ペレの名言

ペレのプロフィール

ペレ(本名エドソン・アランテス・ナシメント)。ブラジル生まれのプロサッカー選手。史上最高のサッカープレーヤーと称される選手。16歳でプロデビューし、W杯でブラジルチームの3つの優勝に貢献した。所属チームはサントス。引退後、ブラジル・スポーツ省長官なども務めた。

ペレの名言 一覧

私にとって背番号10というのは特別な意味を持っている。
【覚書き:ブラジル代表チームのキャプテンナンバー背番号10番について語った言葉。】


ペレの経歴・略歴

ペレ(本名エドソン・アランテス・ナシメント)。ブラジル生まれのプロサッカー選手。史上最高のサッカープレーヤーと称される選手。16歳でプロデビューし、W杯でブラジルチームの3つの優勝に貢献した。所属チームはサントス。引退後、ブラジル・スポーツ省長官なども務めた。

他の記事も読んでみる

宮内誠

リーマンショック直後のタイミングでのスタートは「機会」という言葉に尽きます。確かに状況は最悪でしたが、「これ以上、悪くはならない」と前向きにとらえようとしていました。それしか、自分たちを奮い立たせる言葉がありませんでした。


津田大介

日本は既存のものを守ろうとするので、ラディカルには変わらない。たとえばアメリカにおいて、CDの販売は、ずっと販売店経由でした。でも、デジタルの時代になって一気にCDが消えて、音楽をネット経由のデータで買うようになった。一方、日本はCDの流通の仕組みを守りながらデジタル時代に対応しようとする。だから、CDの売上は落ちているものの、減り方が緩やかで、ここ数年、アメリカを抜いてCDの売上が世界一位になっちゃった。おそらく新聞も同じです。宅配する販売店を守りながらやろうとしているので、緩やかにしか電子化していかないと思います。


西田弘次

人間は誰しも承認欲求を持っています。子供が親に認めてもらいたがるように、部下も上司に認めてもらいたいのです。


河原春郎

ケンウッドでは、まだ市場が成長していた携帯電話事業から撤退し、家庭用オーディオ事業も縮小。カーナビなど車載エレクトロニクスや無線といったものに力を注ぎました。いずれも成長するためでした。携帯電話事業は当たれば、売り上げと利益が大きく伸びますが、うまくいかないと損失も大きい。一方、車載や無線などは、伸びがなさそうに見えても力を集中すれば、安定的な収益を上げられる。一見すると、縮小均衡のように映るかもしれませんが、実際は成長を目指す改革なのです。赤字を垂れ流していたテレビ事業を大幅縮小したビクターとの統合後の改革も同じです。


長谷川滋利

意外に思えるかもしれませんが、反論する際に相手の気持ちを慮って言葉を選ぶ傾向は、日本人よりアメリカ人の方が強い。


アルフレッド・アドラー

悩みをゼロにするには、宇宙でたった一人きりになるしかない。


八木洋介

13年間、日本GEで戦略的な人事のあり方を深く考えた。GEの経営目標は明確。だからこそ、人事も目標実現のために行動できる。


伊藤友則

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


茂木健一郎

僕はアインシュタインが大好きなんですが、彼は5歳過ぎまでほとんど喋れなかったそうですね。学校生活にもなじめず、大人になっても奇行が多かった。現代なら完全に困った奴ですが、でも実はそんな面があったからこそ、強烈な創造性を発揮できたのではとも思うんです。


三木雄信

かつての日本なら、決算書重視の経営でも問題ありませんでした。時代の変化が少なく、整備された一本道を運転するようなものだったからです。しかし、今は変化が急です。道は複雑で、いきなり人が飛び出してくることもあります。そうした時代に1年単位でハンドルを切るのでは遅すぎる。少なくても3か月単位で方向を見直していく必要があります。


深田和範

本流から外れた小さな部門は上司の数も少なく、自由に動け、力も発揮しやすいはずです。たしかに、成果をあげる環境としては厳しいかもしれませんが、そこで実績を示すことができれば、会社に対する強いアピールとなり、出世競争で後れを挽回するチャンスになることだってあります。


津坂純

自分なりの仮説を立てたら、とにかく実行する。バットを振るんです。10回振って3回当たれば、3割打者です。1回も振らなければゼロです。得点できません。


石黒浩

人間が人間である条件は、「技術を使う」ということです。人間と技術は切り離せません。技術によって生活は便利になりますが、技術を積み上げながら「人間とは何か」を深掘りしていくのが、技術の存在する本来の意味だと私は考えています。


沼澤拓也

成績が急に上がらなくても、手書きのハガキを出し続けることが重要です。ハガキは書いたからといって急に効果が出るものではありません。ですが、続ければ確実に何かが変わります。その何かをつかむまで続けることが、何より大切なことなのです。


丸山茂樹(プロゴルファー)

練習に明け暮れ、小中高大と友達と遊んだ覚えがないし、電話番号も知らない。努力したことだけは胸を張れるし、44ストロークの大差で初試合を優勝したことで、「努力すれば負けない」という自信を得ました。その勘違いにも近い自信が僕を練習場に向かわせ、小学校から大学までのアマチュアの全タイトルを獲得することができた。


ページの先頭へ