名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ボビー・バレンタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボビー・バレンタインのプロフィール

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

ボビー・バレンタインの名言 一覧

私自身、常に成長し、前進しようとしてきました。「20年前の私」と「いまの私」とはまったく違う監督だといってもいいでしょう。


人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。


プレッシャーに負けてしまうのは、最後に起こるだろうことを考えるからです。そうではなく、いま行っていることに集中するのです。そうすれば、きっと楽しくなります。


たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。


会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。


プレッシャーを感じるときは、楽しいときでもあるのです。なぜなら、そこにはたいてい何らかの競争があり、何かを達成する強い気持ちを感じることができるからです。


仕事を楽しむことを身につけることは、とても大切です。それを身につけると、自らの潜在能力を最大限に引き出せるようになるからです。私は、「どうすれば、選手がより楽しくプレーできる環境をつくれるか」を常に考えています。


私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


リーダー的な地位に就いたときには、実際に模範や例を示すことによって部下を導くことを学ぶべきだと思います。


ボビー・バレンタインの経歴・略歴

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

他の記事も読んでみる

井上和幸(ヘッドハンター)

私の実感では、若いころに情やコミュニケーションの問題で苦労をし、それを乗り越えた人が出世しています。逆に、若いころから人当たりがよく、相手にすぐ共感してしまうような人は、会社経営には馴染まず経営陣には入れません。これからはとくにその傾向が強まると思います。


貞松成

AOKIホールディングス会長の青木擴憲さんに「君の目標が達成できたら、世の中に何が起こるんだ?」と聞かれ、私は言葉に詰まってしまいました。目標を達成したいとは思っていたけど、達成した先に何が起こるかというのは考えていなかったからです。


ロバート・ハーフ

常に正しい判断ができる人間はいないが、おおかた正しければ、かなり役に立つものだ。


アンドリュー・カーネギー

私は長い一生のうちに、善い正直な仕事をしない会社が成功したのを見たことがない。


森谷弘史

事柄別にノートを分ける人もいますが、整理が苦手な私には同じノートに様々なことを記録するやり方が合っています。月に1冊のペースでノートは埋まっていきます。


プラトン

無理に強いられた学習は、なにひとつ魂の中に残りはしない。


安倍昭恵

毎日いろいろな予定が入っていて、主人より帰宅が遅いぐらい(笑)。それでも、主人はイヤな顔ひとつせず、好きなようにさせてくれるんです。


野口実(ABCマート)

実は当社は、この5年くらいで客単価が20%ほど上がっています。長い間デフレの中で、割安感を押し出してきたのですが、質の高いものを求めるという顧客ニーズの変化を感じた時、商品政策を一気に変えて、1ランク上の商品の提案を始めたのです。たとえば、高級スニーカーに力を入れています。昔は革靴が高級品で、スニーカーの価値は高くなかった。でも今は1万円でも買ってもらえる。


江上治

私たちがいわゆる億万長者から何を学ぶかと言えば、「仕事や日常の生活で相手の問題を解決する」ということ。要は、これがいちばん簡単な、お金を稼ぐ方法であると思う。


赤井益久

國學院大學の基本にある神道に「中今(なかいま)」という言葉があります。人は過去から未来へつながる「今」に生きている。「今」の自分は過去の延長であると同時に、未来の自分を生み出す。だから「今」を大切に生きるべきなのです。


河村修一(経営者)

ひとつの方針を決めたら何があっても決してブレないようにする。これは自分のいままでの経験から導き出した信条です。


蜷川幸雄

心がけているのが「皆の顔を見る」こと。稽古場で衣装の子がしょげていたら「何かあったか?」と話しかける。「昨日のあの演技、酒落ていたな」と伝える。俺は演出でも細部に凝るからね、現場の細部もものすごい見るんだよ。「大丈夫、キミのことは見ているよ」という信頼関係を築かないと、それ以上のものは生まれない。だからスタッフがどんなに増えても、なるべくちゃんと名前を覚えて、呼んでやる。これも大切なことだね。