ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)のプロフィール

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の名言 一覧

顧客の大切なものを守ること、これが我々のコアバリュー。


ボルボは独立した会社であり、独自の決定権を持っています。親会社に依存した時期がありましたが、今は独立しているので素早く判断できる。


ここ数年好調な理由は、大きく3つあります。まず、魅力的な製品を開発できたこと。2つ目は企業をグローバル化して市場が広げたこと。そして最後が独立性。


米テスラが我らのビジネスに刺激を与えた。EV(電気自動車)を売りたいなら、普通の車に電気モーターを積んだだけのものではダメだ。この点は素直にテスラに学ぶべきだ。


ボルボには顧客の大切なものを守るための安全性、使いやすいインターフェース、そしてスカンジナビアンデザインという3つのコアバリューがあります。それらの独自性を前面に押し出せていることが、他のプレミアムブランドとの違いを際立たせています。


ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)の経歴・略歴

ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)。「ボルボ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

同業他社と差別化するときは、もう一つの分野の資格を組み合わせるのが得策。組み合わせ方のポイントは、2つの資格の顧客が同じであること。たとえば行政書士とコーピングであれば、どちらも会社経営者をターゲットにできます。もしこれが片方の資格が経営者、もう片方が主婦しかターゲットにできない資格であれば、相乗効果が発揮できません。


肥後克広

テレビ番組というのは、どんなに出演者がムチャをやっているように見えても、スタッフを含めたみんなでつくっていくもの。売れたから、人気があるからと勘違いしちゃいけないし、30代で改めて「オレがオレが」は間違いだなと思えたのは良かった。


中野幸治

和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。


岡田裕介(東映)

シネコンの運営はニーズに合わせて変わっていきます。今、すでに映画館ではなく、イベント会場になっています。映画だけでなく、コンサートや舞台中継など、とにかく映像ソフトを使った催しなら、何でも見られる時代になっています。


田中和彦

会社の業績や将来性にかかわらず、その場で全力を尽くした人だけが、本物のバイタリティや強さを身につけられる。困難に直面しても逃げずに頑張った事実は、どこへ行っても高く評価されます。


小倉昌男

部下に仕事を任せるのは非常に勇気のいることだ。安心して任せることのできる右腕的な部下がいればいいが、現実はそう甘くない。どの部下も頼りなく見えてしまい、つい自分ですべてをやってしまいたくなる人が大半だと思う。だが、それをやっていると、いつまでたっても部下は自分で考えるようにならない。気がつくと決められたことを黙々とこなすだけの人間ばかりが現場で働いていることになってしまう。


荘司雅彦

中間管理職は、ある意味孤独なポジションです。リーダーは自分一人で部下は複数という、いわば多勢に無勢。一歩間違うと統率に支障をきたすこともあるでしょう。上司の意向に留意するのはもちろん、部下への配慮も必須です。


原田隆史

目標を掲げても、「どうやって」の部分が明らかでなければ、前に進めません。「HOW」の部分を細かく書き出すことで、何をすべきかがわかります。すると一気にやる気が高まります。そして、日々の行動ひとつひとつが変化します。書くことは、目標を実践へと導く役割も果たすのです。


松本幸夫

「人には任せられない」という思い込みから仕事を抱え込んでしまって、それが残業につながっているという人もいます。私の研修でも、休憩のたびに会社に電話を入れる受講者の姿を見かけることがありますが、本当にそれほど頻繁に連絡が必要なのか、一度考えてみてもいいかもしれません。誰か一人が研修で会社にいなかったり、残業をしないで早く帰ったりしても、とくに支障はない場合のほうが多いのではないでしょうか。


伊東信一郎

厳しいビジネス環境のなかで、安全を守りながらどうやって成長していくのか。私は人、つまり社員が大きなカギを握っていると考えています。


箱田忠昭

人は話すことで心が癒やされます。相手から信用を得たい、相手の本音を引き出したいと思ったら、自分の発言は控え、聞き役に徹すること。その割合は20対80。


細谷英二

りそなのトップ就任当初から「普通の会社になろう」「サービス業としての自覚を持とう」と呼びかけてきました。お客様の目線に立って改革を実行しなければ再生できないと。そのためには「世の中のいいものを謙虚に学び、とり入れていこう」と繰り返してきました。


伊藤淳史

自分からこれをやりたいと主張しない分、難しい役、想像もつかない職業の役は、いい刺激になるんです。どう演じようかと考えを巡らせて、やりがいを感じます。


大島征夫

プレゼンでは小手先のテクニックを離れ、心からの誠意を伝えることも大事です。準備のための数か月は、その誠意を醸成するまでの期間だということもできるでしょう。私の場合は、まず依頼主である企業や商品をとことん好きになるところから始めます。「好きになる」ことで、その会社が発信すべきポイントや、解決すべき課題は何なのかが見えてきます。そのうえで宣伝の具体論を導き出していくのです。


蔵田理

新人ベルマンだったある日、VIPである一流企業の会長の荷物を持ってエレベーターで客室までご案内しようとしたときのこと。「なんだその荷物の積み方は!」といきなり怒鳴られました。会長は台車の上に積まれた3つの荷物のうち2番目が曲がっていることを指摘して怒り出したのです。曲がったといってもほんの数センチだったのですが、会長は私が新人ベルマンだとわかって「君はこのサービスで飯を食うんだろ?そんな中途半端な仕事をしてはいけないよ」とあえて厳しく叱り、プロとしての心構えを教えてくれたのでした。


ページの先頭へ