ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言

ホルヘ・ルイス・ボルヘスのプロフィール

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの名言 一覧

人間の創り出した利器は、いずれも身体の延長である。顕微鏡は目の延長、電話は声の延長……。ところが書物はまったく性格を異にする。書物は記憶と想像力の延長なのだ。


ホルヘ・ルイス・ボルヘスの経歴・略歴

ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。アルゼンチンの作家、小説家、詩人。代表作に『伝奇集』『エル・アレフ』『砂の本』。ブエノスアイレス出身。20世紀後半のポストモダン文学に大きな影響を与えた。

ページの先頭へ