ベン・ジョンソン(作家)の名言

ベン・ジョンソン(作家)のプロフィール

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

ベン・ジョンソン(作家)の名言 一覧

卑怯な行為を怖れるのは勇気である。またかかる行為を強いられた時、それを堪忍するのも勇気である。


膨らんだ財布は、心を軽やかにする。


悪人は自己の欠点を弁解するが、善人は自己の欠点をそっとしておく。


おしゃべりと雄弁は同じではない。愚者はしゃべりまくるが、賢者は話す。


ベン・ジョンソン(作家)の経歴・略歴

ベン・ジョンソン。16世紀末から17世紀イギリスの劇作家、詩人。イギリス王家から年金付きの桂冠詩人の称号をはじめて授与された詩人とされている。シェイクスピアと同時代の人物で、シェイクスピアの追悼文を書いている。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」

他の記事も読んでみる

熊坂隆雄

営業では商品自体を売るというより、商品がもたらす効果を提案し販売に結び付ける。この意識が肝心です。お客様の悩みや要望を細やかに把握して最適な商品を提案し、技術部門にも必ずフィードバックする。従来以上にマーケットインの商品づくりを推進していくことも不可欠です。


中尾ゆうすけ

製造業の現場で実際にあった話です。部品の組立工程に携わる人が数名いましたが、人によって、出来上がりの品質にバラつきが見られました。調べると、「その部品が製品のどこで使われ、どういう役割を担っているか」を理解している人が担当した部品の品質が高いことがわかりました。設備投資に費用をかけずとも、意識ひとつ変えれば高い成果に結びつくことを実感した出来事でした。


伊藤友則

よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


山内宏

かつての大蔵省が敗者復活があり、つまり組織が柔軟で、「国のため」という価値観を貫くことができたのは、終戦後のパージ(公職追放)などで、組織に様々なしがらみがなかったのも一因です。事務次官もほぼ毎年交代し、その人的影響力も長続きしないから、上司部下の間柄を引きずらなくても済んだ。ところが、組織ができてから時間がたち、同じ人間なりそのグループが何十年も権力を握り続けると、現役が先輩に遠慮したり、仕事や人事が人脈に左右されたりして、澱(おり)のようなものが組織にたまりがちで、大胆なことができなくなる。


和田博(ヴァリアント社長)

最初はマネでもいいから始めてみて、最小限これだけは絶対に守るべきだと思うポイントだけ押さえる。そしたらあとは自由にやって、身体で考えてみる。あれこれ正解を探すより、その方が上達が速いですよ。ただ、その次に必ず成長のカベが来るんですけどね。


家次恒

世の中の流れにうまく乗ることが、これからの成長にとっても重要になってくる。


森内俊之

人生は登っていく時期もあれば、必ず下っていく時期もある。


オグ・マンディーノ

勇気を奮い起こしなさい。行動と悲しみは永遠に相容れないものであることを知りなさい。筋肉が緊張し、指が掴み、足が動き、頭が目前のやるべきことで占められている時は、自分を哀れんだり、後悔の念に苛まれたりしている暇はない。行動はいかなる傷をも癒す香油のようなものである。


工藤公康

ケガや故障をすると「ついてない」で済ませてしまう選手がいますが、ケガをしたのも自分の「失敗」としてとらえれば、同じ失敗(ケガ)をしないための環境づくりやトレーニング方法を見出すことができます。


鈴木喬(経営者)

大切なのは自信を持つこと。自分は運が強いと思い込むこと。


森秀明

ある日本企業では、「相手の意見を批判するな」「意見を数多く出せ」「思いついたら書き出せ」という三原則を徹底し、会議の活性化に成功しました。突飛な意見を出しても怒られず、むしろ褒められる文化があれば、人は積極的に発言するものです。


中村崇則

経費管理の効率化を突き詰めた「楽楽精算」の販売は、昨年度の約2倍のペースと好調で、市場ニーズが高まっているのを感じます。現在約200社2万人にご利用いただいていますが、「無駄な単純作業ゼロ」を目指し、もっと多くの企業に導入していただくのが目標です。


秋田正紀

家族主義的な経営が悪いとは思いませんが、いまは企業買収の時代で、厳しい経営環境にあります。上場企業として、株主や株式市場をつねに意識しなければいけないわけです。ですから、他の社員の領分を侵してでも、積極的に議論を仕掛けるような気質を育む必要があります。


澤部肇

歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれたトップとしての心構えは要約すると5つです。(1)フェアであれ。(2)努力せよ。(3)スピードを重視せよ。(4)数字には限界がある。それを知らないと大変な間違いを犯す(5)企業は芸術だ。


安斎隆

管理職になってからは、部下の能力をいかに引き出すかをテーマに仕事をしてきました。


ページの先頭へ