名言DB

9419 人 / 110788 名言

ボビー・バレンタインの名言

twitter Facebook はてブ

ボビー・バレンタインのプロフィール

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

ボビー・バレンタインの名言 一覧

私自身、常に成長し、前進しようとしてきました。「20年前の私」と「いまの私」とはまったく違う監督だといってもいいでしょう。


人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。


プレッシャーに負けてしまうのは、最後に起こるだろうことを考えるからです。そうではなく、いま行っていることに集中するのです。そうすれば、きっと楽しくなります。


たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。


会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。


プレッシャーを感じるときは、楽しいときでもあるのです。なぜなら、そこにはたいてい何らかの競争があり、何かを達成する強い気持ちを感じることができるからです。


仕事を楽しむことを身につけることは、とても大切です。それを身につけると、自らの潜在能力を最大限に引き出せるようになるからです。私は、「どうすれば、選手がより楽しくプレーできる環境をつくれるか」を常に考えています。


私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


リーダー的な地位に就いたときには、実際に模範や例を示すことによって部下を導くことを学ぶべきだと思います。


ボビー・バレンタインの経歴・略歴

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

他の記事も読んでみる

堀場雅夫

私は「ライオンと細い道」の小話をよく紹介します。細い道で10人がライオンに追いかけられ、3人が食べられてしまう。残った7人はそれでも逃げ出すだろうか。いえ、力を合わせて反撃に転じるでしょう。日本では革命は起きなくても、中国に経済成長で追い上げられて危機感が深まれば、そのくらいのバネは働きますよ。


高島郁夫

大塚家具の社長との出会いも、ある営業マンから紹介されたのがきっかけでした。当時、大塚家具は「プライスを崩す取引先」として有名だったのです。僕はそれに納得がいかなかったので、「メーカーを育てようという姿勢を持ってほしい」と社長に直訴したんですが、一所懸命訴えているうちに、感極まって涙ぐんでしまいました。そうしたら、冷たい人という定評だった社長が、値引きをやめてくれた上に、その後もずいぶん懇意にしてくれたんです。


堀口智顕

その時は不幸と思ったことが幸いに転じることもある。たとえば、ある時、9000万円の手数料を半額の4500万円にまで下げざるを得なかったケースがあります。しかも無利息の48回払い。それは手痛いことのはずでしたが、バブル崩壊後、毎月きちんと決まったお金が入ってくる。これは大きかったですよ。そんなふうに不幸が幸いになることもあるのです。でも、それも前向きな心のおかげかもしれませんね。


西川政一

企業の全責任はあくまでも社長の双肩にあり、社長が思い切って手腕を発揮できるように、会長や相談役は意見を具申しても絶対に命令すべきではない。【覚書き:会長に就任した時の発言。どのような会長を目指すか表明した言葉であり会長観でもある】


塚田健雄

2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


澤田秀雄

予想外のことが起こると、プレッシャーは高まります。でも悔やんでいてもしょうがないのです。失敗の裏には必ず対策と答えがあります。


石川康晴

僕たちは岡山市や岡山県と直接ジョイントし、自治体と我々とが所有する資産の力で、人の流れを増やし、地方創生を試みようとしています。今回の取り組みは、社員教育の格好の場になることにも気づきました。僕たちの取り組みを簡単に言うと「地域貢献」。社員たちがボランティアとして参加できれば、地方創生の最新ビジネスを、肌で感じられる。「岡山の発展に貢献している企業の社員」という自覚に加えて、クリエーティブな刺激、地域経済というミクロの視点、さらに新しいビジネスのヒントも得られる。


織田大蔵

事業家というものは、大局をよく見て、先を見る目を養うことが肝要だ。それに人間だから間違うときもある。君子は豹変するという言葉がある。間違ったとわかったら、すぐ改めることだ。そのときは見栄も外聞も捨てて改めることだ。小人はここのところがわからない。


山崎敦彦

創業時は醤油や味噌の「ろ布」製造からスタートし、自動車関連フィルタの下請けへと移行したのです。しかし、請負業務の中では、自社の開発力を生かした製品づくりができず、事業を拡大することが見込めないため、建機用フィルタに業務を集約したのです。建機用フィルタは限られたマーケットですが、日本でトップシェアを取れば、グローバルトップも見えてくると考えるようになったのです。そこでシェア拡大を図るため、より一層の品質向上に取り組みました。


田村哲夫

米国の大学が世界で圧倒的な存在感を誇る背景には第1次大戦以降、世界が右往左往している時に大学制度の抜本改革に着手したことが大きい。これにより米国は先輩格の欧州を含め、世界がうらやむ今の体制を作り上げました。