名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ペール・ジレンハマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ペール・ジレンハマーのプロフィール

ペール・G・ジレンハマー。スウェーデン生まれの経営者。自動車メーカーのボルボ会長兼CEO。ルンド大学を卒業後、訴訟事務弁護士と海事裁判所弁護士を経験。その後、保険会社を経てボルボで経営者となる。ルノーとの合併失敗の責任を取って辞任するまで10年間トップとしてボルボの舵を取った。

ペール・ジレンハマーの名言 一覧

有意義な仕事をしているという自覚のある労働者が作る製品は、必然的に高品質なものとなる。


ペール・ジレンハマーの経歴・略歴

ペール・G・ジレンハマー。スウェーデン生まれの経営者。自動車メーカーのボルボ会長兼CEO。ルンド大学を卒業後、訴訟事務弁護士と海事裁判所弁護士を経験。その後、保険会社を経てボルボで経営者となる。ルノーとの合併失敗の責任を取って辞任するまで10年間トップとしてボルボの舵を取った。

他の記事も読んでみる

椎名武雄

ある企業で社長が社内システムをガラリと変えたいと決断して、我が社に仕事をくれたところがあるんです。なぜそんな決断をしたか、その社長に聞いたんですが、そうしたら感心したようにこうおっしゃった。「おたくの若い営業マンが来たから、からかってやるつもりで聞いたんだ。『こういうことができるか』と。その男はその場で自分では即答できなかったけど、『電話を貸してください』と言う。電話して数分経ったら、『わかりました。やらせていただきます』とにっこり笑うんだ。誰に電話したと聞くと、北城ですとあっさり答えた。『北城って、社長の北城さんか』と確かめたら、『ええそうです。北城がOKと言ったので大丈夫ですよ』と平然と答えた。本当に驚いたよ」


出口治明

日本経済の未来についてあえて言えば構造改革に尽きます。まず、生産性を上げること。


泉谷直木

雑談にはメリットがある。それは、「雑談的に伝える」ことができるということだ。社長室に呼びつけて指示、命令を伝えるのと、こちらから相談する、あるいは相手の相談を受けるような形で伝えるのでは、結果として指示、命令に近い形になったとしても相手の受け止め方は違ってくるだろう。雑談なら「そうは言いますが……」と相手も意見を言いやすい。しっかり考えている人と雑談していると、よい意味でだんだん議論に発展していく。「それ、おもしろいな」「もう少し突っ込んでみよう」とプラスの話に発展していくのだ。それが新しい企画につながっていくこともある。


水野雅義

つい最近ですが、営業部門の管理職が研究スタッフと意見交換をしたあと、一緒に酒を飲むということがありました。それは、採用担当の若手の発案で実現したものです。これまでも全社員が集まったり、責任者同士で交流したりということはあったものの、本当に一社員の立場で集まる機会は確かになかった。その席では、ざっくばらんに話ができ、意見交換ができたそうです。営業にも研究にも非常に有意義なはずですし、新しい発想やアイデアも出るでしょうから、今後はそんな機会をもっと増やしていきたいと思っています。


菅原勇一郎

他部署の仕事を経験すると、仕事は周囲との協力があってこそ成り立つものだと気付く。すると、周囲とより良い関係を築こうとし、仕事のレベルアップにもつながっていく。


深田晶恵

「100万円貯まるのにかかる時間」を計算してみることをお勧めします。毎月5万円積み立てていくと、それだけで貯蓄額は年間60万円になる。年2回のボーナスからそれぞれ20万円ずつ貯蓄に回せれば、1年間で100万円の貯蓄が達成できるわけだ。積み立てが月1万円、ボーナスごとに10万円貯めるとすると、100万円貯まるのに3年ちょっとかかる計算になる。このように「100万円」を基準に考えてみると、「このペースでは遅すぎるからもう少し積立額を増やそう」などと、貯蓄計画を客観的に見直すことができる。


金澤悦子

はっきりした目的のある交流会なら、「参加してよかった」となる確率が高い。自分が興味あることについて楽しんだりする会は、仮に出会いがゼロだったとしても、当初の目的を達成できて時間のムダにはならない。実際のところ、読書会、ワインの会、マラソン同好会など、趣味を通じたつきあいのほうが転職や仕事の話につながることが多いようだ。おそらく仕事を離れ、重い鎧を脱いだ素の状態でつきあうので、人間性がよくわかるのだろう。


吉松徹郎

ユーザーから「これこそまさに自分が欲しいものだ」と思われるような選択肢を提供できる会社が強くなる。


高松孝年

安定飛行に入った今後はさらなる次のステップを見据えて市場を拡大させたい。より多くを供給することで値段を下げ、より多くの方の手が届くような商品展開をできるようにする。


BNF(ジェイコム男)

株投資で特別なことは何もしていません。日経新聞はパラパラと目を通す程度で、とらなくてもいいと思っているほどだし、投資関係の雑誌もまったく読みません。会社四季報の情報やニュースをインターネットで見るくらいですね。


深川真

父から受け継いだ会社ですが、父とは性格も何もかも違う。同じようなやり方で経営することはできないと思いました。じゃあどうすればいいのかと考えて稲盛和夫さんの「盛和塾」に入ることにしました。経営者としての基礎を一生懸命学んで、愚直に実行していきました。


隅田浩

日本では、ネット投資家などを見ると投資より投機の比重が高く、賭博のイメージが強い。もっと企業業績や景気動向を踏まえて投資する人が増えてもいい。投機自体は市場の流動性を高めるので悪くない。ただ、ネットの掲示板などを見ると、思わぬ損失を被った時に他人や市場のせいにするなど投機のリスクに無自覚な個人投資家もいる。リスクを踏まえて参加すべきだ。