ボビー・オロゴンの名言

ボビー・オロゴンのプロフィール

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

ボビー・オロゴンの名言 一覧

投資マネーは世界をぐるぐる回ってる。価格が上がりすぎたモノは売られるし、下がりすぎたモノは買われる。余っているモノは安くなるし、足りないモノは高くなる。マーケットにはいつもどこかに歪みがあって、そこにエネルギーが溜まっていく。それが一気に爆発すると……Boom! 大きなチャンスになるんですよ!


投資マネーはいつも世界のどこかにあって、より強いところに向かおうと行き先を探してる。それを追いかけるんじゃなく、先回りして仕込むのが、投資の醍醐味じゃないかな。


ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。


投資は昔からやってるよ。最初に相場の世界を教えてくれたのは、ナイジェリアで貿易商をやっているお父さん。ボクは子どもの頃から見込まれて、オフィスに連れていかれては「これはドコソコの国からいくらで買ってきたモノで、これからいくらで売るから、利益はいくらになる」ということを教えてもらっていました。


ボビー・オロゴンの経歴・略歴

ボビー・オロゴン。タレント、格闘家、実業家。ナイジェリア出身。ナイジェリアの国立大学経済学部卒業後、貿易商の父の手伝いで世界を回る。テレビ番組の街頭インタビューをきっかけにタレントデビュー。その後、日本国籍を取得。

他の記事も読んでみる

和仁達也

対象を見る時にいきなり望遠鏡を使うと、見当違いな場所を探してしまいがちですよね。最初は肉眼で見て全体像を把握し、その後、望遠鏡の倍率を上げて詳細を確認する方が見やすいはずです。ビジネスも同じ。最初は顧客の悩みを俯瞰的に捉え、だんだんと具体的な課題に注目していくのがうまいやり方です。


三井悠加

戦後の浮世絵は、一部の風景画を除き、過去の作品の復刻版しか出ていない状況でした。でも、復刻版をつくるだけでは業界が廃れて、技術が継承されなくなってしまう。浮世絵は元の絵を描く絵師、版木を彫る彫師、色を載せる摺師といった職人さんによる総合芸術。職人さんが食べていける環境をつくりたくて、新作に取り組み始めました。


益田ミリ

高校時代は、今、このときが一番すばらしく、大人の世界なんてつまらないに違いないと考えていたんです。だから大人になりたくなかった。日記に感情を綴っておけば大人にならずにすむんじゃないか、なんて思ってたんですね。書く、ということは、あの頃から私の人生の一部になっていました。さすがに、今は大人もいいと思います。今日の悩みを、明日の自分に任せてもいいかな、と思える日もあります。それだけ大人の自分を信用できるようになったんでしょうね。


上野和典

僕はいつもシンプルに物事を考え、決断してきた。ごちゃごちゃ余計なことを考えるから、失敗しちゃうんだ。シンプルに本質に迫ることは解決への近道。


村井史郎

昔から、何もないところで成功しようと考えていました。というよりも、何もないからこそ成功できる。


武田双雲

ロシアで揮毫(きごう)のパフォーマンスをするとき、黒のペンキを頼んだら、会場にはグレーが来ていて、「これグレーだよね?」と聞いたら、担当者は「ブラック! 俺たちにはブラックに見える」と嘘をつくんですよ。もう楽しもうと思って「ロシアン・ブラック?」と返したら、「オー、イエス」って(笑)。実際、それで書いたら、いままでにない作品になるわけです。


浅野純次

不正やブランドの凋落では、創業者の遺伝子が正しく継承されていないケースが多い。ソニーやシャープの創業者と後継社長たちとの落差は驚くほどである。では、どうしたらいいのか。創業者や中興の祖と言われる人たちの生き様や問題意識を後の世代がしっかり受け止めるための努力を重ねることである。すべてを金科玉条とする必要はないが、創業者の理念と行動を風化させない工夫を全社的に続けることで、企業は活性化し、不祥事や凋落への歯止めが生まれる。


永守重信

最近の若手は海外勤務を嫌がらず、むしろ心待ちにしているようなのです。彼らの姿に接し、私は日本電産が将来ますます強い会社になると確信しています。もっとも、日本全体を眺めると、こうしたアグレッシブさはずいぶん薄まってきているように思われます。この意識を変えなければ、急激な国力の低下は押しとどめようがないでしょう。


吉田昌生

これまで感じないようにしていた自分の中にあるネガティブな感情を認め、受け入れていくと、鈍っていた感受性が蘇り、喜びや幸福感、他者とのつながりなどを感じやすくもなる。


堀紘一(コンサルタント)

仕事を早く終えるためには、仕事の設計図を描くことが必要です。ゴールを設定し、アウトプットのイメージを組み立て、そこへ辿り着くまでの道筋を描くのです。


柿木厚司

うまくいかなかった事例もどんどん溜めていく。それを積み重ねることでスキルが上がっていく。


久水宏之

AIなど新技術の進展で、人間の仕事が機械に置き換わる動きが強まる中で、本当は働く一人ひとりが、こうした技術進歩の成果を何故、何のために使うのかを判断し、選択する力つまり人間力を耕す必要は、格段に大きくなっている。そこに先鞭をつけ、人材育成の投資に思い切って力を入れる道はないか。賃金はコストである、という割り切り方を修正し、人的投資という側面がいかに大切であるかに、もっと目を向ける時が来ている。


魚谷雅彦

ドラッカーの『マネジメント』には、「企業に取って本質的に重要な機能は2つあり、イノベーションとマーケティングである」と書かれています。そのふたつが、価値を創造し、顧客を生み出すものだということです。日本の経営者はこれまで、イノベーションに軸足を置いてきましたが、これからはマーケティング発想のできる人材を育てていく必要があります。


高岡浩三

ヒット商品作りの秘訣とは、解決すべき問題を探すこと。それを見つける経営の視点こそが全て。


夏野剛

インターネットの発達で、これまで単なる趣味にすぎなかったものがおカネになる例が出てきています。一生やりたいこと、死ぬまで働きたい仕事を見つけようというのが僕の提案。


ページの先頭へ