名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ボブ・パーソンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボブ・パーソンズのプロフィール

ボブ・パーソンズ。アメリカの経営者。世界最大のインターネットドメイン登録会社「GoDaddy」、ゴルフブランド「PXG」創業者。メリーランド州出身。GoDaddyを創業し億万長者になる。その後、世界最高のゴルフクラブをつくりたいという思いからPXGを設立。

ボブ・パーソンズの名言 一覧

ビジネスで成功するためには、お客様をハッピーにする前に、社員がハッピーにならないといけない。


昨日のことを思い出して後悔したり、翌日のことを考えて心配したりしても、いい結果にはつながらない。今、楽しく仕事ができているということにフォーカスすることが重要。


私がビジネスのときに心がけているのは、利益を求めないこと。ビジネスにおける自分の目標は、お客様にとって自分が最高のパフォーマンスをすること。それが唯一の仕事。


社員が会社に対して情熱を持ち、会社の商品に対して情熱を持ち、その気持ちを商品に乗せることによって、それがお客様にも伝わる。


私はベトナム(戦争)で、「少なくともその日だけは生き残れるようにしよう」と毎日を過ごしていました。ビジネスが破綻するかもしれないと考えたとき、ベトナム時代のことを教訓にしました。「最悪なのはお金を失うことではない」と。


当時、周囲からは「そんなクラブは絶対に作れないよ」「クレイジーだよ」と言われました。でも、クレイジーというのは、時にはいいことだと思います。ビジネスで成功している人の中には、クレイジーな人がかなりいます。


かなり厳しいマーケットではありますが、そこで生き残るためには最高のゴルフクラブを出すというのが、一番の答えだと思います。また、ゴルフ人口は減少していますが、富裕層に関しては変わっていません。そして我々の商品は確かに少し高級品ではありますけど、お金を払える高級品だと信じています。


ゴルフというのは非常に面白いスポーツで、同じ人と何回かプレーをするうちに、その人の一番良いところや、時には一番悪いところも見えてきます。それによって、信頼関係や友情関係を築くことができるのです。


私の父親が家具販売で最も得意としていた商品が、マットレスでした。お客様は少しでも安いマットレスを買おうとするのですが、結果的には最高ランクを売ることができました。なぜかというと、購入する際に何を目的にして、どういったことに投資をするべきかをしっかり伝えると、最高ランクの品を買っていただけることが多かったのです。PXGのゴルフクラブも同じです。ゴルフは長期的にプレーされる方が多いので、いろんなクラブを試していくうちに、PXGのクラブの本当の価値をご理解いただけると思います。


ボブ・パーソンズの経歴・略歴

ボブ・パーソンズ。アメリカの経営者。世界最大のインターネットドメイン登録会社「GoDaddy」、ゴルフブランド「PXG」創業者。メリーランド州出身。GoDaddyを創業し億万長者になる。その後、世界最高のゴルフクラブをつくりたいという思いからPXGを設立。

他の記事も読んでみる

玉塚元一

私の場合、最初から自分に強みがあったわけではありません。新卒で入社した旭硝子では、化学品工場に配属されました。会議中、優秀な同期が先輩社員に向かって物怖じせずに発言する一方で、私は一言も話せませんでした。何しろ学生時代はラグビー一色でしたので、化学の知識はほとんどありませんでした。それで逆にスイッチが入りました。わからないこと、納得のいかないことがあるなら工場の技術者を質問攻めにして教えを請いました。貪欲に知識を吸収していった結果、2年後には優秀な同期に「玉塚君の吸収力とバイタリティには負けたよ」と言われるまでになっていました。


小嶋淳司

目の前で起きている潮流が、自分自身の商売に当てはまることか否か、(自社の)状況やスケールに応じて本質を誤りなく見抜くことが大切。


瀧本哲史

新しいことに挑戦するために仲間を集めるときは、それまでの尺度で能力を測っても意味がない。新しいことをやるのにどういう能力が必要かなんて誰にも分かりません。人の見抜き方があるなんて幻想で、初めはやらせてみるしかないんです。


熊谷徹(ジャーナリスト)

日本人は、ドイツ人に比べて報告・連絡・相談に時間をかけすぎる。また情報共有のためのメールや、CCの人数もドイツに比べると多い。メールの数を思い切って減らすべきだ。メールを送ることが本当に必要かどうか、もう一度考えよう。また、ドイツでは、社内の打ち合わせの時間はどんなに長くても1時間。それ以上の会議は、非効率と見なされる。「日本とドイツでは文化が違う」と諦めずに、各人が身の回りでできることを実行するのが、労働時間を減らすための第一歩である。


緒方健介

上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


小林弘幸

毎年、「今年はこの手帳をこう使おう」とルールを決めていますが、毎年失敗していますよ。1年間、すべてのページに関して継続できてはいません。忙しいときには適当なところにメモしてしまったりもします。きっと皆さんもやってしまっているでしょう(笑)。書き方のルールは、9割の完成度では失敗するのです。10割までルールを作り上げることを目指して、毎年、改善を繰り返しています。


村口和孝

地球上で満たされていない未来の潜在的な需要は、無限にある。一方で技術のイノベーションなどによって、安いコストで供給できる可能性のある商品やサービスが多く眠っている。制度が障害になって実現できないでいることもある。起業家の手で、未実現の需要と未実現の供給を、新しい商品サービスで、満たすのだ。


岡本和久

誰もがリターンをコントロールしようとするが、それは不可能。投信選びの際には、A(アロケーション=資産配分)、R(リスク)、C(コスト)の3つを意識すればいい。


畑村洋太郎

事故や災害は進行の速度が早い。その場で考えて対処しようと思っても間に合わない。だから何かが起こる前にあらゆる事態を想定して考え尽くすことが大事になる。


木村秋則

社会に役に立つ一生を送ろうと思って欲しい。みんなが仕事を通して社会に役立つことをしようと考えたら、もっと住みよい、争いもいさかいもない社会になるんじゃないでしょうか。


野島廣司

トップとなった私が常に考えてきたのは、日本的経営の実践。命令と支配で社員を動かすのでなく、個人の自主性を尊重する組織運営です。


フレデリック・アミエル

暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。