ホルスト・ダスラーの名言

ホルスト・ダスラーのプロフィール

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

ホルスト・ダスラーの名言 一覧

君はロッカールームに入ったのか? 選手の奥さんたちの名前を知っているのか? 一緒にランチをとったのか?
【覚え書き|「うちと契約しているアスリートが別の会社のシューズを使っていた」と嘆いた部下に対して言った言葉】


ホルスト・ダスラーの経歴・略歴

ホルスト・ダスラー。ドイツ人経営者。スポーツ用品メーカー「アディダス」社長。アディダス創業者アドルフ・ダスラーの息子。父から経営を引き継ぎ、同社を売上高世界一のスポーツ用品メーカーに育て上げた。

他の記事も読んでみる


井深大

私はこれまでいろいろなモノをこしらえて商売にしてきたが、たいてい軍とか役所とか放送局のもので与えられた仕様書によってつくったモノばかりだった。それで何か大衆に直結した商品をかねがねやってみたいと思っていた。大衆は製品の厳しい審判官であり、正しい評価をするものだと信じていたので、大衆商品は一番やりがいがあるような気がしていた。
【覚書き|テープレコーダー開発に取り組んだ当時を振り返っての発言】


田中仁(経営者)

環境の変化によって刺激を受けるのは良いものです。人間は刺激がないとダメだと思います。


イビチャ・オシム

ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか? 要は準備が足らないのです。


似鳥昭雄

おかげさまで今は会社の評判が良くて、学生の人気就職ランキングでも流通業界でもトップクラスですから、むしろ採用面では嬉しい悩みが続いています。ロマンやビジョンを明確にして、それをきちんと実行に移してきたことが、皆さんに評価されているのだと思います。また、昔はお店も地方の郊外ばかりで都心部にはないんですか、と聞かれたりしましたけど、最近は都心部にも出店しているので、知名度が出てきたということもあるでしょうね。ですから、世の中が人手不足と言いますが、当社に人手不足は当てはまりません。


村山大

「お客様のために」と積み重ねた行動が、大きな成果となって、必ず返ってくる。


林文子

ほんの一瞬のことであっても、人の印象とは人生の積み重ねからにじみ出るものです。いわば、その人の立ち居振る舞いです。それを感じ良くするには、若い頃から積極的に語りかける習慣を身につけておくことが大切です。


小山昇

入社して10年間くらい、役職でいえば課長職くらいまでは、いろいろやらせてみる。部長になったら、もうどんなことができるかわかっていますから適材適所です。


ページの先頭へ