名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホルヘ・ルイス・ボルヘスのプロフィール

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言 一覧

人間の創り出した利器は、いずれも身体の延長である。顕微鏡は目の延長、電話は声の延長……。ところが書物はまったく性格を異にする。書物は記憶と想像力の延長なのだ。


ホルヘ・ルイス・ボルヘスの経歴・略歴

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

ジェフ・ベゾス

インターネットをコミュニケーションの道具以外に活用しようと思った。


山本ケイイチ

トレーニングを始める前に、私がクライアントにお願いするのは、まず「寝る時間を決める」こと。次に「起きる時間を決める」こと。最後に「食事の時間を決める」こと。これができてはじめて、トレーニングに移ることにしています。筋トレだけをしても生活環境が乱れていては健康を損なってしまう。意味がないんです。


木村惠司(木村恵司)

チームワークを大切にして総力戦で取り組まなければ、真の力は発揮できません。私はいわゆるワンマン社長というのがあまり好きではありません。トップダウンとボトムアップを上手く融合した意思決定のあり方が望ましいと考えています。


羽生善治

この先どうなるか、どう行動するかということは、そんなに深くは考えていません。ただ、そのときそのときの情勢に合わせていこうとは思っています。将棋のスタイルにしても、将棋界の情勢に合わせて変えていこうと思っています。とくに、いまからこうしようという考えはありません。


保坂隆(精神科医)

自分の周囲にいる人たちのうち、自分が何をしようと常に支持してくれる味方といえる人はだいたい3分の1程度しかいません。そして何をやっても批判してくる、いわば敵が3分の1。残り3分の1は状況に応じて敵にも味方にもなる、どちらでもない人たちです。大事にするのは3分の1の味方の関係だけで、どちらでもない人や敵のためにエネルギーを割いてつきあう必要はない、と考えましょう。


片瀬那奈

私はこの世界に入るまで、人前に出るのも写真を撮られるのも苦手でした。両親が入学式で写真を撮ろうとしてもイヤがるような子供だったんです。高1のときにスカウトされて、モデルの仕事を始めたんですが、そのころ、本当になりたかったのはヘアメイクさん。メイクされる側(モデル)を体験しておくことも、ヘアメイクの仕事に役立つだろう、と考えてカメラの前に立ち始めました。


山形明夫

当社は多くのステークホルダーに支えられて100周年を迎えることができました。このタイミングで社長業を任され、これまで先輩方が切り拓いてきた歴史を引き継ぎ、新たな100年を歩んでいくことへの大きな責任を感じます。


小坂敬

子供に対応力をつけさせるには「子離れする」ことが一番です。敢えて子どもを外に出して、目をつぶって「仕方がない」と諦める。それこそ、寄宿学校などに下宿させたり、ボーイスカウトに参加させて、野山で自然を相手に生活させてみることも良いと思います。とにかく、子どもが親の保護を離れて経験できる場が、今の子どもたちには必要なのではないでしょうか。


岡藤正広

今はもっと大きな変化が起きている。小手先じゃなくて思い切って足を突っ込んでいかないとあかんのです。今すぐ確実に儲かると思えなくても、勝負すべきところには目端が利く連中は攻めてきているわけだから。


松本晃(経営者)

受験勉強なんて、何の役にも立ちません。要するに記憶力とクイズでしょう。金太郎飴みたいな人間を作り出しているだけで、本当に頭を使う受験勉強なんてほとんどない。現場の仕事には何の役にも立ちません。


北尾吉孝

僕は算命学や易経も多少勉強していますから、自分の運気がどうなのかを見ることもあります。でも一番簡単なのは、パソコンに入っているトランプのゲーム、「ソリティア(クロンダイク)」です。毎朝、3回くらいソリティアをやって、今日は運が強いか弱いかを量ります。3回続けて上がった時は、今日は運気が強い。全然上がれなかった日は運気が弱いと。負け続けて、今日は何をやってもあかんな、という時はおとなしくしている。自分の運気を知る上で、ソリティアはいい方法だと思います。


ブランドン・片山・ヒル

観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。