ホイップ坊やの名言

ホイップ坊やのプロフィール

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

ホイップ坊やの名言 一覧

ハードコア弁当という言葉を、広辞苑に載るくらいまで世の中に浸透させたいですね。この本(『ハードコア弁当』)をノリで買ってくれる、遊び心のある人たちの力が頼りです。この本を読むと弁当作りへの気負いが減るはず。掲載写真の武骨さ、茶色さも感じてほしいです(笑)。


たまにウケ狙いの弁当を作ったりもするんですけど、そういうのはSNSで不評だったりして。何がなんだかわからないです(笑)。


ハードコア弁当は意外にも女性から評判です。キャラ弁やデコ弁を作るのに疲れた方たちから、「勇気づけられた」と言われました(笑)。そうかと思うと、たまにですけど「私もひとりのときは家でこんな感じです」なんて声も。とはいえやっぱり「毎日こんな弁当を食ってるヤツがいるのか」ってことで、笑ってもらえてるんでしょうね。ただ僕は、いまだに自分の弁当が不自然だと思ってないんです。朝晩も、タッパーが茶碗に変わるだけで常にハードコアです。


去年のお正月に、「俺はきょうもバイトだ」って、やるせない気持ちをツイートした際、ご飯とおかずだけの自分の弁当写真を載せたら、「その弁当ひどいね」って仲間うちで話題になって。面白がってもらえるならってことで、毎日弁当写真をあげるようになったんです。こういうのって、スボラ飯とか貧乏飯とか言われがちですけど、毎日公開していくからにはポジティブなイメージにしたくて、ハードコア弁当という攻めた名前を付けました。その後も写真をあげていたら、秋頃に突如バズリまして。それが今回の出版につながりました。


ホイップ坊やの経歴・略歴

ホイップ坊や。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。ワタナベコメディスクール(WCS)卒業後、ピン芸人として活動。宣伝会議賞協賛企業賞(リクルート住まいカンパニー)受賞。著書に『ハードコア弁当』。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

企業犯罪が増えてきた背景には、経営者としての人格と資質を正しく備えた人が少なくなったことがあるのではないでしょうか。本来、部下がモラルに外れた仕事をした場合に、断固として是正しなければならないのが経営者です。間違った見識がどんな不測の事態につながるのか、その怖さを察知し、予測して判断するのが役目なのです。


西村英俊

社長はあらゆるリスク、危険を頭に入れ、次に起こる場面を想定しながら、いま何が一番危険な因子なのか、四六時中見張り続けなければなりません。財務的に弱いところはどこか、金融市場の変調に耐えうるのか、いまあるビジネスモデルが誰かにとってかわられないか、会社のエースに次ぐ第二第三の柱は育っているか、当社のビジネスモデルはグローバル市場で十分に闘えるか、気まぐれなマーケットは変化していないか、技術の陳腐化は当社のビジネスモデルを否定しないか、当社は社会的に有用か、違法性が出る部署はどこか、いまは違法ではなくとも社会的な指弾を受ける恐れはないか、会社内の不届きな人間が会社の評価を傷つけるようなことをしていないか。


平木明敏

当社を含め、日本の製造業は長年のリストラで「縮小均衡」の癖がついています。この流れを断ち切りたい。もちろん先行投資には勇気が要ります。でも、製品に確かな競争力があれば恐れる必要はありません。


平松守彦

焼酎なんて赤坂に営業所を持つようになったし、クルマエビの会社も日本一になりました。小さな地域でも熱心に取り組めば、「ローカルにしてグローバル」になるんです。


植田統

人間、時間がないと思えば決断を先延ばししなくなる。即断即決しなければ仕事が回らない状況を作ることが大切。


河野貴輝

10年前に経営理念と行動指針を策定しました。これらを毎週月曜日に全国の支店とテレビ会議中継でつなぎ、唱和して、何かあったらここに立ち戻るようにしています。


槍田松瑩

危機に見舞われると、社員も経営に対して不信感を持つ。直接話すことで乗り越えなくてはならない。


細谷功

プレッシャーというのは、「失敗したらどうしよう」という心理とほぼ同一です。ですから、上位目的が明確で、「今回のプレゼンが失敗しても、また別の手段があるさ」と考えられる人は、大事な場面でもそれほどプレッシャーを感じないでしょう。


工藤公康

人間は衰える。どんなに衰えたくないと思っても必ず衰える。けれど、自分の衰えを安易に受け入れるのではなく、衰えと戦うべき。徹底的に抗うべき。戦うのをやめた時点で、それが限界になってしまう。


山極寿一(山極壽一)

今の日本の若者は、世界に対する気概が欠けていると感じます。挑戦心が足りないと言い換えてもいい。しかし、世界では今、産業革命や明治維新の時のように、パラダイムの変換が起きようとしています。そうした大変革を目前にした時代にありながら、世界に向かって「自分たちの力で世界を変えてやるんだ!」という気概を持たせることができないようでは、学問の府とは言えないと思っています。若者には、もっと挑戦意識を持ってもらわなくてはなりません。


小沼大地

もともと教師になりたかったのですが、少しは就活しようと思って、部活のOBに会いました。大企業のサラリーマンから学校の先生まで様々な先輩に会いましたが、話が一番面白いと思ったのが青年海外協力隊の方でした。会社の人は「うちの会社は~」、先生も「うちの学校は~」と所属している組織を主語にして説明してくれましたが、青年海外協力隊の人は「俺はスリランカでこんな体験をした」と自分を主語にして話してくれた。僕が将来教師になったとき、こんなふうに一人称で話せたらいいなと思って、青年海外協力隊に入りました。


福本伸行

「かえってよかった」という考え方が大事だと思う。バカボンのパパの「これでいいのだ」に近い。会社が傾いたり、失恋してもさ。気落ちせず「転職のチャンスだ」とか「自由に遊べるぞ!」とか、「かえってそのほうが良かった」と思える人間は強い。自然と運も向いてくる気がする。俺もアシスタントをクビになって「これで漫画家になれる!」と思って、貧乏生活ながら描き続けて3年目、24歳でちばてつや賞をとって漫画だけで生活できるようになった。そこで間違って再就職したり、大学なんて入っていたりしたら、いまはない。


津田倫男

社内抗争に敗れた人が敗北を引きずったまま第二の人生を送るケースがあります。こういう人は自分を負かした人への憎さから、なんとか見返してやろうという発想ですべてを回そうとします。別の会社に転職しても、前の会社の動向が気になってしょうがなく、下手をすると妙なちょっかいを出したりします。そんなことをしても何のプラスにもなりません。まずネガティブな感情を捨て去ることです。


熊谷正寿

夢をムリヤリ作ってはいけません。まず、小さなことでいいから、自然な気持ちで「やりたい」と感じることを日々、書き続ける。その中から本当の夢が見えてきます。


為末大

僕は早くから陸上に打ち込んできたから、知らないことを恥ずかしいとは思わない。


ページの先頭へ