名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ホイップ坊やの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ホイップ坊やのプロフィール

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

ホイップ坊やの名言 一覧

ハードコア弁当という言葉を、広辞苑に載るくらいまで世の中に浸透させたいですね。この本(『ハードコア弁当』)をノリで買ってくれる、遊び心のある人たちの力が頼りです。この本を読むと弁当作りへの気負いが減るはず。掲載写真の武骨さ、茶色さも感じてほしいです(笑)。


たまにウケ狙いの弁当を作ったりもするんですけど、そういうのはSNSで不評だったりして。何がなんだかわからないです(笑)。


ハードコア弁当は意外にも女性から評判です。キャラ弁やデコ弁を作るのに疲れた方たちから、「勇気づけられた」と言われました(笑)。そうかと思うと、たまにですけど「私もひとりのときは家でこんな感じです」なんて声も。とはいえやっぱり「毎日こんな弁当を食ってるヤツがいるのか」ってことで、笑ってもらえてるんでしょうね。ただ僕は、いまだに自分の弁当が不自然だと思ってないんです。朝晩も、タッパーが茶碗に変わるだけで常にハードコアです。


去年のお正月に、「俺はきょうもバイトだ」って、やるせない気持ちをツイートした際、ご飯とおかずだけの自分の弁当写真を載せたら、「その弁当ひどいね」って仲間うちで話題になって。面白がってもらえるならってことで、毎日弁当写真をあげるようになったんです。こういうのって、スボラ飯とか貧乏飯とか言われがちですけど、毎日公開していくからにはポジティブなイメージにしたくて、ハードコア弁当という攻めた名前を付けました。その後も写真をあげていたら、秋頃に突如バズリまして。それが今回の出版につながりました。


ホイップ坊やの経歴・略歴

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

他の記事も読んでみる

虚淵玄

『沙耶(さや)の唄』は、自分なりに結構キツい話を書いたなって感覚があったんですよ。デバッグしながら「イヤな話だなあ」ってしみじみ思ったんだけど(笑)。でも、いざ蓋を開けたら「沙耶かわいいよ沙耶」と言われて、むしろお客さんの懐の広さに負けましたね。ドン引きするだろ、というラインも越えて、萌えていただけた。いまだに海外のコンベンションに行くと、サイン会に『沙耶の唄』のパッケージを持ってくる人いますからね(笑)。お客さんは侮れないなと、あらためて思わされた作品です。


和田裕美

私は、自分が感情的になっているなと思ったときは、書いてもすぐには送りません。メールなら、ひと晩「下書き」のフォルダに保存して、翌日、冷静な頭でもう一度読み返す。それで、「このあいだの件は、いったいどうなっているんですか」と書いていたら、表現をソフトに改めたり、「私も誤解していた点がありました。失礼いたしました」と書き加えたりします。メールは送信ボタンを押してしまったら最後、手紙は投函してしまったら最後、後戻りはできません。だからこそ、慎重さが求められるのです。


村上太一

「アイデア」と「徹底」という言葉は、ビジネスの現場ではどこか相反する響きがあります。あるいは「挑戦」と「継続」といった2つの言葉でもいいでしょう。こうした相反する要素を両方持っている人、さらには相矛盾する要素を同時に自分の中に取り込んでいける人が、「あたりまえ(いまはそうでなくても将来あたりまえになる商品・サービス)」をつくり出していく。


粟田貴也

危機に関しては、予測はまったくできていませんでしたから、危機に直面して初めて打開策を考えてきました。それでも切り抜けてこられたのは、柔軟な発想で次々にトライ&エラーを繰り返してきたからです。これがダメなら次はこれだ、と次々に試していくマインドはもっていますから。


森岡毅

よく、「どうしてやることなすこと全部当たるんですか?」と言われますが、負けそうな戦は避けて、勝てる戦だけを見つけているからです。「どう闘うか」より「どこで闘うか」です。


枡野俊明

物事は「原因」と「縁」が結びついて結果につながる。日頃から努力を続けているからこそ結びつく。


中内功

時代の流れから言って、かつてのような需要過剰、売り手市場の時代は二度と来ないと思います。景気は今、デフレ局面にあると言われていますが、これからは供給過剰、買い手市場が常態になる。そのような中で企業が存続していくには、買い手市場を前提とした新しいシステムを構築して、徹底的に消費者の理論に立って経営を推し進めていく以外にはありません。


野田憲史

僕の目標は「皆社長になれ」。各事業のリーダーには好きなようにやっていいと任せています。


後藤昇(経営者)

価値を生み出すプロセスが重要です。常にお客様に最も近いところに立ち、お客様の求めるニーズをお客様の心でとらえ、最高の技術力とサービスで期待以上の価値を提供し続けなければなりません。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


伊藤羊一

右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。


星野佳路

人間の成長には、成功体験が最も糧になると思います。それは個人だけでなく、チームにも言えることです。これまで多くの施設の再生を請け負ってきましたがうちょっとした成功体験がきっかけとなって、チームが良い方向へ変わっていく瞬間を何度も経験してきました。