名言DB

9490 人 / 112001 名言

ベン・ジョンソン(作家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベン・ジョンソン(作家)のプロフィール

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

ベン・ジョンソン(作家)の名言 一覧

卑怯な行為を怖れるのは勇気である。またかかる行為を強いられた時、それを堪忍するのも勇気である。


膨らんだ財布は、心を軽やかにする。


悪人は自己の欠点を弁解するが、善人は自己の欠点をそっとしておく。


おしゃべりと雄弁は同じではない。愚者はしゃべりまくるが、賢者は話す。


ベン・ジョンソン(作家)の経歴・略歴

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

他の記事も読んでみる

古森重隆

大変な時にみんなで時間をかけて会議して、方針を決めることはできません。みんなの意見が平均値となり、平凡な答えにしかならない。そんなことで非常時は打ち破れない。例えば戦争していて、敵が攻めてきているのに一回一回会議はできません。


川端裕

私が多くの企業を訪れて実感することは、いまの日本の企業に部下の邪魔をしてやろうという上司はほとんどいないということです。部下を見殺しにするような上司がいたとしても、それを会社が放置することはありません。ですから、自分の新しい提案が組織の硬直した枠組みのせいで通らないのだと思うことなく、コミュニケーション能力を高めて情報を収集し、かゆいところに手が届くような提案を心がけましょう。


田島弓子

「文句を言うのなら、まずはやってみてから」モチベーションを高く保つには、この精神も不可欠だと思います。普段からそういう姿勢を見せていれば、周りもあなたの改善提案に耳を貸してくれるようになるはずです。


岡田充弘(経営者)

情報量の多い現代のビジネスシーンでは、必要な情報をすべて覚えておくのはとても無理でしょう。現代人の記憶を補う強い味方がデジタルツールです。ツールを使いこなし、必要な情報にアクセスすることは今や必須のスキル。新しい情報のために脳のメモリーを空けておくという意味でも、すぐに取り出せる細かい情報はむしろ忘れるべきとも言えそうです。


シャルル・ド・ゴール

政治家は心にもないことを口にするのが常なので、それを真に受ける人がいるとびっくりする。


柵山正樹

入社6年目に米国企業との交換留学に参加した。1年間だが、貴重な経験だった。選抜された技術者4人で渡米したものの、滞在先はバラバラで研修も一人ぼっち。次第に度胸もすわっていった。今にして思えば、商談などで外国人と接しても動じないのは、異文化に飛び込むチャンスを若い頃に与えてくれたからだと感謝している。


原裕輝

一人で抱え込まず、誰かに心情を吐露し受け止めてもらうことが非常に大切。


松井忠三

最適なリーダーのあり方は時代によって違います。企業の創業期には、すべてを自力で切り開いていくカリスマ型、あるいは独裁者型の「アタッカー型」リーダーが不可欠です。でも、今は「個性が問われる時代」です。多様な個の力を引き出し、組織としてまとめ、結果を出していかなくてはならない。


藤原和博

校長時代、ときには学校にクレームの電話もかかってきました。でも、電話を受けるのは私だけ。就任時に「クレームは先生方に対応させない。校長の私に全部話してください」と宣言したんです。教師が一番嫌いなクレーム処理の仕事を私が引き受けたことで、私への信頼が増した。リクルートでのマネジメント経験を活かすことが出来ました。


酒巻久

上司の方針が間違っているときもあるでしょう。でも、正しい方針のときは誰がやっても成果が出るんです。逆に悪い方針のときは部下次第で成果に大きな差が出る。だから上の方針が間違っているときこそ、すぐとりかかって成果を出さないといけません。そうやって頑張っていれば、直属の上司には評価されなくても、ほかの部署の上司が放っておくわけがありません。


小路明善

私どもの今年度の活動のキーワードは「Re・元気(元気回復)」です。人とのつながり(Relation)、信頼できる確かなもの(Reality)、リフレッシュ(Refresh)、といったいまお客様がお酒に求めている価値観をご提案することで元気回復に貢献していきたいと思います。


出雲充

学生時代からお世話になっている方に相談をしてみたことが、その後の人生の転換点となった。その方は、「10年先にやろうと思っていることなど、きっとできない」と言い切りました。そして、「後悔しないためにも今、ミドリムシに人生を賭けるべきだ」とアドバイスをいただきました。その時、体の中からカーッとした熱いものが込みあげてくるのを感じました。もう迷ってはいられない。すぐに始めるべきだ。こうして私は、入社1年で銀行を辞めました。