名言DB

9412 人 / 110637 名言

ホセイン・ヤサイの名言

twitter Facebook はてブ

ホセイン・ヤサイのプロフィール

ホセイン・ヤサイ。イギリスの経営者。英系エレクトロニクスメーカー「イマジネーションテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学で博士号を取得。インモス社、STマイクロエレクトロニクスなどを経てイマジネーションテクノロジーズに入社。CTO(最高技術責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。

ホセイン・ヤサイの名言 一覧

お客様の成長なくして当社の成長なし。


当社のお客様であるシステム・メーカーも半導体ベンダーも、必要としているのはシステムとしてのソリューションです。単体のテクノロジーだけでは市場が求める本来の問題を解決できません。


業界全体が大きな移り変わりの時を迎えていると感じています。ポジティブな変化とネガティブな変化の両方が混在している状態が今のエレクトロニクス業界の特徴といえるでしょう。


ホセイン・ヤサイの経歴・略歴

ホセイン・ヤサイ。イギリスの経営者。英系エレクトロニクスメーカー「イマジネーションテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学で博士号を取得。インモス社、STマイクロエレクトロニクスなどを経てイマジネーションテクノロジーズに入社。CTO(最高技術責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

福岡伸一

今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、「自由であれ」と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです。


ジャン=ジャック・ルソー

世界で一番有能な先生によってよりも、分別ある平凡な父親によってこそ、子どもは立派に教育される。


テリー伊藤

お互いに補い合えることは大事。そういう結婚生活を持続させるためには、「夫婦だからいいだろう」って油断しないことも重要。むしろ、夫婦だからこそ、相手に尊敬される男でいないとダメ。体型や身なりに気を遣うことだってそう。「うちのお父さん、昔は良かったのに……」じゃ悲しいわけ。夫婦である前に、いい男、いい女でいないと。とらえ方ひとつで、結婚は自分磨きを続けることのできる最高の自己投資になる。


根本郁芳

アメリカの一○○ドル札には、特殊な波長の光を当てると色を発する、偽造防止のための印刷がされていますが、あれにはうちの蛍光体が使われています。ある光の波長に合わせて作ったその蛍光体は、偽造防止のためのものだからよそには売っちゃいけない。苦労して開発をしてもよそに使えないから困っちゃうけど、これも大企業では採算が合わないからやらない仕事です。年間でも量の少ない仕事ですが、それをうちがやれば、会社の存在価値が上がるでしょう?すると、スイスやイギリスやドイツやアメリカで、紙幣や切手(スタンプを押しやすくするために、特定の波長を当てると光る加工がなされている)などの印刷を担っている世界的な会社と仕事をできるわけです。


向笠千恵子

料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


小杉俊哉

成長し続けるには原動力が要ります。原動力を持つためには、自分の将来像について明確なビジョンを持ち、そこへ向かう強い意志を持つこと。


浜田昭八

選手にとっては、自分を使ってくれる監督は名監督。世間が名将、知将と持ち上げても、自分をベンチに置いておく監督は、悪い上司だ。


加藤照和

経営者感覚を持つ社員を育てるには、40代前後で小さな会社の責任者を経験するのが一番だと思います。つまり、自分が最終の意思決定者であり、自分の後ろにはもう誰もいないという状況に置かれることです。


安井元康

受験で高得点を取る能力と、仕事でいい成果を上げる能力は別です。受験では記憶力や、言われたことを正確にこなす力が得意な人が評価されます。しかし、仕事では、創意工夫や正解のない課題に粘り強く取り組む力が求められるんです。


早川種三

企業の倒産を招く原因の多くは、経営者の怠慢です。利己的な経営や放漫経営が会社のタガを緩め、社員の勤労意欲をなくさせているケースが多いのです。上から下まで自己主張にばかり明け暮れているから倒産するのです。みんなが自我を捨て、滅私の努力をすることによって会社あるいは社会が成り立っているのであり、ひいてはそれが自分のためになるのです。


ジョン・ウェルス

パイロットを訓練するとき、いきなりボーイング747に乗せて滑走路を走らせたりはしません。パイロットに必要なのは、まずシミュレーターを使って何度も模擬訓練をすることです。


児玉康孝

コインランドリービジネスに目をつけた理由は、単に言ってしまえば、これから需要が伸びる産業だと考えたからです。例えば住宅は、少子化に伴い確実に需要が減っていく産業です。実際、すでに空き家が大きな社会問題になっているくらいですから、これから需要が伸びると考える人はまずいないでしょう。ではコインランドリーはどうかと言えば、15年前まで利用率はわずか3%程度しかありませんでした。たったそれだけかと思われるかもしれませんが、それでも事業が成り立ってきました。そして花粉症やアレルギーなどに悩む人が増えるにつれ、少しずつはありますが利用率は全国的に上昇しています。他の業界と比べると、よほど将来性のビジネスだと感じました。


川村隆

当社は年間1000人の若い社員を最長3ヶ月海外経験をさせるプログラムを行っています。「日立のような規模の会社だから1000人も出せるんだ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。でもそうではない。大事なことは人数や規模ではなく、「会社は本気だ」と思わせることなのです。世界にいろんな人がいて、彼らと一緒に仕事していくのだな、という覚悟を出させるために出しているのです。


澤村諭

「品質を第一とする」という企業目的を掲げるロームは、一般的な半導体メーカーとは違い、開発から製造までを一貫してグループ内で手掛ける「垂直統合型」のビジネスを展開しています。これは創業以来、大切に守り続けてきた「品質を何よりも優先する」という当社のマインドの象徴でもあります。あらゆる工程で高い品質を作りこみ、確実なトレーサビリティの実現やサプライチェーンの最適化を図ることにより、製品としての貢献だけでなく、ものづくりを通じた安心の提供もできると考えています。


古俣大介

「成功とは成功するまでやり続けること。失敗とは成功するまでやり続けないこと」。事業には浮き沈みがあるもの。「いける」と思った商品が数か月経っても伸びなかったり、新サービスのリリース後も反応がなかったり、沈む時期が長いと落ち込むことがありました。そんな時、松下幸之助さんのこの言葉に出会い、願っている成功を追い続けていれば成功できると思えるようになりました。そして、この言葉通り、事業を成長させることができました。この経験を通じ、言葉の意味を実感できたことが、今の自分の支えにもなっています。