名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)のプロフィール

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言 一覧

顧客の大切なものを守ること、これが我々のコアバリュー。


ボルボは独立した会社であり、独自の決定権を持っています。親会社に依存した時期がありましたが、今は独立しているので素早く判断できる。


ここ数年好調な理由は、大きく3つあります。まず、魅力的な製品を開発できたこと。2つ目は企業をグローバル化して市場が広げたこと。そして最後が独立性。


米テスラが我らのビジネスに刺激を与えた。EV(電気自動車)を売りたいなら、普通の車に電気モーターを積んだだけのものではダメだ。この点は素直にテスラに学ぶべきだ。


ボルボには顧客の大切なものを守るための安全性、使いやすいインターフェース、そしてスカンジナビアンデザインという3つのコアバリューがあります。それらの独自性を前面に押し出せていることが、他のプレミアムブランドとの違いを際立たせています。


ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の経歴・略歴

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

堀江貴文

投資でも起業でも、人と同じことをしていたら駄目。誰も目を向けていない所に一歩踏み出さないと、稼げるようにはなれない。


木村秋則

いまの時代は大変だな。情報量が多くて答えが氾濫しているからさ。何でも答えがすぐに与えられちゃうから、それ以上考えなくなってしまうし、発見する喜びも感じられない。それじゃあ、脳も活性化しないと思う。


板倉広高

上場したことにより、社員は毎日自社の株価が動いている様子を目にするわけですが、世の中で何が評価されるのかといった経営目線、意識が少し上がったのではないかと思います。


河井継之助

人間というものは、棺桶の中に入れられて上から蓋をされ、くぎを打たれ、土の中へ埋められて、それからの心でなければ何の役にも立たぬ。


中野渡利八郎

交渉していくためには勇気がなければできません。下手でもいいので、怖気づくことなく、根気よく。


クリストフ・ウェバー

違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。


上川隆也

何も考えていなかったというか、ただ芝居というものに関わっていたいという思いから大学を中退し、キャラメルボックスに入団したわけです。もちろん、役者で食っていけるなんて思ってもいませんでしたし、むしろ「食っていこう」という意識を持っている人がいることのほうがびっくりだったんです。


高田明(ジャパネットたかた)

「パソコンが1000台売れました」となると、みんなで「バンザーイ」とやりますけど、僕はやりながら「なんで2000台売れなかったのだろう」って考える人間ですから。周りは大変でしょうね(笑)。「何が足りなかったのだろう」と、絶えず考え続けるのが、「今を生きていく」ということですから。今を生きていたら、現状維持には満足できなくなるんです。「どうしたら、もっとお客様に喜んでもらえるのか?」とか、「もっと多くのお客様に満足していただけるには、どうしたらいいのか?」って。


胡厚崑(ケン・フー)

中国には「財散人聚」という言葉があります。財を分け与える者のところに人が集まるという意味です。任(創業者)はこの言葉の通り、社員持ち株制を採用することで優秀な人材を集め、事業を拡大してきたのではないかと思います。


畑村洋太郎

効率化のために、企業はいろんな場面でマニュアルを精緻に作り、成功への筋道を確保しようとします。しかし、最近の工場の事故が示すように、それには必ず漏れがあるのです。どれだけ隙間なく問題をつぶしてマニュアルを作ったように思っても、漏れはあるものなのです。だからこそ、物事を進める際には、失敗した場合から発想し、そのためにいま何をすべきかという考え方が大事だと思うのです。


高橋勝浩(コンサルタント)

最近のB2B営業は情報戦です。質、確度、鮮度の高い、非公開の情報を仕入れ、社内の関連部署にフィードバックし、先方にとって魅力的な提案に結びつけることが成果につながる。


堀之内九一郎

始業が8時45分なら8時44分59秒までにタイムカードを打てばいいと思っている社員が少なからずいます。私にいわせれば、使いものにならない連中です。始業の瞬間を最高の状態で迎えられるように準備をするべきなのに、脳も体も準備不足のまま、とりあえず、タイムカードを押すなんて、不真面目すぎて話になりません。ウォーミングアップなしの「ヨーイ、ドン」で、いきなり走れるわけがないんですから。