名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ホーレス・マンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホーレス・マンのプロフィール

ホーレス・マン。アメリカの教育改革者。マサチューセッツ州出身。貧しい家庭に生まれ、苦学の末ブラウン大学を卒業。ブラウン大学ラテン語ギリシャ語講師、図書館員などを務める。その後、コネチカット州の法律学校で法学を学び弁護士になる。弁護士として成功したのち、マサチューセッツ州下院議員・上院議員、マサチューセッツ州教育委員会事務局長、アメリカ合衆国議会下院議員などを歴任した。様々な教育改革を行った。

ホーレス・マンの名言 一覧

生徒の学ぶ意欲を高揚させずに教え込もうとする教師は、冷たい鉄を槌(つち)打っているにすぎない。


ホーレス・マンの経歴・略歴

ホーレス・マン。アメリカの教育改革者。マサチューセッツ州出身。貧しい家庭に生まれ、苦学の末ブラウン大学を卒業。ブラウン大学ラテン語ギリシャ語講師、図書館員などを務める。その後、コネチカット州の法律学校で法学を学び弁護士になる。弁護士として成功したのち、マサチューセッツ州下院議員・上院議員、マサチューセッツ州教育委員会事務局長、アメリカ合衆国議会下院議員などを歴任した。様々な教育改革を行った。

他の記事も読んでみる

横山清

子供には読み書きそろばんの技能と、人間関係をきちっと保てる対応力、多少のことにへこたれない強い気持ちを身につけさせよう。そうすれば田舎であろうと、都会であろうと夢はどこでも持てるはずです。自分の始末は自分でする。自分のエサを自分で稼ぐ。これができればどこでも楽しく生きていけます。大切なことは、その生きる技術を大人がきちんと子供に身につけさせることです。


中井戸信英

さらなる業務品質の向上は大きな課題です。そして、その品質を担保するのは人です。


アンドリュー・カニンガム

海軍が一隻の軍艦を造るには3年かかる。しかし、新しい伝統を築くには300年かかるだろう。


小柳津林太郎

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


塚本勲

企業は人なり。創業以来40年、私はこのような固い信念を持って加賀電子の経営にあたってきました。当社は独立系のエレクトロニクス商社として、単一の商品に頼らず、ものづくりや設計の手伝いまで頼まれれば何でもやってきました。いま当社が世界中に拠点を持っているのも、急速に海外展開を進める顧客企業の要望にお応えしてきた結果です。それができたのも対応できる社員あっての話です。


盛田昭夫

名よりも実をあげることがビジネスだ。実業という文字の通り、とにかく実がなければならない。
他人がやるから自分もやる。マーケットの大きさを無視して、みんな同じようなことをやって叩き合いをやるから、利益がなくなってしまう。マーケット、それに利益というものをもっと考えなければいけないと思う。


近藤良平

僕自身に関して言えば、ダンスをするのに定年はないとはいえ、調子に乗るとケガをする年齢にはなりつつあるので、体と気持ちのバランスを考えながら、自己管理していくしかないなと思ってます。そういうことも含めて、以前より自分の体の行方というか、体の可能性みたいなものを考えるようになってきましたね。


藤田恭嗣

内定者研修の2日目には必ず私の生家に社員を招いて、皆で母の手料理を振る舞います。すると社員も影響を受けて、親に手紙を書き始める人もいます。親孝行しなさいと強制してはいけません。私はこうなんだと背中を見せるだけです。なぜ親を大切にするかといったら、家族を大切に出来ない人が社員や仲間、地域の人を大切に出来るとは思いません。恥ずかしがらずに実践して見せることが一番ですね。


山口周

重要だと言われた資料も、躊躇せずにばっさり捨てます。今は大概のものは元のデータが保存されていますし、重要な資料は会社として保管していることがほとんどです。あとで必要になったらそのときだけ参照できればいい。使うかどうかわからないのに保管しておくのはムダです。


高嶌幸広

数字を絡めて説明すると、相手がイメージを描きやすくなります。たとえば、「発電設備をつくるには膨大な手間がかかる」ことを説明するとき、「申請書をつくるだけで三か月かかる。送電線ひとつつくるにもダンボール15箱分の書類が必要」と説明すれば、具体的にイメージが湧くでしょう。


原田泳幸

私は社長に就任するとすぐ、社内公募制を始めました。戦略を作り、その戦略実行に最も適した強力な組織モデルを作るためには、各部署の役割とミッションを定義し、ベストタレントを社内外から取ることが不可欠だからです。ところが、その社内公募に誰も手を挙げない。解任した執行役員でさえ、「手を挙げないと明日から仕事がないんだよ」と言ったら「えっ!」と驚いている(笑)。仕事は会社から下りてくるものだと思っているわけですね。


和地孝

給料の高さや労働条件のよさだけで、社員たちを引っ張っていくことはとてもできません。そのため、私は社長時代、人をコストでなく資産と考え、高い目標とチャンスを与えることが、意識改革の成功要因だという信念を貫いてきました。