名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ペレの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ペレのプロフィール

ペレ(本名エドソン・アランテス・ナシメント)。ブラジル生まれのプロサッカー選手。史上最高のサッカープレーヤーと称される選手。16歳でプロデビューし、W杯でブラジルチームの3つの優勝に貢献した。所属チームはサントス。引退後、ブラジル・スポーツ省長官なども務めた。

ペレの名言 一覧

私にとって背番号10というのは特別な意味を持っている。
【覚書き:ブラジル代表チームのキャプテンナンバー背番号10番について語った言葉。】


ペレの経歴・略歴

ペレ(本名エドソン・アランテス・ナシメント)。ブラジル生まれのプロサッカー選手。史上最高のサッカープレーヤーと称される選手。16歳でプロデビューし、W杯でブラジルチームの3つの優勝に貢献した。所属チームはサントス。引退後、ブラジル・スポーツ省長官なども務めた。

他の記事も読んでみる

ラリー・ペイジ

業界全体が訴訟に傾いているのは悲しむべき事態です。優れた製品開発にではなく、弁護士などに巨額の費用が使われてしまっている。こうした訴訟に手を出すのは、ライフサイクルの終わりに近い落ち目企業や、ありのままの姿で競争する能力に自信がない企業です。


室伏広治

タイミング、動きの柔軟性、全身のバランス感覚を要するものや、力の出し方で言えば、徐々に力を出したり、一瞬にして力を出し切ったり、逆に身体をできる限り動かさずに物体を動かす方法であったり、できるだけ多くの感覚を磨くことを意識しています。


窪田健一(経営者)

競合はおかあさんです。おかあさんの手作りの味。大戸屋は家庭食の代行という事でやっていますから。一人暮らしのお子さんがいる親御さんが「大戸屋が近くにあって安心」とおっしゃって下さるのはうれしいですね。それと美味しいお店も競合です。


山本真司

人脈を構築できる人の条件は、「人から『会おう』と思ってもらえる人」であること。人脈を作るなら、会ってもらう価値=「実力」が不可欠。


荻原健司

メダル稚得が厳しくても、やっぱりあきらめたくない。前に進みたい。そんなふうに改めて自分の気持ちに正直になった時、「人の期待に応えるのはもうやめた。僕のことは放っておいてほしい。自分のためにやらせてもらう」と決めました。誰のためでもなく、自分のために競技をすれば、一時は嫌いになったスキーを、もう一度好きになれるとも思った。


吉沢悠

結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。


ジェフ・ベゾス

M&A(企業の合併・買収)は今後も続けていきます。いままでは社員、顧客体験、技術の3つの要素がとくに優れている企業を買収してきました。


織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


松井道夫

私の場合、苦しんだもののひとつは人間関係でした。人を使っにしても、「どうして分かってくれないんだよ」というありふれたことから悩み始めるわけです。でも、そういうことを通して、かなりの時間をかけて、人を使うということがどれだけ傲慢で不遜なものであるかが分かりました。私自身は、たぶん人をうまく使うことは未来永劫できないと思っていますが、自分なりに苦しむと、そこから何か考えが出てくる。苦しんだ上で自分が納得したのならそれでいいか、と思う。


手代木功

私が直接教師となる「社長塾」という研修を始めました。来年、私は還暦を迎えますが、63歳ぐらいまでに100人近くの経営幹部候補を育てたいと考えています。対象は次の本部長の候補者となる10人前後。私が指名するとバイアスがかかるので、現任の各本部長に推薦してもらう仕組みを取っています。社長塾は月1回、年間7~8回、非公開で行います。あらかじめ課題を出し、各自が考えてきた内容を発表してもらいます。全社最適で論理的に考えているかどうかはもちろん、プレゼンテーションの構成や話し方の癖などについても厳しく指導します。1回につき約4~5時間、罵声を浴びせるので泣き出す社員もいるほどですが、「私が優しくなったら見放されたと思え」とも言っています。


磯崎功典

私が心がけているのは、イージーコースとハードコースがあれば、必ずハードコースを選ぶこと。自らを苦しめて、自分を鍛えるという任に堪える人であってほしい。


小山昇

勉強した中で一番やさしいことを実行するとすぐに結果が出る。いい格好をしたい人間は、大きな結果を狙って難しいことをやりたがります。でも、そうは問屋が卸しません。小さなことで結果を出したほうが、早いし簡単です。簡単なことで結果を出す人と、難しいことで結果を出せない人と、どちらが評価されるかといえば、前者に決まっています。