名言DB

9412 人 / 110637 名言

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言

twitter Facebook はてブ

ホルヘ・ルイス・ボルヘスのプロフィール

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言 一覧

人間の創り出した利器は、いずれも身体の延長である。顕微鏡は目の延長、電話は声の延長……。ところが書物はまったく性格を異にする。書物は記憶と想像力の延長なのだ。


ホルヘ・ルイス・ボルヘスの経歴・略歴

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

FROGMAN(CGクリエイター)

炎上を避ける手段として「怒ったら負けだ」という雰囲気を作っているというのもあります。例えば総統に「そんなこと言って大丈夫かい?」と心配させた後で、吉田くんに「○○さんは、こんなクソアニメにカッカするような器の小さい人間じゃありませんよ!」って言わせてしまう。そうやって先手を打てば、周りは何も言えなくなりますからね(笑)。


鍵山秀三郎

好都合と不都合とがあったとき、重要なのは好都合が正しく、不都合は正しくないと決めつけないことです。そもそも、本質的にどうあらねばならないのかという判断ができないから間違うのです。ときに不都合だけれども正しいことがあるものです。


和田裕美

まずは相手に興味を持つこと。たとえば、保険や不動産販売の営業マンは、ライフプランに関わるものを売るわけですから、当然、相手の個人情報の深いところまで関わるわけです。そのときも、相手の将来のために聞いているというスタンスが大事です。商売のために聞いていると思われてしまうと、相手もなんだか情報を盗まれているような気分になってしまいます。でも身体の調子が悪くて病院に行ったら、お医者さんは質問することに躊躇したりはしないはずです。なぜなら、情報を得ないと相手に合った診断やアドバイスができないからです。


田臥勇太

正解を作るというのは意識をしている。今回、日本に帰ってきたことも、自分で決めたうえでのことなので、そこに責任を持つ、持たないは自分の問題。決めた以上は、正解を作るために努力するのみ。


高田明(ジャパネットたかた)

お客様にわかりやすくメッセージを伝えるには、言葉以外の様々なノウハウも重要です。商品の展示の仕方、カメラのレンズは説明する人の目の位置にあるかといったことも意識するように言っています。


黒木渚

書けば書くほど面白くなってくるし、書けば書くほど悩むし、それはすごくスリリングで、楽しいこと。書くことと一緒に冒険したい。


南場智子

世の中や社会に貢献していきたい。新しいテクノロジーを用いて、いままで開かなかった扉を開くことで新しいデライト(驚きを伴う喜び)を届けていきたい。という理念がDeNAにはあります。そこで、もう一度、デライト中心の組織に組み直そうということで、どんな会議でどんな議題を付議する時も、まず最初に「どういうデライトのためにやるのか」を明確にさせることにしました。新規事業の提案でも、「いくら投資して、いくら稼ぎます」という数字の話ではなく、まず事業が世の中をどうデライトするのかを述べると。多少「書生」っぽいかもしれませんが、全てのコミュニケーションにおいてデライトを一番最初に持ってくる、ということを徹底しています。


遠山敦子

決めたら逃げずに断行。壁ができたら説得して突破していく。過去にとらわれていては未来の展望は開けません。


鎌田實

ホスピタリティ精神は、すべての職業につながるはずです。ホテルマンでも、ラーメン屋さんでも、保険のセールスレディーでも、ホスピタリティの心があるかないかで、仕事の中身は大きく変わる。だからこそ、一人でも多くの働いている方に、ホスピタリティの大切さに気づいてほしい。


長谷川健太

チームづくりにおいて最も大切な一面として、どれだけ選手と真摯に向き合えるか、という課題がある。


松橋良紀

どんな人も自分の重要感を高めてくれる人が好きなのです。簡単に言えば「自分の話をしっかり聞いてくれること」、そして「自分を否定せず受け入れてくれること」。


鑄方貞了(鋳方貞了)

経営とは、各々の経営者がみずからの感性や才覚、持てる資源によって織りなすオリジナルの行為であって、それ自体がいわば芸術作品のようなものなの。


松本晃(経営者)

世のため人のためになることは必要条件、儲けることは十分条件。


山本真司

会社員時代、部下には「山本さんとはもう仕事をしたくない」と言われ、上司には「史上最凶の上司だな」と評されていました。成果も最低で「部下ができないせいだ」と人のせいにしていた。そんな状況から変わったきっかけは、部下の異動。できないと思っていた部下が上司にかわったとたんに成果を上げ、表情もいきいきとしていた。ショックでした。駄目なのは僕だったと悟った。


丹羽宇一郎

人は誰しも私利私欲に走りやすい。しかし、皆が私利私欲に走ってしまっては国の未来も危ういものになる。