名言DB

9412 人 / 110637 名言

ベーブ・ルースの名言

twitter Facebook はてブ

ベーブ・ルースのプロフィール

ベーブ・ルース。アメリカのプロ野球選手。長い期間ホームラン王として君臨する。数多くの記録を残し、米国野球殿堂入り。伝説のベースボール・プレーヤーとなる。ヤンキースでベーブ・ルースが付けていた背番号3は永久欠番になっている。

ベーブ・ルースの名言 一覧

どうやったらホームランを打てるか。できる限り強くバットを振り、ボールを振りぬこうとする。バットを強く握れば握るほどボールを振りぬくことができるし、ボールも遠くに飛ぶ。私は自分の持っているすべてをかけてバットを振る。大きく打つか大きく外すか二つに一つだ。私はできる限り大きく生きたいから。


ベーブ・ルースの経歴・略歴

ベーブ・ルース。アメリカのプロ野球選手。長い期間ホームラン王として君臨する。数多くの記録を残し、米国野球殿堂入り。伝説のベースボール・プレーヤーとなる。ヤンキースでベーブ・ルースが付けていた背番号3は永久欠番になっている。

他の記事も読んでみる

柴田励司

モデルとする人の長所を、言葉に落とし込むことが大切です。ひと言でいえるぐらいでなければ、その人の長所を自分に取り込むことなどできません。


林雄司

最近は伝えづらいことほどメールで伝える人が多いですが、それでは数字や文字以上のことが伝えられません。でも直接会えば、数字や文字にできないことを伝え合うことができます。たとえそこで仕事を受けてもらえなかったとしても、会って話すことで意外なアイデアが出てきて、逆に仕事的に大きなプラスになったりします。


津谷正明

当社では社外取締役もあえて主力事業であるタイヤとは分野の異なる方々や、外国人の方々を迎え入れています。すると、経営にかかわる事項を説明しても「いま言われたことがわかりません」「それはどういう意味ですか」といった質問が相次ぎます。普段はタイヤ業界の内輪でものごとが進められていますから、自分たちのロジックや言葉で簡単に通じます。しかし、一歩外に出ればまったく伝わらない。内向きのロジックに閉じこもってしまっては、社外取締役はもちろん、お客様の声を聞きのがしてしまう可能性があるのです。


原孝(経営者)

「ご縁があって、おかげさまで、いたみいります」。この言葉は、社長就任時に経営の大先輩から頂戴したこの言葉です。これは商いの三原則ともいえるもので、会社も個人も人というのは全てが周りの人との「ご縁」でここまで来ている。そして、上に立った時こそ周囲の方々に対して「お陰様」という気持ちを忘れず、そういうことに感謝して「いたみいれ」。これを肝に銘じよと言われました。


魚谷雅彦

新卒のとき、大阪の営業現場に配属され、社内制度で留学したかった私は理想と現実の違いに大きな挫折感を味わった。そのときある方から「一年間、本気で仕事をしてみろ」とアドバイスされ、発奮して全力で仕事に取り組んだ。すると成績も上がり、仕事が面白くなった。本社もそれを評価して念願の留学につながった。この原体験を忘れず、資生堂でも社員全員が同じ目標に向かって、情熱をもってわくわく働ける「戦う集団」をつくりたい。


川村隆

結局、日本企業の多くは村落共同体なんだよ。村落共同体は村長がみんなの意見を聞いて、真ん中を落としどころにする。先人が築いた事業だから様子を見ようとか、畳むにしても一部にとどめようとかする。


中井貴一

皆に好かれようとムリしても、さほど好きになってもらえないもの(笑)。いい割合で人の意見を聴きながら、自分らしく生きるのが一番だと、この年になるとわかってきますね。


喜多恒雄

日経にはひとつのテーマをチームで追いかけるという特徴があります。ある企業がテーマになったとき、直接担当する産業部の記者だけではなく、メインバンクを担当する経済部経済部の記者、株式を担当する証券部の記者など、複数の記者が多面的に取材します。一部の記者が特ダネを集めるのではなく、取材、分析、報道を部署を横断したチームで手掛けるのが強みです。


酒巻久

主体的に、一人称でものを考えて初めて、自分で目標を立て、そこに至る手段を考えることができる。


江上治

顧客志向が表面的なものだと、絶対にお客様に見抜かれてしまう。本気の顧客思考でなく、どこか「自分が稼ぎたい、自分が儲かりたい」という気持ちがあれば、それは必ず相手に伝わる。思考が言葉となって出てくる。ほとんどの営業マンは、この部類である。だから稼げないのだ。


松本晃(経営者)

ビジネスはできる限り高く、かつ達成可能な目標を立て、達成するという約束を株主をはじめとするステークホルダーと結び、その約束に徹底的にこだわって努力し、結果に対して責任を取る覚悟が必要。


野村克則

ただ頑張るだけでなく、何か楽しみや目標があると、更に力を発揮できると思います。僕とオヤジ(野村克也)にとっては「ほしいと思った洋服をためらいなく買うこと」が共通の楽しみですね(笑)。


島田和幸(経営者)

ホールディングス制を解消し、一つの会社に戻しました。ホールディングスは事業ごとに主体性をもって戦略的に推進していく意味ではよかったのですが、それぞれの会社に重複した組織ができ、事業会社ごとの考えが違ってくるといったことが起こり始めていました。それではお客様に不都合が出てしまいます。また、研究開発から商品企画といったものづくりから販売まで一気通貫で担う当社の強みも若干弱くなっていた。加えて、グループとしての一体感も薄れるといった問題点もあったものですから、株式会社ファンケルに一本化していくことが良いだろうということになったのです。


メンタリストDaiGo

いまやっているメインの仕事のひとつが書籍、著作です。いま、累計で130万部ぐらい出てますけど、趣味みたいなもんです。とにかく本を読むのがなにより好きですから、読んだことを頭に定着させるために書いているような感じです。本を書いて食べていこうとかいうのは全くない。


石田宏樹

重要な情報を得たければ「giveの5乗」が不可欠。相手にとって有益なことを5回して、初めて重要な情報を1つもらえる。