名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ボビー・バレンタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボビー・バレンタインのプロフィール

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

ボビー・バレンタインの名言 一覧

私自身、常に成長し、前進しようとしてきました。「20年前の私」と「いまの私」とはまったく違う監督だといってもいいでしょう。


人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。


プレッシャーに負けてしまうのは、最後に起こるだろうことを考えるからです。そうではなく、いま行っていることに集中するのです。そうすれば、きっと楽しくなります。


たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。


会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。


プレッシャーを感じるときは、楽しいときでもあるのです。なぜなら、そこにはたいてい何らかの競争があり、何かを達成する強い気持ちを感じることができるからです。


仕事を楽しむことを身につけることは、とても大切です。それを身につけると、自らの潜在能力を最大限に引き出せるようになるからです。私は、「どうすれば、選手がより楽しくプレーできる環境をつくれるか」を常に考えています。


私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


リーダー的な地位に就いたときには、実際に模範や例を示すことによって部下を導くことを学ぶべきだと思います。


ボビー・バレンタインの経歴・略歴

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

自分が出した数字がどのデータに基づいているかを説明するのはもちろん、相手が出してきた数字についても「それは主観か?それとも事実か?」を必ず確認してください。根拠を示さないまま「絶対に500件はいけると思う」などと主張する人が良くいますが、それが単なる思い込みなら、建設的な議論は成立しません。「500件は無理でしょ」「いや、大丈夫だって」といった水掛け論が延々と続くだけです。


樫尾和雄

新製品をそのまま置いておいては、長続きはしません。必ずそこには新たな技術が必要になる。


下村朱美

最近、若い人が会社を辞めるときによく使う言葉が「先が見えない」ということです。入社してまだ1年でも「先が見えない」と言うのです。勤続年数ごとに資格取得モデルを明確に提示し、5年目ぐらいまでは非常に細かくきっちり将来像を見せていきます。そうすると、社員は「このレールに乗っていけばこうなるんだ」と安心して、目標に向かって努力していけます。


武野龍

創業会長から教えていただく過去のたくさんの失敗事例が、本当に良い教材になっています。同じ轍を踏むことなく、業務を推進できることは非常に大きなことです。


大友啓史

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、人間は時に、想像を超える行動を取るんです。世の中、こんなにうまく話が進むはずがないと思い返して、脚本を書き直すこともしばしばあります。


松田公太

タリーズ1号店を作るために、生まれてはじめて7000万円もの大金を借りた。私は借用書に印鑑を捺す前に、自宅近くのコンビニをまわった。そしてアルバイトの募集状況と自給を調べ、1日15時間働けば、30年程度で借金を返済できることを確認した。別に失敗したからといって、命まで取られるわけではない。あとは自分の力を信じて、挑戦し、最後まで諦めないことだ。


宮本彰

市場調査などしている暇はない。真っ先に製品化して市場をつくり、独占する。これが私どもの戦略。


出口治明

時々「日本の大学生は勉強しない」「英語が話せない」と嘆く経営者の方とお会いすることがあります。この解決策は経団連の会長が「優が8割、TOEFL100点以上の学生しか、就職活動で面談しない」と言い切ればいい。教育の現場がどうであれ、学生は将来を考え、勉強を始めます。つまり、怠け者である僕たちには、怠けないための仕組みが必要だということです。


冨安徳久

想いを持って事業を展開しない限りお客様の心は動かせず、一時は良くても最終的には数字も達成できない。


高橋滋

スペシャル(個別客への特別な対応)の積み重ねが、ある日スタンダードになる。それがレストランやホテルをスキルアップしていく。スペシャルのできないところに進化はないんです。今日はそのお客様にスペシャルのサービスをすると、その方は絶対に嬉しいんです。喜ばれるわけです。すると、それを見たスタッフは「こんなことでこんなに喜んでいただけるんだから、今日来るお客様にあと三組くらいサービスできないかな」というようになっていく。その繰り返しなんです。


ひろゆき(西村博之)

需要と供給のバランスがわりと重視される世界なので、そこさえ押さえておけば、この先どういった方向に行くかは結構読めると思うんですよ。


中村義一

小さい頃の私は、父の職場だった東京天文台で生活をしていたようなものでした。のちのちの望遠鏡や顕微鏡を開発するきっかけは、その時期に遊んでいて気づいたことが多いんだ。かつてドイツの名品と言われた望遠鏡には、古くてネジがガタガタでも、プレない工夫が凝らされていた。それを、いまの手術顕微鏡で「顕微鏡を動かしても、もとの患部に焦点を合わせられる」という工夫に活かしたんです。患部で焦点をロックさせ、そこから円運動で顕微鏡を移動できるようにしたら、ライカに「いままでどうしても解決できなかったことなんだ」と驚かれた。過去の工夫の中に、宝はゴロゴロ隠れていたんだよね。