名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)のプロフィール

ボビー・ジョーンズ。アメリカのゴルファー、弁護士。ジョージア州出身。数々のタイトルを獲得し、世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の名言 一覧

ゴルフが1ストロークを積み重ねていくスポーツだ、というのは昔からいわれているあたりまえのことだ。だがそれを理解するのに何年もかかった。


ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の経歴・略歴

ボビー・ジョーンズ。アメリカのゴルファー、弁護士。ジョージア州出身。数々のタイトルを獲得し、世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

他の記事も読んでみる

アルビン・ロス

長期的関係が大切なのは、結婚に限ったことではない。友情も同じである。重要な関係をいくつかに絞って、十分な注意を注ぎ、関係をはぐくむ必要がある。


谷原誠

私の経験から思うに、強引に主張してくるタイプの人は、ひとつの物事に対して使えるエネルギー量が決まっています。ですから、話す機会を何回かに分けることで、こちらが耐えられる範囲でエネルギーを消費させることができるのです。


石川康晴

「稼ぐ力」を持っている人は、とにかく「人からの指示」は待っていませんね。しかも、指示をしても「はいはい」とは聞きません。たとえば、次の販売戦略を伝えると、「社長は数字が分かっていません」「考え方が変です」などと言って、私に堂々と歯向かってくる。どんな仕事にも疑問を持ち、「自分ならば……」といった当事者意識の下で、解決や改善の手段を考えているからでしょう。目標に向かう道筋は私とは違ううえに、こちらが想定した以上の結果を出す。社長でも反抗できません(笑)。


高野雅彰

町工場の多くは随一の技術を持っているにもかかわらず経営に苦しんでいる。大事なのは、技術をビジネスにつなげる発想力を身に付けること。


コシノジュンコ

デザインとは、一言でいえば整理すること。まずゼロにして足して、一歩引いてまた足していく。デザインは、ファッションだけではなく、すべてに通じるものなのです。


いとう伸

商談の「つかみ」で大切なのは、事前準備です。相手の欲求を想像して入念にシナリオをつくり、それに沿って第一声を発するからこそ、最初にがっちり心をつかむことができます。相手が不特定多数でもターゲット層についてきちんと調査しておくべきだし、相手がわかっている場合ならなおさらです。「つかみ」の演出は営業に行く前から始まっていることを肝に銘じましょう。


眞鍋淳(真鍋淳)

うまくいくものをいかに早く大きく伸ばしていくかが肝心。いけそうだと判断したときに、すぐに十分なリソースを当てられるスピード感も必要。


大谷翔平

僕も高校時代は岩手の田舎で、甲子園には二度出ましたが、どちらも一回戦敗退でしたから。常に「上には上がいる」と感じながら練習し、「どのくらいの力があればプロになれるんだろう」と絶えず、悩んでいました。だから高校時代からメモをつけるようになったんです。


酒井誠(経営者)

部分的に当社よりも高度な情報を提供する会社はあります。しかしながら、ポータルサイトという形で生産や販売の実績からモデルチェンジ、技術やサプライヤーの情報までカバーするポータルサイトを運営している会社は当社だけです。蓄積型のデータは、一朝一夕ではできません。


品田英明

デジタル革命が進み、人間の仕事は徐々にロボットが担うようにもなるでしょう。そういう時代になるほど、人間の心の幸せや、親子、友人、恋人とのコミュニケーションが大事になります。そこに当社のコーヒーが貢献できます。コーヒーを通じて安らぎを提供し、幸せにも貢献できます。AGFを活力のある企業にして、お客様にも元気をもたらしたい。


ダライ・ラマ14世

私たちが経験するものごとで、永遠に続く者はまずありません。すべてのことは、変化して朽ちていく運命にあるのだと。どんな悲しみや苦しみも、例外ではないのです。


磯辺剛彦

今世紀に入って、日本も激しい環境変化に晒されていますが、このような時代には2つのタイプの機会が現れます。ひとつは、品質はともかく低コスト・低価格というローエンドの事業機会。いわゆる破壊的イノベーションと呼ばれるものです。実は、今の日本の製造業の多くが、このタイプの競争で苦戦しています。もうひとつは、社会的な困りごとというニーズの出現です。路線バスがなくなった、近くのスーパーが撤退したなど、生活者の不便や不安といった「不」を解消するニーズです。これこそが、先進国として、多様な課題を抱える日本に必要な事業領域です。ただ、後者の場合は、社会的な価値と経済的な利益をいかに両立させるかが大きなテーマになります。