名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ボビー・オロゴンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ボビー・オロゴンのプロフィール

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

ボビー・オロゴンの名言 一覧

投資マネーは世界をぐるぐる回ってる。価格が上がりすぎたモノは売られるし、下がりすぎたモノは買われる。余っているモノは安くなるし、足りないモノは高くなる。マーケットにはいつもどこかに歪みがあって、そこにエネルギーが溜まっていく。それが一気に爆発すると……Boom! 大きなチャンスになるんですよ!


投資マネーはいつも世界のどこかにあって、より強いところに向かおうと行き先を探してる。それを追いかけるんじゃなく、先回りして仕込むのが、投資の醍醐味じゃないかな。


ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。


投資は昔からやってるよ。最初に相場の世界を教えてくれたのは、ナイジェリアで貿易商をやっているお父さん。ボクは子どもの頃から見込まれて、オフィスに連れていかれては「これはドコソコの国からいくらで買ってきたモノで、これからいくらで売るから、利益はいくらになる」ということを教えてもらっていました。


ボビー・オロゴンの経歴・略歴

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

他の記事も読んでみる

小島忠雄

わかりました。では、私を帰らせてください。本社の言うことを何でも聞く人を社長にすればいい。
【覚書き|米国販売会社社長時代、本社に確認を取らずどんどん改革を行ったことについて本社から苦言を呈されたとき言った言葉】


森川亮

経営者や起業家などハードに働いている人ほど健康管理を入念にしているもの。ある意味、ビジネスパーソンはアスリートのようなもので、健康管理がきちんとできていないと、競争社会で戦い、ベストな結果を出し続けることができません。


築山節

脳を冴えさせるためには、ボーッとする時間も必要。私たちの脳は無限に使えるわけではありません。機械ではないので、どこかで情報を整理する時間が必要。そうでなければ情報が頭に入らず、溢れてしまいます。徹夜をしたらだんだん頭が働かなくなるでしょう? 休息を与えてやることも、翌朝に脳を冴えさせるための秘訣なのです。会社帰りに一人カラオケに行って、歌を歌わずにぼーっとする時間を作るという人もいましたね。とてもいいことだと思います。なかなか一人きりになる時間がないという人は、帰りの電車を使ってみればいいでしょう。


リンダ・グラットン

大切なのは傾聴です。お互いの話を聞かない人が結構います。部下の話に耳を傾けることで現場の動きを把握しましょう。


ジェリー・ヤン

成長に必要なのはテクノロジーなエンジニアリングではなく「ソーシャルエンジニアリング(人の心理を読んで活動すること)」である。


ケビン・シストロム

問題は、正しいタイミングで正しい人たちと何をやりたいかを理解する、そのバランス感覚なんだ。フェイスブックとやった数々がとんでもなく大きなことになったのは、僕らの組み合わせのおかげだ。ほかの誰と組んでもこれほどのことが起きたか自信がない。


中澤信雄

創業経営者というと聞こえはいいです。でも、残念ながら夢破れていなくなってしまう人がほとんど。創業10年たって残る会社は、ほんの一握りです。それに比べて、勤めている会社の応援を得ながら独立した人は、生き残る碓率が高いように思います。


津谷正明

私はCEO就任以来、改革のキーワードとして「コミュニケーション」「チームワーク」「ボトムアップ」を掲げています。コミュニケーションを深めれば、良好なチームワークにつながります。そのような環境の中で、一人一人が全体最適を考えて提案し、優位性を勝ち取るボトムアップ型に転換せよ、と呼びかけています。トップ集団を抜け出し、ダントツ企業を目指すためです。


寺尾玄

行こうと思ったらどんな場所にでも行けるし、何者かになりたいと思ったら、何にでもなれる。これは私だけではなく、誰でも同じはず。生まれ、育ち、能力などよりも、そう思えるかどうか。みんなどこにでも行けるし、何にでもなれる。


林修

先日、僕のことを嫌っている態度があからさまな人と一緒に仕事をしました。こういう場合、僕はむしろいい仕事ができると考えています。嫌いな相手なら緊張感を保ちやすいというメリットがある。じつは仲のいい人と仕事をしている現場のほうが、気が緩んでミスが出やすいんです。


富田直美(経営者)

我々の強みは、ロボットをつくらないと宣言したことで、ロボットの会社がコンペティターにならないことです。そしてわずか10か月でパートナー100社が集まってくれた。この100社の技術を集めたら、スゴイことができます。足りないものは世の中から探してくるし、なかったら自分たちでつくれば良い。これは天井という限界のないブルーオーシャン。究極のアーキテクチャー、それを設計し組み立てることができる。世界一の能力を集められる可能性がある会社です。我々はプロデューサーとして皆さんが持っているボーダーを取っ払うことができる。ノーサイドという発想です。


辻本憲三

もともとは高校を卒業して、叔父が経営していた菓子問屋を手伝っていました。ところが、数年して叔父が店を畳むというので、21歳で独立して菓子店を開いたんです。その後、取引先が持ち込んできた綿菓子製造機に興味を持って行商を行うことにし、九州の駄菓子屋さんで子供向けに改良した改造パチンコに出会ったんですね。改造パチンコというのは、中古のパチンコ台を子供向けに作り直したもので、子供がそれに熱中している様子を見て、ゲームに注目するようになりました。当時は娯楽が無い時代だったので、駄菓子屋やスーパーに置いたら、大人気。子供だけでなく、いろいろな人が集まってきました。その後、米国で流行していたピンボールのレンタルをやるようになりました。当時のゲームはみな米国製ですから、米国に行き来するようになったのですが、米国でテレビのモニター上でピンポンをやるソフトが開発されたというので、見に行ったんです。それがテレビゲームのはしりで、当社でもテーブル筐体型のゲームを生産することにしたんです。それがインベーダーゲームのブームと相まって大ヒット。タイトーさんからライセンスを取得して、生産したら相当売れました。