名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ボビー・オロゴンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボビー・オロゴンのプロフィール

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

ボビー・オロゴンの名言 一覧

投資マネーは世界をぐるぐる回ってる。価格が上がりすぎたモノは売られるし、下がりすぎたモノは買われる。余っているモノは安くなるし、足りないモノは高くなる。マーケットにはいつもどこかに歪みがあって、そこにエネルギーが溜まっていく。それが一気に爆発すると……Boom! 大きなチャンスになるんですよ!


投資マネーはいつも世界のどこかにあって、より強いところに向かおうと行き先を探してる。それを追いかけるんじゃなく、先回りして仕込むのが、投資の醍醐味じゃないかな。


ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。


投資は昔からやってるよ。最初に相場の世界を教えてくれたのは、ナイジェリアで貿易商をやっているお父さん。ボクは子どもの頃から見込まれて、オフィスに連れていかれては「これはドコソコの国からいくらで買ってきたモノで、これからいくらで売るから、利益はいくらになる」ということを教えてもらっていました。


ボビー・オロゴンの経歴・略歴

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

他の記事も読んでみる

永守重信

何十、何百回と「できる」「できる」と言わせていると、そのうちに本当にできるような気になってくる。比叡山のお坊さんは「千日回峰行」という荒行をされますが、わが社は「千回言行」を実践しています。どんなことも千回言えばその気になって、次第にできるようになってくる。


畑村洋太郎

経営トップも人間なのだから、間違いを犯す。怠ってはいけないのは、社員が発した重要なサインを見逃さないこと。「まさか」と思うことであっても、自分の考えが間違っているのではないかという度量を持つことが必要。


山口真導

売上げが入金されないときは、入金を確認することが重要。これは、代金を支払わなくても何も言ってこない取引先と、代金の支払いが1日でも遅れたら、「何時支払うんだ!」と確認してくる会社があったら、どちらの会社に優先的に支払うのかということを考えたら明かなこと。


長尾一洋

仕事のゲーム化には、情報をオープン化、ソーシャル化するという副次的なメリットも期待できます。チームのマネジメントを担当するポジションの方であれば、メンバーの進捗状況を知る手だてにもなります。また、ゲームに参加するプレイヤー同士のコミュニケーションの促進という、目に見えにくい部分でも力を発揮します。


藤井孝一

自分の会社の経営状態を把握した上で、自分がその中でどれくらい成果を挙げているか、どんな仕事をするかを戦略的に考える。会社で成果を挙げるにしても、独立するにしても会計・財務の基礎知識は必須。


野村忠宏

練習を積み重ね、試合に挑み、私はこれまで柔道の競技の世界を生きてきました。それは非常に厳しい世界でした。しかし、そこで私は、単なる楽しさを超えた大きな成長やこの上ない感動を得ることができました。


田原総一朗

僕自身も就職したばかりの若い頃は本当にドン臭い失敗ばかり。とくに岩波の映画会社に勤めた当初は最悪でね。カメラマンからいつも怒鳴られ使えない奴だと思われていた。でも、そこで腐らずにまさにドン臭く必死で自分の強みを探し続けてきたと思う。それがテレビ局に移った頃から形になり始めた。


岩倉昌弘

経営破綻という過ちを語り継ぐ責任は忘れません。当社は14年に経営陣の行動規範をまとめました。


石原明彦(経営者)

小学生の頃から起業したいと思っていたので、小さな会社を経験するために、当時社員が5人程度のモバイル広告関連企業に就職しました。ベンチャー企業の立ち上げから、経営ノウハウを学びました。


井上達彦

「代理学習(他者から学ぶこと)」には、コストとリスクが低く、幅広く学ぶことができるといった長所がありますが、学習の程度が浅くなりがちです。一方、「経験学習(経験し学ぶこと)」では、コストとリスクは高くなりますが、深い洞察が得られます。ただし、自分の経験ばかりに固執すると視野が狭くなるという短所があります。


松本彰(経営者)

私の経営スタイルは自然体です。白洋舍は創業家が5代続き、関係ない社長は私が初めてです。創業家のトップはカリスマ性があり、本当は気さくな方なのに、社員は何となく近寄りがたさを感じるものです。私は服装も人当たりも親しみやすさを大事にして、経営と現場の距離を縮めていきたいと思っています。


築山節

疲れてきたら「ボーッとする時間」を作ってください。新しい情報の入力や分析などの作業で、脳を稼働させ続けると、負荷がかかります。情報を整理する時間を与えてあげないと、集中力も処理能力も落ちます。