名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ホセイン・ヤサイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホセイン・ヤサイのプロフィール

ホセイン・ヤサイ。イギリスの経営者。英系エレクトロニクスメーカー「イマジネーションテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学で博士号を取得。インモス社、STマイクロエレクトロニクスなどを経てイマジネーションテクノロジーズに入社。CTO(最高技術責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。

ホセイン・ヤサイの名言 一覧

お客様の成長なくして当社の成長なし。


当社のお客様であるシステム・メーカーも半導体ベンダーも、必要としているのはシステムとしてのソリューションです。単体のテクノロジーだけでは市場が求める本来の問題を解決できません。


業界全体が大きな移り変わりの時を迎えていると感じています。ポジティブな変化とネガティブな変化の両方が混在している状態が今のエレクトロニクス業界の特徴といえるでしょう。


ホセイン・ヤサイの経歴・略歴

ホセイン・ヤサイ。イギリスの経営者。英系エレクトロニクスメーカー「イマジネーションテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学で博士号を取得。インモス社、STマイクロエレクトロニクスなどを経てイマジネーションテクノロジーズに入社。CTO(最高技術責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

福武總一郎

このタイミングで原田(泳幸)氏を社長に招いたのは、このまま放置しておけば取り返しのつかないことになると思ったからだ。会社に体力があるうちに、グループ全体を立て直したい。それができるギリギリのタイミングだった。


泉谷直木

相手と話が盛り上がらないのは、相手の土俵に乗って話していないことが最大の原因である。事前にしっかり準備をし、こちらの姿勢を低くして、目線を合わせ話していけば必ず相手はいろんなことを教えてくれる。


長浜洋二

僕は、副業の流れがあってこそ独立できた。ゴールを描き、段階的にニーズを確認することは、その決断を確かなものにしてくれると思います。


宗次徳二

現場主義は何年経っても変わりません。「宗次ホール」を経営するいまも、暑かろうが寒かろうが、木枯らしが吹こうが、自分に微熱があろうが睡眠不足だろうが、開場10分前にはホールの外に立ってお客様をお待ちします。名古屋にいるときはお客様のお出迎えとお見送りは毎日です。それを11年間続けています。


沙村広明

小学生のときから、将来の夢を書けと言われて、マンガ家以外に浮かんだことがなかった。大学生になってもそう思っていて、作家に大事だとされる、根拠のない自信だけはありましたね(笑)。


佐藤天彦

将棋は少しいい手を指しても、それで勝てるわけではありません。反対に少し悪い手を指しても、その後に最善を尽くせばそれ以上は悪くならないし、相手が間違える可能性もたくさん残っています。今が多少よくても悪くても、その後の自分のやり方次第と考えておいたほうがいい。


吉田たかよし

間の取り方は訓練や学習によって上手くなる。自転車に乗れなかった人が練習して乗れるようになるのと、原理は一緒。間が悪くて何度も失敗すると、「このパターンは駄目だ」と脳が学習し、次はこうすればいいと解決策がわかると自然と間の取り方が上手くなる。


田原祐子

電気クッキングヒーターを毎日、声をからしてPRしても、お客様たちは商品の前を素通りしていきました。しかし、あるとき、実演を見ていたお客様の、「これ、火力が強くてお湯がパッと沸くのね!」「ゴトクがなくて、さっと一拭きでお手入れが簡単でいいわ!」という言葉から、それまで気づかなかった商品の強みを見出し、これを前面に押し出すようになってからは、デモンストレーションでも人垣ができるほどになりました。


小久保光八

70年間培ってきた当社の技術や知識を活かすためにも、新しい仕事を自分たちで作り上げていく努力が必要です。印刷産業が停滞していることは事実ですし、お客さんも昔のようにどんどん仕事を発注してくれるような時代ではありませんから。


井川幸広

一人一人の力は弱いかもしれませんが、チームを組めば、パワーアップしていける。


星野佳路

周囲からとやかく言われるたびにやり方を変えるよりも、自らを信じて同じ戦略を続けた方が、長い目で見た時に「ブレない人」という信頼も得られる。「自分を信じ、負けず嫌いになる」。ビジネスの世界で、大事なことだと思います。


熊谷正寿

モノの見方が非常に大切です。私たちの仕事を、「ドメインを売っている」「サーバーを売っている」と感じるのか、「インターネットの情報を増やし、世の中を便利にしている」と感じるのかで、働く際の意識は随分変わってくるでしょう。要はモノの捉え方なのです。幹部全員が仕事の本質的な内容をきちんと理解できるように説明しています。