名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ベン・ジョンソン(作家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベン・ジョンソン(作家)のプロフィール

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

ベン・ジョンソン(作家)の名言 一覧

卑怯な行為を怖れるのは勇気である。またかかる行為を強いられた時、それを堪忍するのも勇気である。


膨らんだ財布は、心を軽やかにする。


悪人は自己の欠点を弁解するが、善人は自己の欠点をそっとしておく。


おしゃべりと雄弁は同じではない。愚者はしゃべりまくるが、賢者は話す。


ベン・ジョンソン(作家)の経歴・略歴

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

他の記事も読んでみる

内藤誼人

自分の味方は誰かを平時に判断するのは不可能に近い。心理学者でもない限り、他人の心を確実に見抜くことなどできません。その点、足を引っ張られ左遷されるといった状況に陥るのは、味方を見極めるという意味で実はいいことなのです。本当に信用できるのは誰かよくわかる。逆境にある自分に対し、いつもと変わらず連絡を絶やさずくれるような人は、間違いなく信用に値します。


齋藤孝(教育学者)

会社勤めの方であれば、「人事異動」などが不可抗力の典型でしょう。これは自分の努力だけではどうにもならない場合が多いので、ほぼ天変地異と同じです。それに対してはジタバタせず、マイナスはマイナスとして消化してしまうことが大切です。そうでなければ意味なく不機嫌になり、新たな運やチャンスも逃すことになります。


片田珠美

上司の思い込みで「おまえはちゃんとお客様に足を運ばないからダメなんだ」と頭から決めつけてはいけない。必要な情報を集め、データを見せながら「君の営業成績は他の人に比べてあまりよくない。それはどうしてだろう」と質問形式で進めていく。そのやり取りの中から原因と打開策を本人に気付かせるのである。


和才博美

結局、最後は人間です。国も企業も、それを動かしているのは、中にいる人にほかなりません。そう考えると、やはり読書も人間というものを理解できるものがいいでしょう。


栗木契

元気なマーケティング企業のリーダーは、理論的支柱を持ちつつ、市場情報との対話を絶やさない。マーケティング・インテリジェンスの高度化の鍵は、怠惰な思考を許さないことなのだ。


高岡本州

インフラ企業である以上、技術的な裏付けが必要。


マハトマ・ガンジー

間違ったことをしている人を見たら、自分だって間違いを犯したことがあると思い起こそう。欲深い人を見たら、自分もかつてそうだったと思おう。こうやって世界中のあらゆる人に自分との共通点を見出せば、自分の幸せと同じように、人々の幸せを願うようになるだろう。


稲盛和夫

「素直な心」「熱意」「努力」といった言葉は、あまりにプリミティブ(素朴・原始的)なために、誰も気に留めない。しかし、そういう単純な原理こそが人生を決めていくポイントなのだ。


福嶋康博

我が社が漫画雑誌「月刊ガンガン」を発行した当時、新規の漫画雑誌を出しても成功しないと出版業界は考えていたようで、それまでの十数年間は、漫画の月刊誌や定期刊行誌の新規発行がない状況が続いていました。結果的に幸いしたのが、我々が出版業界を知らなかったことです。マンガ刊行誌について成功することはないという業界の常識を知っていたら、我々は出版事業に挑戦していなかったかもしれません。


菅原健介

一番よくないのは、「逆ギレ」してしまうこと。いままで我慢していたけど、限界だ。そんな気持ちに陥りがちですが、相手のほうは、自分が迷惑をかけたと思っておらず、あなたが苛立っていることにも気づいていない。「あんなに怒るんだから、直そう」と思ってくれるとはあまり期待できません。操め事になってしまう恐れのほうがよっぽど高いのです。


青木功

いまでは師匠と弟子の関係は、師匠が手取り足取り弟子に教えてくれるといったイメージがありますが、そのころの先輩プロたちは、「盗んで身につけろ」が当たり前の世界でした。練習場で先輩たちが打つ、その姿を頭に叩き込んだ記憶があります。


土光敏夫

石播(のちのIHI)も東芝も、それに経団連も、与えられた仕事に対して、それが自分の運命だと思って、ただ没頭してきただけだ。