名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)のプロフィール

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言 一覧

顧客の大切なものを守ること、これが我々のコアバリュー。


ボルボは独立した会社であり、独自の決定権を持っています。親会社に依存した時期がありましたが、今は独立しているので素早く判断できる。


ここ数年好調な理由は、大きく3つあります。まず、魅力的な製品を開発できたこと。2つ目は企業をグローバル化して市場が広げたこと。そして最後が独立性。


米テスラが我らのビジネスに刺激を与えた。EV(電気自動車)を売りたいなら、普通の車に電気モーターを積んだだけのものではダメだ。この点は素直にテスラに学ぶべきだ。


ボルボには顧客の大切なものを守るための安全性、使いやすいインターフェース、そしてスカンジナビアンデザインという3つのコアバリューがあります。それらの独自性を前面に押し出せていることが、他のプレミアムブランドとの違いを際立たせています。


ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の経歴・略歴

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

永瀬昭幸

その国の言語を正しく学んでこそ、その背景にある文化や教養を一緒に吸収できる。


長谷川博己

仕事などで悪いことが続いたとき心が折れてしまうのは、好きな気持ちが足りないのではないでしょうか。好きなものであれば、どこかに必ず喜びは見つけられます。


石本他家男

社員にあまり大きな責任は課すな。しかし相当な権限を与えよ。


川崎秀一

昔は、営業の世界といえば体育会系で、上の人のいうことを聞くしかない。しかも完全なる徒弟制度で「仕事は盗め」という感じでした。仕事を懇切丁寧に教えてもらえるわけもなく、先輩にいわれることといったら「コラ」とか「バカ」とか、そればかりでしたからねえ(笑)。しかし、いまはそれでは若い人たちはついてこない。やはり、自分が仕事をとおして経験し、学んだことをあとに続く人たちにきちんと伝えていかなければいけません。


柳井正

もう最終的にはどうなるかといえば、お客様が工場に注文して、工場ですぐ作って、自分の欲しいものがすぐ手に入ると。そういう世界になって、もう時間と距離がなくなるということだと思います。そのときに、商品を選んでもらう前に、企業とかブランドを選んでもらうということなので、グローバルブランド以外に生き残れなくなる。


三木あき子

優れたアーティストの多くは、単に自らの職務をまっとうするために作品を制作しているのではなく、作品には哲学やヴィジョンや生き様が反映されている。


宮内義彦

人口減にしても、問題だと思うなら対策を打てばいい。打たないなら、それまでの国ということ。


佐瀬守男

企業家の仕事は楽しいです。30年やってもまだ結果は出ていませんが、さらに楽しい10年があるような気がします。自分のアイデアで起業して、仲間や取引先を巻き込んで仕事ができる企業家人生は素晴らしい。他では味わえません。若い人にはぜひチャレンジして欲しいですね。


徳川光圀

・苦は楽しみの種 楽は苦の種と知るべし
・主人と親とは無理なる物(理屈が通らないもの)と思え 下人は足らぬものと知るべし
・子ほど親を思え 子なき者は自分の身を思う気持ちほど親を思え 近き手本と知るべし
・掟を恐れよ 火を恐れよ 分別なき者を恐れよ 恩を忘れることなかれ
・欲と色と酒を敵と知るべし
・朝寝すべからず 話の座長すべからず
・小なることは分別せよ 大きなることは驚くべからず
・九分に足らず 十分はこぼれると知るべし
・分別は堪忍にあるべしと知るべし


曽山哲人

かつて、社内で「セカンドチャンス」という言葉を流行らせようとしたことがありました。ところが、その時、「セカンドチャンスと言ってはいるけれども、セカンドチャンスをもらって成功した人なんか誰もいないじゃないですか」という意見が出てきたのです。全くその通りだと内省しました。これはもう、セカンドチャンスの成功事例を増やすしかないと組織で意思決定し、事例を増やすことに注力しました。セカンドチャンスの事例づくりを数年間かけて行ないました。その結果、「挑戦しなければ損」という雰囲気が生まれ、社内風土として定着しました。今では「失敗していない人は、挑戦していない人だ」という言葉が社内で流行るほど失敗経験のある成功者が多くなり、飲み会ではよく失敗自慢で盛り上がっています(笑)。


佐藤綾子(心理学者)

会社でも根本精神がくるくる変わったら、社員はどこに照準を合わせたらいいかわからなくなります。根本は同じ。その上で、どれだけ流行を追っていけるか。これがトップの発信のポイントであり、腕の見せ所だと思われます。


米山久

優秀な人材を集め、仕事をすぐに振ってしまうため、私がやるべき業務はほとんどありません。その結果、本来の社長の仕事である事業設計や、アイデアのヒントを得るために人に会ったり、人脈を作ったりすることに時間を取ることができています。