名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ペール・ジレンハマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ペール・ジレンハマーのプロフィール

ペール・G・ジレンハマー。スウェーデン生まれの経営者。自動車メーカーのボルボ会長兼CEO。ルンド大学を卒業後、訴訟事務弁護士と海事裁判所弁護士を経験。その後、保険会社を経てボルボで経営者となる。ルノーとの合併失敗の責任を取って辞任するまで10年間トップとしてボルボの舵を取った。

ペール・ジレンハマーの名言 一覧

有意義な仕事をしているという自覚のある労働者が作る製品は、必然的に高品質なものとなる。


ペール・ジレンハマーの経歴・略歴

ペール・G・ジレンハマー。スウェーデン生まれの経営者。自動車メーカーのボルボ会長兼CEO。ルンド大学を卒業後、訴訟事務弁護士と海事裁判所弁護士を経験。その後、保険会社を経てボルボで経営者となる。ルノーとの合併失敗の責任を取って辞任するまで10年間トップとしてボルボの舵を取った。

他の記事も読んでみる

椎木里佳

いい子過ぎることが心配な面もあります。例えば、才能のある人が起業したいと思っても、親に止められると心配をかけたくないからと思いとどまってしまう。親世代の若い頃にはない仕事も多いので、「そんな仕事で暮らせるのか?」と挑戦を止める親に従う子も増えるかもしれません。その点では、日本をより良い国にするためにも、親世代には息子・娘の世代をある意味で「放置」してほしいですね。


川村隆

社長に就任した最初の1年は、時間との勝負でした。だから、社長である私と副社長5人の、計6人で物事を決めることにした。しかしこれは、決定がスピーディーに下される半面、危険なことでもあります。あまりにトップダウンすぎるからです。でもその時は、仕方がないと思い実行した。


伊集院静

人間は、生きれば生きるほど失うものが多い。もしかすると、生まれた時点から失うべく生きていくのかもしれない。私たちは、人生が悲しみで満たされているということを学ぶべきなのだろう。しかし、人はその悲しさを和らげるために、家族や仲間をつくる。


山崎敦彦

とくに社員同士のコミュニケーションを重視しています。そこで、年に2回のグローバルマーケティングミーティングを開催し、世界各地から集まった社員がチーム力を付ける場として活用していま式高度な通信環境がある今でも、やはりフェイス・トゥ・フェイスで一堂に会し、同じ空気を吸いながら考えることが大切なのです。


福留大士(経営者)

日本には変えてはならないものと、変えなければならないものがある。変えてはならないものがあるからこそ、我々は変わらなければならない。


マギー司郎

他の誰かと自分を比べる必要もないし、賢く立ち回って競争に勝つ必要もないんじゃないかな。世の中、完璧な人がいるように見えるけど、じつはそのときすごいだけだから。いつ失敗するかわからない。結局、ダメな人も、スゴイ人もいないのがホントだなって思うの。


茂木健一郎

今日という日は、二度と帰ってこない。だからこそ、日々の足元を見直すことが、幸せにつながる。


樫尾俊雄

かつてエジソンは「天才は99%の汗と1%のひらめき」と言いましたが、私の場合はさしずめ「発明は1%のひらめきと、49%の努力、50%の天運」となるでしょう。その天運の最たるものが、兄と二人の弟の存在です。3人に支えてもらったおかげで、私は文字通り、研究開発に生涯をかけることができました。


伊坂幸太郎

いまの僕には、直に伝わる温かみのある反応が一番のモチベーションになるので。この前も5歳になる息子が、仙台の本屋で僕の本に気づいて、どこでどういう判断をしたのかわからないのですが、「ふーん、けっこう売れてるんだね」と言っていたとか(笑)。お父さんは一応、書く仕事をしているというイメージはできているみたいで。僕としては、子供がもう少し大きくなるまでは頑張っていたいなと、切に思います。でも、妻は「すごい父親ってのは鬱陶しいだけだから、思春期の時は落ちぶれているぐらいがちょうどいいと思うよ」って(笑)。「お父さん、こう見えて、昔は作家だったのよ」「ウソだ」と言う中学生の息子の前に、本を引っ張り出してきて「ほら」みたいな。そんな妻のビジョンを裏切っていきたいですね(笑)。


水野雄介

子供たちに社会や仕事のことを教えられない先生にはなりたくなかった。子供たちにそれらを教えるには、まず自分が経験したほうがいい。そう考えて3年間だけ就職することにしました。


町田勝彦

環境がビジネスとして成功するためには「省エネ」と、エネルギーを生み出す「創エネ」ががっちりと手を組まなければならない。つまり、消費されるエネルギーを抑制しながら、一方で積極的にエネルギーを作るのだ。最先端技術で社会に貢献することは、シャープに課せられた使命である。それと同時に、シャープを未来へと導く理念でもあるのだ。


吉田松陰

士(立派な人)が重んじるのは人徳であって、才能ではない。実際の行動であり、学問ではない。