名言DB

9419 人 / 110788 名言

ボビー・バレンタインの名言

twitter Facebook はてブ

ボビー・バレンタインのプロフィール

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

ボビー・バレンタインの名言 一覧

私自身、常に成長し、前進しようとしてきました。「20年前の私」と「いまの私」とはまったく違う監督だといってもいいでしょう。


人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。


プレッシャーに負けてしまうのは、最後に起こるだろうことを考えるからです。そうではなく、いま行っていることに集中するのです。そうすれば、きっと楽しくなります。


たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。


会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。


プレッシャーを感じるときは、楽しいときでもあるのです。なぜなら、そこにはたいてい何らかの競争があり、何かを達成する強い気持ちを感じることができるからです。


仕事を楽しむことを身につけることは、とても大切です。それを身につけると、自らの潜在能力を最大限に引き出せるようになるからです。私は、「どうすれば、選手がより楽しくプレーできる環境をつくれるか」を常に考えています。


私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


リーダー的な地位に就いたときには、実際に模範や例を示すことによって部下を導くことを学ぶべきだと思います。


ボビー・バレンタインの経歴・略歴

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

他の記事も読んでみる

谷原誠

着目すべきなのは、他業界での成功事例です。たとえばコンビニ、ホテル、企業でいえばアマゾンなど。成功している彼らには、何らかの成功の要因があるはずです。それを考えて、自分の業界に取り込めないかどうかを探ってみることです。


松坂大輔

三球三振で27人のバッターをうちとるのが究極の理想のピッチングです。


内藤誼人

逃げたい状態になったときは、体を活性化しておく必要があるので、体温が上がります。水道の水を出しっぱなしにして手の平を冷やすだけでも、気分が落ち着きますよ。


百田尚樹

放送作家時代、フリーランスの立場ですから、いつまでも仕事があるとはかぎりません。人が思いつかないアイデアを出して、「あいつでないとダメだ」といわれるものを生み出さなければ、生き残れないと思いました。


沢村一樹

ようやく決心がついたのは、モデル一本で生活できるようになって3年後でした。何がなんでも役者になる、と。モデルの世界にこれ以上いると、居心地のいい椅子から腰を上げられなくなるなと思ったんです。決心にはお金も手間もかかりません。翌日から僕は会う人、会う人に「辞める」と宣言していきました。


伊東孝紳

最初は敵ばかりで、栃木の四輪R&Dセンターに私は出入り禁止のようだった。しかし、とにかく話すしかない。「女王バチ理論」と呼んでいるのですが、肝心なのはまずキーマンを1人押さえること。研究開発の組織は縦社会で、女王バチが動けば働きバチも動く。だからキーマンを説得するところから始まる。何度も通いました。


宗次直美

世の中の男は全体にだらしないと思います。何かにつけて一緒にお酒を飲んだり、食事に行ったり。団らん気分では仕事はできませんよ。部下を叱るには、まず自分の身辺から見直すことが大切だと思います。


佐々木隆(経営者)

一昨年、SARSによって海外旅行が落ち込んだとき、あるセールスマンがお客さまを訪ねたところ、名刺を投げ捨てられたそうです。SARSその他で海外旅行にリスクがあるときに、大切な客を海外旅行へ連れて行くとはどういうつもりだ、と。そこで、彼は一念発起して「販売促進支援事業」という名刺を上司と相談して作ったわけです。もちろんそれは架空です。しかしそういう仕事をやります、と持っていったら、3倍ぐらいのお客さまが会ってくれたそうです。我々は「ディレクターからプロデューサーへ」と言っていますが、求めているのは、社員一人ひとりがプロデューサーのところまで自分の仕事を高められるか、高めるように行動できるかどうかということです。名刺を投げ捨てられて、そのまま泣いて、次の会社へ行った人はダメです。ものの考え方です。


古田敦也

情報を柔軟に取り入れていくことも重要だと思います。僕らはプロですから、相手も替わるし進化しているので、同じ手が通用し続けることはない。「初志貫徹」という言葉があるように、最初の志や軸がぶれないことは大切です。でも、そればかりにとらわれすぎると成長できません。


有森裕子

苦しくなったら、苦しみを味わえるだけ生きているんだと感謝した。
嬉しいときは、また喜べるんだと、また感謝した。