名言DB

9419 人 / 110788 名言

ホイップ坊やの名言

twitter Facebook はてブ

ホイップ坊やのプロフィール

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

ホイップ坊やの名言 一覧

ハードコア弁当という言葉を、広辞苑に載るくらいまで世の中に浸透させたいですね。この本(『ハードコア弁当』)をノリで買ってくれる、遊び心のある人たちの力が頼りです。この本を読むと弁当作りへの気負いが減るはず。掲載写真の武骨さ、茶色さも感じてほしいです(笑)。


たまにウケ狙いの弁当を作ったりもするんですけど、そういうのはSNSで不評だったりして。何がなんだかわからないです(笑)。


ハードコア弁当は意外にも女性から評判です。キャラ弁やデコ弁を作るのに疲れた方たちから、「勇気づけられた」と言われました(笑)。そうかと思うと、たまにですけど「私もひとりのときは家でこんな感じです」なんて声も。とはいえやっぱり「毎日こんな弁当を食ってるヤツがいるのか」ってことで、笑ってもらえてるんでしょうね。ただ僕は、いまだに自分の弁当が不自然だと思ってないんです。朝晩も、タッパーが茶碗に変わるだけで常にハードコアです。


去年のお正月に、「俺はきょうもバイトだ」って、やるせない気持ちをツイートした際、ご飯とおかずだけの自分の弁当写真を載せたら、「その弁当ひどいね」って仲間うちで話題になって。面白がってもらえるならってことで、毎日弁当写真をあげるようになったんです。こういうのって、スボラ飯とか貧乏飯とか言われがちですけど、毎日公開していくからにはポジティブなイメージにしたくて、ハードコア弁当という攻めた名前を付けました。その後も写真をあげていたら、秋頃に突如バズリまして。それが今回の出版につながりました。


ホイップ坊やの経歴・略歴

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

他の記事も読んでみる

小松易

調査でも業績が上がっている会社の方が、部門長の机がきれいであることがわかった。管理職は自分が整理整頓できていないことが、職場に大きなダメージを与えていることを認識すべきだ。


山内英嗣

怒りで力が入りすぎて身体が固まるのに対して、不安や落ち込んでいる状態の時は力が湧いてこないので、体が動きにくくなります。そんな状態に陥った時は、体の可動域を広げるストレッチをすると、力がみなぎってきます。そうするには、両手をダランと下げて脱力し、体を左右に捻って手をぶらぶらさせる「ダラダラ体操」がうってつけ。ヒクソン・グレイシーもやっていた運動ですね。全身脱力し、口も開けっぱなしのお馬鹿な顔で、無心になってやるのがコツ。


江上剛

大蔵省と喧嘩したこともありました。第一勧業銀行本店の業務開発部という部署で、株価連動定期預金という商品を考えたときのことです。いまでいう投資信託みたいなもので、間違いなくお客のためになるものでした。それに対して大蔵省は「銀行は証券みたいなことをやっちゃいかん」と怒りました。それでもお客様のためだと思ったから、これは定期預金だと言い張って実現させました。


千本倖生

第二電電(のちのKDDI)立ち上げのとき、稲盛(和夫)さんにはしかられっぱなしでした。「電電公社の考え方を捨てろ」と何度も怒鳴られながら経営者の思考を学びました。


出口治明

ある分野で飛び抜けた実績を収めている人は、「好きなことはとことんやる人間」だと考えられる。そういう人を採用して、あとは長所を徹底的に伸ばせばいい。長所とは、言い換えれば尖っている部分。


南部靖之

パソナ本社に飾られている絵は、すべて障害者の方々が、自由に描いたものです。何も知らず、会社を訪問する方々の中には、「絵を譲ってほしい」と言う人もいます。障害者の人が、何事にも一心不乱に集中して作業し、人並み外れた才能を発揮するように、天は違う才能を与えています。才能を引き出すため、福祉施設に隔離するのではなく、企業としても何か、自主的な仕組みを構築するべきです。


佐藤龍馬

以前、国際機関で働いていたときに私が感じたのは、日本人には過信があるのではないかということです。簡単に言えば、中国や米国と比べて何かに取り組む姿勢に熱意が劣ると感じました。


高原豪久

変革には抵抗がつきものだが、なるべく抵抗が小さいうちに対処しないと、時間的にもエネルギー的にもロスが生じる。抵抗の拡大を防ぐには、周到に準備をすることが一番だ。「居合は鞘の内にあり」と言うではないか。


中田誠司

社長に就任してすぐにリテール(個人向け)営業体制の改革に着手しました。それまでは本社が毎月販売すべき商品と目標を決めて支店に伝えていましたが、どの商品をいくら販売するかは各支店に決めてもらうというプロセスに変えたのです。収支などについては支店に目標を課しますが、どう達成するかは自律的に判断してもらう。それまでと正反対のやり方です。本部からすると、以前のやり方のほうが管理しやすかったのは事実です。このようなパラダイムシフトを伴う改革は、トップが決断して責任を引き受けるという覚悟がなくてはできません。急な経済環境の変化に現場が柔軟に対応することができるようになり、顧客ニーズに合った提案がしやすくなったと手応えを感じています。


二宮尊徳(二宮金次郎)

一万石の米は一粒ずつ積んだもの。1万町歩の田は一鍬ずつの積んだもの。万里の道は一歩ずつ積み重ねたもの。高い築山(つきやま)も、もっこ一杯ずつの土を積んだものなのだだから小事を努めて怠らなければ、大事は必ず成就する。