名言DB

9412 人 / 110637 名言

ベーブ・ルースの名言

twitter Facebook はてブ

ベーブ・ルースのプロフィール

ベーブ・ルース。アメリカのプロ野球選手。長い期間ホームラン王として君臨する。数多くの記録を残し、米国野球殿堂入り。伝説のベースボール・プレーヤーとなる。ヤンキースでベーブ・ルースが付けていた背番号3は永久欠番になっている。

ベーブ・ルースの名言 一覧

どうやったらホームランを打てるか。できる限り強くバットを振り、ボールを振りぬこうとする。バットを強く握れば握るほどボールを振りぬくことができるし、ボールも遠くに飛ぶ。私は自分の持っているすべてをかけてバットを振る。大きく打つか大きく外すか二つに一つだ。私はできる限り大きく生きたいから。


ベーブ・ルースの経歴・略歴

ベーブ・ルース。アメリカのプロ野球選手。長い期間ホームラン王として君臨する。数多くの記録を残し、米国野球殿堂入り。伝説のベースボール・プレーヤーとなる。ヤンキースでベーブ・ルースが付けていた背番号3は永久欠番になっている。

他の記事も読んでみる

鈴木陽介(写真家)

お金を使うときは、思いっきり使います。とくに目的がなくても常に貯金はしておき、いざチャンスという時に使うイメージです。貯めてはゼロになり、貯めてはゼロになりの繰り返しです。ゼロになってもマイナスにならなければOK。


美月あきこ

初対面は相手のことがわからないので、私のように図々しい人間でもやはり緊張します(笑)。といっても、緊張しているのは相手も同じです。だから正直に「緊張しますよね」と言ってしまうのがいいと思います。すると相手も「そうですねえ」と打ち解けてくれて、互いの緊張が解けますから。


スティーブン・コヴィー

自分自身にとって何が本当に大切なのかがわかっていて、そのイメージを常に頭の中に植え付け、毎日そのもっとも大切な事柄を優先する形で自己管理をすれば、人生は何と大きく変わってくることだろう。


西任暁子(西任白鵠)

人の心を動かすためには、まず自分が感動していなくてはなりません。話し手の心の震動が聞き手に伝わり、共振することで共感が生まれる。


坂根正弘

日本の建設機械市場はバブルのころと比べると3分の1になってしまいましたが、それでも必死になって多角化を目指したり、雇用を維持してきたわけです。でも、それでは結果が出ず危機感も生まれずジリ貧状態でした。そこで私は早期退職者を募ったのです。


中澤優子(経営者)

私は私のことを好きになってもらうより、UPQの商品はいいよれって言われたい。私自身の評価や評判はどうでもいい。


金指潔

やりよう、やりがい、やり方を変えよう。


隈研吾

市役所などの建物を設計するときも、オフィスや議会などのことばかりではなく、建物が造られた後、市民が気軽に遊びに来られて、市民に開かれた市役所にすることが大切だと考えています。僕が設計を担当した新潟県の長岡市役所は、その典型的な例です。そうした意味で、どんな建物でも、完成した後に、市民が自分の建物のように使えたらいいなと思いますし、そういう時代になっていると思います。


酒井健二(経営者)

社員の意識を変える一方で、ぬるま湯体質を打破する上でもう一つ大事なことは、経営者の経営力、交渉力をつけること。


アルベルト・ザッケローニ

コトバで説明しながら、やってもらうのですが、選手たちができることを説明しないといけないでしょう。できるレベルじゃないと、選手たちがこわがってしまう。だからこそ、選手たちの力をよく把握する必要かあるのです。どういったことができるかどうか、それを把握することが大事だと思っています。


三鍋伊佐雄

ビジネスが成長するための要素には、業界を問わず共通点があります。第一に「実需(実需用)があるフィールドであること」、第二に「お客様と直に接すること」、第三に「継続的な取引の仕組みをつくっていくこと」です。この3点を充足すれば、一定の成果を得ることができると思います。


細谷功

単純に考えるというのは、ものごとをできる限りシンプルに捉えることで意思統一をしやすくし、仕事の効率を上げることです。せっかく仮説を立てても、それが複雑でわかりにくいものだと、効率は上がりません。とくにチームでやる仕事の場合はそれが顕著です。会議でも、議題が複雑でわかりにくいと、なかなか結論に達しませんよね。


藤由達藏

提出期限が明日に迫ったレポートを目の前にすれば、あなたもガムシャラに取り組むはず。その状況を自分でつくるのです。期限があると、人は行動せざるを得ませんから。


ジェームズ・ダイソン

今回開発したコードレス掃除機に使うモーターの開発でも、もう数千回は失敗しましたね。


堀紘一(コンサルタント)

一流の人物とどんどん接することも勧めたい。たとえば著名人の講演を聴きに行く。話しはメディアを通してお馴染みの内容であっても、本人の声を直に聞くことで得るものは大きい。もし一流の人たちと会食の機会があったら、尻込みせずに行くべきだ。大事なのはとにかく「一流」と接触して、それら対象との距離を縮めることである。