名言DB

9412 人 / 110637 名言

ホルスト・ダスラーの名言

twitter Facebook はてブ

ホルスト・ダスラーのプロフィール

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

ホルスト・ダスラーの名言 一覧

君はロッカールームに入ったのか? 選手の奥さんたちの名前を知っているのか? 一緒にランチをとったのか?
【覚え書き|「うちと契約しているアスリートが別の会社のシューズを使っていた」と嘆いた部下に対して言った言葉】


ホルスト・ダスラーの経歴・略歴

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

他の記事も読んでみる

ジェリー・ドリザス

私が日本法人社長になったとき、スタッフと一緒に考えたのは「基本に戻って考えなおそう」ということでした。


矢部浩之

一番大事なんは、収録中に出し切ること。


米山公啓

単純な運動よりも、複雑な運動のほうが、脳を活性化させるという報告もあります。複雑な動きのほうが、複雑な神経回路が必要になるので、神経細胞のネットワークが広がっていくことになります。


平賀敏

人を使うには清濁併せのまなければならない。


鈴木喬(経営者)

「実力以上の仕事」なんていまだかってないんです、精神的には。いつだって実力以下の仕事だと根拠なき確信を持っている(笑)。だけど現実とのギャップがあるわけで、やらせたら何もできない。それがわかっているから、あまり落ち込まないことにしている。


佐々木毅

メディアの関心がいま起きていることに向くのは仕方がないことだと思います。ただ、「時間軸」と私は呼んでいますが、これを長くとる、あるいは短くとることで差別化する動きがメディアごと、あるいは一つのメディアの中であっていいと思うんです。そうしなければインターネット上のニューメディアに既存メディアは全て持っていかれるかもしれません。視線を複合化して奥行き、懐の深さを持つことが、メディアの一つのあり方ではないかと思います。


午堂登紀雄

勝つことができるのは「大衆と逆を行く」人。


呉文精

どうやったら勝てるのかを真剣に考えていかないといけない。


大津司郎

本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。


樋口武男

大和団地の社長に就任した時、「リストラはするのか」とよく聞かれました。答えは「ノー」。その代わり、「厳しく働いてもらう」と答えた。リストラすれば身軽になるけれど、優秀な人ほど辞めてしまい、やる気のない人が会社に残ってしまう可能性がある。そうすれば、会社は本当にダメになります。「リストラはしない。この会社を再建しようと本気で取り組んでいるんだ」と宣言しました。だからこそ、厳しくする。それに耐えられない人は辞めていくしかない。結果、やる気のない社員が辞め、優秀な社員がたくさん入ってきた。それから、会社が変わってきたのです。


杉本勇次

当社の特徴は、人材の約8割が事業会社かコンサルティング会社出身という点です。通常、ファンドというと金融機関の投資銀行部門の出身者が8割ほどを占めますが、ベインは逆です。きめ細かく現場をサポートする点も強み。


新井正明

支社長とかになると勘違いするヤツが多い。現場の意見、部下の意見をしっかり聞かなければ駄目だ。耳に快くない言葉もいろいろ入ってくるけれど、それをちゃんと受け止めないと成長しない。


澤上篤人

「この相場をうまく捉えて」ばかりを意識し過ぎると、相場追い掛け型の短期張り投資家になってしまう。一度、相場追い掛け型の株式投資に染まると、株価が上値を追っているときしか買えなくなる。下げ相場や長期低迷相場では、手も足も出せない日本の一般的な投資家と同じになってしまう。


大川豊

政治や社会を語るコメンテーターをする芸人は増えたけど、俺の場合、彼らとはモチベーションが違います。なにせ政治は俺の「趣味」(笑)。趣味だからもうとことん楽しんで、しかも現場にも必ず足を運んでいますからね。もちろん自腹でね。


小林豊(小林製薬)

とにかく強制的に、社員にアイデアを出させることです。強制されるから仕方なく人に聞く、周りを見て探す、嫌々でも頭を絞ります。