、全部灰色に見えるんだ」って。だから今日は、灰色を使って絵を描いてみたいと思う。絵は誰にでも描ける。あなたにそれを見せてあげたい。


ボブ・ロスの経歴・略歴

ボブ・ロス。アメリカの画家。フロリダ州出身。アメリカ空軍に20年在籍。その後、テレビ番組「ボブの絵画教室」に出演し油絵を教えた。同番組は10年近く続き、絵画番組としては異例の長寿番組になった。

他の記事も読んでみる

藤田和日郎

中途半端は許されない。全力でやらないと。


秋山利輝

よく、「どうしたらうまく人を育てられますか」というご質問を受けます。皆さん、自分には人を育てるノウハウがないとおっしゃるんですが、自分はどうやって今の立場になったのかを振り返ってみればいいと思うんです。若いころ、口うるさい上司からぼろくそに言われ、こんちくしょうという思いで発奮し鍛えられた経験があるはずです。同じことを下の人にやってあげればいいんです。


川北博

77歳のいままで走り続けてきたのですが、まったく後悔していません。本格的に自分自身の時間を持つのは80歳になってからにしようと思っています。「斃れて後已む」ということになるかもしれませんが、それはそれでいいのではないかと思っています。
【覚書き|斃れて後已む(たおれてのちやむ)=死ぬまで懸命に努力し続けるという意味】


唐池恒二

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。


植木理恵

ツールが少ないほど聞き手は集中して話を聞くようになります。講演会では資料映像を使わずマイク一本で話をした方が、「いい話を聞いた」という感覚が強くなります。パワーポイントを使わない勇気も、時には必要です。


峰岸真澄

分社化について、世界で通用するサービスモデルにするために、各事業単位で責任を持ってもらうことが目的です。現状のカンパニー制でも実現しようと思えばできますし、もしかしたら分社化によるマイナス面もあるかもしれませんが、サービスをもっと磨き込むには最もふさわしいガバナンスの方法だと考え、決断しました。


川淵三郎

世の中は変化しているのに、同じ勉強の仕方や考え方ではいけません。将来の変化を予測し、新しいものの考え方を柔軟に理解し、自分の考え方を持てるように、大学で鍛えられなければいけません。


藤沢晃治

交渉は「虫の目」ではなく「烏の目」で行いましょう。「虫の目」での交渉は得てして感情的になりがち。継続的な関係で取引するなら「烏の目」で、ときにはあえて損をしても次の取引でそれを埋め合わせるとか、「損して得取る」という交渉が可能になります。


小林栄三

私の場合、まずは「言いたいことを言ってみろ」と言うように心がけてきました。立場が上になると10のうち8、9を自分でしゃべっている人もいますが、会社組織において上司がやるといえば、部下は最終的にはついてこなければなりません。プロセスの最初の段階では、部下からいろいろな意見を言ってもらうのが正解でしょう。自分が言いたいことや思っていることを言う前に、極力、相手の話を聞く努力をする。


山本憲明

緊急の仕事がないときは、あらかじめ順番を決めることはせず、取りかかりやすい仕事から、どんどんこなしていきました。気が進まない仕事から進めても、うまく進まないことが多かったからです。そのときの気分に応じて、手のつけやすい仕事から進めていくほうが、結局は仕事が速く進むものです。


柳内光子

中小企業のオーナー社長が生きていくためには、地場産業が活性化し、地域密着型のビジネスを展開していくしかありません。ですから、浦安の商工組合も含めて浦安商工会議所としてはどんなことでも困ったことがあれば相談に来て欲しいという姿勢を心がけているのです。


山下泰裕

私の生き方そのものは、今も現役当時も変わりません。常に理想を掲げる。過去を振り返らず、未来を見つめて、今をひたむきに生きる。


鈴木茂晴

「社員はもっと働きたがっています」と言われることもある。私はいつも「どうかもっと働いてくれ。ただし、時間内に」と答えている。始業のベルが鳴ってから本気で仕事し続けたら、夜遅くまでもつはずがない。フラフラになるまで働くのは昼だけで十分。


安田弘

日本人のみならず、外国人に親しい友達ができるということは、それだけ視野も広がるだろうし、いろいろな知識も入ってくる。


大野直竹

信頼の先に自然と結果はついてくる。


ページの先頭へ