名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ホルスト・ダスラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホルスト・ダスラーのプロフィール

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

ホルスト・ダスラーの名言 一覧

君はロッカールームに入ったのか? 選手の奥さんたちの名前を知っているのか? 一緒にランチをとったのか?
【覚え書き|「うちと契約しているアスリートが別の会社のシューズを使っていた」と嘆いた部下に対して言った言葉】


ホルスト・ダスラーの経歴・略歴

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

他の記事も読んでみる

三木雄信

私の失敗談をお話ししましょう。ソフトバンク時代、私はコールセンターを含めたオペレーションの責任者をしていました。コールセンターではお客様からの電話1コールにつき平均8分30秒の時間がかかっていました。時間が長いとコストがかかるし、お客様の満足度も下がります。そこで孫(正義)社長は「1分短縮しよう」と方針を示しました。私は各プロセスの責任者を集めて、「7分30秒にしなさい」と指示。その結果、2か月後に現場から達成できたと報告がありました。しかし、これが大失敗。時間は短くなったのに、逆にお客様満足度が下がったのです。驚いて調べてみると、現場のオペレーターは1分短縮するために早口で話すようになり、中には7分30秒で強引に電話を切ってしまうケースもありました。これではお客様が不満を抱くのも当たり前です。このようなことが起きたのは、私や現場責任者などの中間管理職が、現場のオペレーターに目標数字を丸投げしたからでした。上から数字が降ってくると、現場はとにかくその数字を追いかけざるを得ません。そのため本来の目的から外れたやり方で対応してしまったわけです。これは間違った数字の使い方です。


池谷裕二

富士山をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、高くて美しい山は、一点の噴火口から噴き上げることでできています。そして、高い山は必ず裾野が広い。一点の能力を高めることで、その周辺の能力も付随して上がることを、専門用語で「学習能力の転移」と呼びます。


千田琢哉

できるだけスピードをつけて、さまざまな経験をして挫折するほど、自分に向いた仕事のやり方が見つかります。


黒川光博

味だけではこんなに長く続きません。人を大切にしてきたという歴史がある。


保木将夫

インドネシア工場で、日本人の管理職を減らし、取締役を現地の人に任せたことが生産性の向上につながりました。日本から1人赴任すると給料以外に毎月100万円かかるんです。しばらくは赤字が続くとの見通しだったのをもう一度見直させたら、4か月でトントンになって、以降はずっと黒字です。1年で累積赤字を返済しました。タダでつくっちゃったようなものです。その後、本社を縮小し、自動化できるところは自動化して、直間比率(直接費、間接費の比率)9:1を徹底しました。


ギャビン・ロビンソン

どんな業種でも人的資源こそ成功の礎。人的資源への投資、なかでも健康への投資を重視し、社員の価値を最大限に生かすよう努めています。


ティモシー・フェリス

既成概念を打ち破ることは恐怖感を伴うが、一度でも克服するとすごい自信になる。


廣瀬光雄

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは社員に疑念を持たせないように、全ての情報を公開しています。ですから、社長や役員の給料も全て発表していますし、その根拠となる評価の説明も株主への報告書に全て書かれています。ですから、評価も非常に厳しいものがあります。


石渡美奈

商品に愛情を持ち、その魅力をきちんと伝えていく。そうしてもう一度自分の足元を、しっかり見つめ直してみる。そうした地道な毎日の積み重ねからしか、良い結果は生まれません。


平井一夫

ハード、ソフトという言葉尻の議論は意味がありません。ソニーのアーティストが感動を与えたい、エンジニアが商品で感動を与えたいという思いは変わりません。わかりやすい例がプレイステーションです。ハードとソフトがひとつの会社の下で一緒になって初めてビジネスが成り立っています。ソニーグループもハードとソフトがあって初めて感動を届ける会社になれるはずです。


角川歴彦

紙で仕事をしてきた人間をネットの仕事をするようにするのは、文化が違うから大変なんです。それをエコシステムと言って、組織の体制を変えることで、腕力で変えていこうとしているわけです。


坂本孝

起業家というのは、人・金・情報をうまく活用するだけではなく、猪突猛進で進む特性が少なからずある。だからこそ人材がどんどん育つ。