ペギー・バラードの名言

ペギー・バラードのプロフィール

ペギー・バラード。アメリカの経営者。教師からスタートし大企業の副社長になった女性経営者。著書に『将来花咲くあなたに今伝えておきたいこれだけのこと』ほか。

ペギー・バラードの名言 一覧

最高のものを心に思い描きなさい。


ペギー・バラードの経歴・略歴

ペギー・バラード。アメリカの経営者。教師からスタートし大企業の副社長になった女性経営者。著書に『将来花咲くあなたに今伝えておきたいこれだけのこと』ほか。

他の記事も読んでみる

五百田達成

男を動かすには肩書きと権力が一番です。ある男子に、「君は受付係のリーダーだ。しっかり責任を持ってくれ」と依頼しました。その時の彼の表情は、いまだに忘れられません。みるみる「働く男の顔」になっていき、周囲にキビキビと指示を出して働き始めたのです。このように、男をリーダーに任命するのは効果的なだけでなく、実に簡単です。


鮎川義介

人間は反発心が大切である。神様はよくしたもので、貧乏人がいつまでも貧乏でないのはこの反発心があるからだ。また金持ちがいつまでも金持ちであり得ないのはなに不自由のない生活が反発心を失わすのである。その点で、世の親というものは、子供の教育を考えなければならない。


池田弘(経営者)

私は存在するか否かがわからない神を祀るお宮を継ぐかどうかですごく悩みました。私が出した結論は、神主として生涯をかけて考え続けてみようということでした。


土光敏夫

自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。


黒田ちはる(ファイナンシャルプランナー)

がんになったら身体の治療と同時に生活設計の見直しを行っていくことが必要です。それが長期の治療生活を無理なく過ごせることにつながります。


細谷英二

百の権謀術数も、たったひとつの誠実な心には敵いません。


武田國男

会社が伸びていくためには、自分よりも絶対に能力が高い人に後任を託さなければなりません。私の場合、誰がやっても能力は私より上だから、その点は気が楽でした。


野口敏(話し方)

上司の立場にある人なら、部下に自分の仕事の進め方に問題点がないか聞いてみたらいいと思います。普段部下が上司のやり方に問題点を感じていたとしても、よほどのことがなければ言い出しにくいものです。しかし、上司自身がネガティブな情報を積極的に聞く姿勢を示せば、部下の本音を聞き出すことができます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「○歳までに○千万円の投資用マンションを買う」など具体的目標を持てば、グッと貯まりやすくなります。それにはまず「人生で何がしたいか」をきちんと問い直すことが大切。


加島禎二(加島禎二)

改革の中心的役割を果たすべきは、部長クラスの管理職。この部を変えたいと本気で思う部長が不文律解消に取り組むのが一番の近道だ。反対に部長が「うちの会社は女性活用なんてできないんだよ」などと不文律を肯定したり、改革に白けた態度を取っていては何も変わらない。


松田譲

人は短所ばかりに目が行きますが、ひとつくらいは長所があるものです。その長所を活用するよう良いところだけを見ていくと、結局、個性ある人を尊重することになります。


山田昇(ヤマダ電機)

会社が大きくなるには、人が大事です。企業が利益を安定的に上げていくためには、人材教育が大事です。これからも当社が発展していくためには人材教育は欠かせません。社員一人ひとりが成長する場をつくり、会社を発展させていきたいと考えています。


竹中平蔵

面白いことに政治のリーダーはある日、突然、降ってくるんです。つまり、資質も大切なのですが、それ以上に舞台によってつくられるんです。最近の大宰相といえば、小泉さんと中曽根さんの名前があがりますが、お二人が総理になられたとき、あれだけの名総理になるとは誰もが予想しませんでした。中曽根さんは「風見鶏」、小泉さんは「変人」ですから、むしろ批判され玩具にされていました。そういう意味では、リーダーになる人を予測するのは難しいといえます。


新井直之(執事)

もし、あなたが資産のほとんどを銀行預金や株、ファンドで持たれているのなら、そのうちの3分の1でも防衛資産としてお金持ちが重視する現物(土地、金、プラチナなど)へと替えてみてはいかがでしょうか。「まさか」の事態は、起きてみてから慌てても対処できないからこそ、「まさか」なのです。


徳岡晃一郎

これまで、多くの日本企業は、すでに存在するルールに合わせてモノづくりをしたり、ビジネスを進めていくのが一般的でした。しかし、そうした対応では、グローバル市場では後手に回ってしまいます。欧米企業は、ルールづくりの段階から、自社に有利になるような働きかけ(ロビー活動)を積極的に行っているからです。日本企業も、自社が製品・サービスを売りやすい環境を確保するために、ルールづくりの段階から関与していく必要があります。


ページの先頭へ