名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ホセ・ムヒカの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホセ・ムヒカのプロフィール

ホセ・ムヒカ(ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ)。「ウルグアイ」大統領。ウルグアイ首都モンテビデオの貧困家庭に生まれる。極左都市ゲリラ組織ツパマロスに加入。逮捕され軍事政権が終わるまで13年近く収監される。出所後、左派政治団体を設立して政治家になる。農牧水産相などを経て大統領に就任。質素な暮らしぶりから「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれた。

ホセ・ムヒカの名言 一覧

私たちは、発展するために生まれてきたわけではない。幸せになるために、この地球にやってきたのだ。


本当のリーダーとは、多くの事柄を成し遂げる人ではなく、自分をはるかに超えるような人財を残す人だ。


自分の資本を増やすための行動は馬鹿げていて悲惨なことだ。このような行動を止めるには、若者が戦わないといけない。
【覚え書き|パナマ文書についてのコメント】


自分のしたいことが出来るかどうかが本来の自由だ。自分にとって何が良いのか考えて欲しい。これからの世界をより良くする意志を持とうではないか。


一番大きな貧困は孤独であり、物質的なものではない。人生を他人と共有することが大事で、家族や考え方を同じくする人を大切にして欲しい。


ホセ・ムヒカの経歴・略歴

ホセ・ムヒカ(ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ)。「ウルグアイ」大統領。ウルグアイ首都モンテビデオの貧困家庭に生まれる。極左都市ゲリラ組織ツパマロスに加入。逮捕され軍事政権が終わるまで13年近く収監される。出所後、左派政治団体を設立して政治家になる。農牧水産相などを経て大統領に就任。質素な暮らしぶりから「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

すぐに結果を生まないにせよ、人間性を涵養(かんよう)する読書もまた、非常に有意義です。松下幸之助は、成功したければ「人間観」を持て、と語っています。人が何に喜び悲しみ、何を欲するのか――、本は「人間」を理解する入り口でもあるのです。


坂本孝

ブックオフが成功した理由は、本に対する目利きがモノをいう従来の古本屋ビジネスではなく、「本がきれいか、きれいでないか」というブックオフ独自の価値基準を作り、新たな中古本市場を創出したことです。


岡崎慎司

ヘディングのコツは思い切って飛び込むこと。すると、相手も足を引きますから。ディフェンスとフォワードの勝負では、思い切り体を張った方が勝つ。


千林紀子

通販事業では顧客を増やすために、消費者個人に向けたトータルソリューションを提案できる体制をつくる必要があるでしょう。たとえば、当社の主力商品であるサプリメント「アレルケア」を購入している顧客は免疫力などに関心が高い傾向があります。このような個人の健康上の関心に合った商品を薦める考えで、グループが持つ幅広い商品ラインアップを生かせます。


上島竜兵

後輩に抜かれたことに対してカリカリして仕事がうまくいかなかったら、もったいないじゃないですか。仕事があるうちは幸福なんだ、ぐらいの気持ちになって、出世して偉くなるのがカッコいいという考えは、この際、捨てる。実際、上にいった人は大変ですから。忙しくなるし、プレッシャーはあるし、悪い結果が出たら全部責任負わされるし。下にいるほうが気楽なんです。


羽生善治

人は追い込まれないと深く考えないし、そういうプレッシャーの中でしか真の実力は養えません。曖昧で答えのわからない状態というのは誰にとってもつらいものですが、私はそういう局面こそ強くなるチャンスだと常に考えるようにしています。


西山昭彦

上司の中には部下を叱ることには慣れていても、面と向かって褒めることは気恥ずかしいと思っている人もいます。しかし、いまの時代の部下は、口に出して言わなければ通じないと考えたほうがよいでしょう。部下が「これは頑張った」と思っているところを見つけて褒めるのです。見当違いの褒め言葉は反発を招くだけですが、核心を突いた褒め言葉は部下のやる気を高めるでしょう。


安藤忠雄

いま、私が自信をもってものを言えるのも、若いうちに死に物狂いで勉強したからです。日本の若い人を見ていると、この死に物狂いで勉強するという経験が、どうも足りないような気がしてなりません。


カール・ルイス

大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。もし自分のレースをすることができれば勝てるんだ。エネルギーを集中させろ。焦点を合わせろ。


荒井寿光

知的財産戦略推進事務局の人に私が伝えたのは「全部、相手の手柄にしろ」ということです。成果をこちらの手柄にすると、相手は嫌がります。向こうの手柄にすれば、知財が計画の真ん中に位置付けられるようになります。知財は特許庁の問題だと思いがちですが、各省にまたがる極めて幅の広いテーマだと痛感しました。


太田肇

社内で何らかの文章を作成したり、新しいアイデアを考案したり、新製品を開発したりした人については、きちんと名前を出していくことが大切である。名前を出してもらうことで、やはりその人は承認の欲求を満たすことができる。やる気が高まり、仕事の質も高まる。名前を出してもらえると思ったら、アイデアを「出し惜しみ」することもなくなる。個人も会社も喜ぶという意味で、「名前を出す」のは非常に効果が高いのである。


渡邉美樹

選挙期間中に「渡邉美樹はブラック企業だ」と書いたチラシを何十万枚と駅前で配られたんですよ。僕が新宿の駅に行ったときは、空気が全部、僕の敵。これは本当に怖いというか、プロパガンダの力というのはすごいなと。