ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の名言

ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)のプロフィール

ボビー・ジョーンズ。アメリカのゴルファー、弁護士。ジョージア州出身。数々のタイトルを獲得し、世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の名言 一覧

ゴルフが1ストロークを積み重ねていくスポーツだ、というのは昔からいわれているあたりまえのことだ。だがそれを理解するのに何年もかかった。


ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)の経歴・略歴

ボビー・ジョーンズ。アメリカのゴルファー、弁護士。ジョージア州出身。数々のタイトルを獲得し、世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

他の記事も読んでみる

馬場善久

教育というものは、将来の社会、世界に貢献できる人材を輩出することに意味があります。それを突き詰めて考えると、学生が大学の運営に関わることの教育的な意味が見えてきます。


森川陽太郎

心がラクになる3か条

  1. 120%の努力で頑張らない。努力を重視すると余計な不安を生む。少しの努力でも結果は出せると意識改革を。
  2. ポジティブ思考は不要。ネガティブを意識し、放っておく方が、心が安定する。
  3. 反省しない。大きな失敗は反省しなくても心に残る。それ以上の反省は不要。途中で反省するのは集中を乱すだけ。

織田隼人

決断を評価するときに大事なのは、「結果ではなく、結論の時点までのプロセスで評価する」ことです。つい我々は結果の良し悪しに目が行きがちですが、結果ばかり気にすると、人は失敗を恐れて決断をしなくなるからです。


織田幹雄

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


板坂直樹

事業を立て直すために、仕事の内容を量から質に変え、営業利益も改善。さらに社員全員を集めて全社会議を行い、意見や提案を直接吸い上げる仕組みをつくりました。


上山信一

プロジェクトを効率的に進めるうえで重要なのは、「着地点」を早くから意識して動くことなんです。たとえば、プレゼン資料の作成でも、だいたいの素材が揃ったら、細かいところは無視して、とりあえずダミー版をつくってしまいます。すると、着地点に対して「いま何が不足して、何をしなければいけないか」が明らかになるので、無駄な作業をすることが減り、効率が一気に上がるんです。


中安閑一

コストダウンは企業の大原則ではあるが、同時に質的大転換も忘れてはならない。質的大転換が、やがては量的大発展を導く。【覚書き:宇部興産が石炭からはじまり、セメント、化学工業へと発展していったことを振り返っての発言】


高須武男

振り返れば、銀行時代から周囲を巻き込み、新しいことに挑戦するのが好きでした。銀行員としては異端児ですね(笑)。


小山五郎

人間というものはそんなに強いものではない。自分に割り当てられた時間をうまく配分して、逃げ込み場所をどう使うかということが大事なのです。


井上礼之

協調性があるとか、無難に立ち回る人間の評価ばかり高くなる組織になったらいけません。まずはどんな人材がいるのか探索しておき、しかるべき時期が来たら、ここぞという場所に配置するのです。


アルバート・アインシュタイン

結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。


ケビン・ロリンズ

生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


木川眞

日本の製造業について言えば、製造面でのコストコントロールは非常に優れていますが、こと物流に関してはグローバル基準で見て必ずしも優れているわけではありません。つまり、コスト競争力を生み出す原資が物流の領域に残っているということです。


レイ・クロック

信じるものがあるなら、徹底的に信じぬけ。そうすれば、失敗は不可能となる。何であろうと絶対に成功する!


星野佳路

ブライダル業界にはリーダー層とフォロワー層がいます。リーダー層は本物やよりよいものを見分ける価値観を持っているそうです。フォロワー層は流行のものをやりたがる層です。新しい商品を始めると、リーダー層に続きフォロワー層が徐々に入ってきます。数が増えていくので上手くいっているように見えますが、この段階になるとリーダー層が商品を敬遠するようになり、実は好ましい状況ではなくなっています。つまり、いま流行っているものがもうすぐ廃れるということを示しています。ブライダル業界はリピーターが存在しないうえに、流行の移り変わりが激しいのです。


ページの先頭へ