名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ベント・リトリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベント・リトリのプロフィール

ベント・リトリ。スウェーデンの空気清浄機専業メーカーのブルーエア創業者。スウェーデンのマルメ出身。米国シティ大学、スイスのチューリヒ大学で経営学、心理学、文学などを学ぶ。その後、スウェーデンの大手家電メーカー「エレクトロラックス」に入社。資金管理部長、空気清浄機部長などを経て、ブルーエアを創設した。

ベント・リトリの名言 一覧

スウェーデンもストックホルムのような都会では空気が汚いのです。ちょうど2人目の子供が生まれたころで、この子は都会でもきれいな空気の中で育てたいと強く感じました。それが会社を興した直接のきっかけです。人は誰でもきれいな空気を吸う権利があると思うのです。


いま発売しているモデルは完全な製品であり何も不足はないと自負していますが、もし日本ならではのニーズがあって、それを満たすことが消費者のためになるなら製品に修正を加えることも考えています。日本とヨーロッパとでは基盤とする文化が違います。これからも、様々な点を謙虚に学んでいきたいと思っています。


私たち専業メーカーはあくまでも高品質な製品をつくるのが役目です。日本市場の開拓・半場はセールス・オンデマンドにお願いしています。彼らは米アイロボット社の自動掃除機ルンバを扱って大ヒットさせるなど、日本での売り方について熟知しています。ですから、日本での売り方についてはセールス・オンデマンドに助けてもらいながら考えていこうと思っています。


日本市場を研究してみて気づいたのは、たくさんの製品が販売されているのに、どれも性能や外観に大きな違いがなく均一だということです。またプラスチック製のものが多く、耐久性も高くはないように思いました。一方、当社の製品はスチール製で10年以上は持ちます。空気を浄化するスピードが速く、汚染物質の除去率も最高水準にあります。この点でどんな製品にも負けません。


それまでの空気清浄機は、まるでおもちゃみたいでした。集塵力や耐久性が低く、運転音もうるさい。ですから十分な性能を持つ、世界最高の空気清浄機をつくりたいと考えたのです。しかし、そうはいっても洗濯機や冷蔵庫と比べて空気清浄機の市場は小さいので、当時勤めていた大手メーカーでは本格的に開発に乗り出すことができなかったのです。そこで私自身が会社を興し、最高の技術者たちを集めて、世界一美しく、清浄能力を徹底的に追求した製品づくりを目指したのです。べつに金儲けをしたかったわけではありません。


ベント・リトリの経歴・略歴

ベント・リトリ。スウェーデンの空気清浄機専業メーカーのブルーエア創業者。スウェーデンのマルメ出身。米国シティ大学、スイスのチューリヒ大学で経営学、心理学、文学などを学ぶ。その後、スウェーデンの大手家電メーカー「エレクトロラックス」に入社。資金管理部長、空気清浄機部長などを経て、ブルーエアを創設した。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

私は、何か分からないことがあると、スーパーの売り場に2時間ほど立ち続けることにしています。売り場に立ってずっと観察をしていると、分かってくることがあるからです。


柳井正

オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。


松本誠也

社長はみんなの意見を最善の方向へまとめる最高のコーディネーターであるべきです。その際重要になるのは企業の向かっている方向を明確に、かつ、理論的に説明できるか否かです。経験だけではなく、理論武装は欠かせません。


松井忠三

人間は締切がある。あるいは明後日に企画の提案や昇進試験があるとなれば、能率は通常の三倍や五倍に上がるものです。生産制を理屈で攻めてもいろんなエクスキューズ(弁解、言い訳)が出てなかなか到達点に達しない。そうであれば、9時から7時という枠だけ決めてやる方がずっと早い。


藤沢武夫

私はわりに理論的です。経営についての考え方は理論的だと思います。理論的なら社長が務まるかといえば、これは別です。社長ってものは、理論なんかなくったって、「いいからかん(いい加減)」でいいんです。ただ本物の自分を持っていること、技術では本物だということ、それで十分です。あとのことは他の人がやればいい。


寺田和正

経営者自身も縮まって、宣伝費を削ろう、人件費を削ろうというのでは駄目だと思います。あえて、宣伝費はもっと使おう、もっと色んな型を作ってやろうと考えるのです。そんな風に取り組んだ結果、我々は良い体質になり、アパレルブランドの中では利益を出しています。


ムーギー・キム(金武貴)

文章力を向上させることは、論理的思考力や、他者に自分の言いたいことを的確に伝えるためのコミュニケーション力を高めることにもつながる。


クルト・ボック

安い原燃料をライバル企業が使うことでやっていけなくなってしまうようなビジネスからは、既に撤退しています。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

家電部門の分離は非常に難しい決断でした。GEには130年の歴史がありますが、家電には100年の歴史があります。私は敬意を抱いていました。ブランド力があり、競合他社と比べて利益率が高い時期もありました。しかし、競争力を保つのが難しくなりました。また、成長のための資本があれば、GE内でもっと潜在性のあるところに活かしたい。


橋本若奈

高校生時代、周りの友人達は夢を持ちキラキラと進路面談をしている中で、何の夢も無かった私。そんな時、ひょんなきっかけでとある経営者をターゲットにしたテレビ番組を見たのです。番組内に出てくる経営者の方々は、普通の女の子がアイドルを見て感じる様に輝いて見えたものです。その時の感覚といえば、ふつふつと胸の中から何かが沸き上がるような感覚でした。「私もあの方のようになりたい」。何となく思ったその瞬間。私の将来が決まった瞬間でもありました。


松井道夫

30年ほど前、私が社会に出た時には、時代に大きな変化はなく、過去の延長線上に未来があると信じることができました。しかし、当時大企業と言われていたところは、現在凄まじい競争の渦中にあり、のたうちまわっています。みんなが思い描いていた将来のイメージとは全然違い、予想もしなかった変化が起きているのです。


大島真寿美

私は小説家として、読んで元気になれるようなものを書かなければなぁ、と。でも、そういうことをちゃんと書こうと思ったわけじゃないんです。自分のなかに、その言葉を埋めておいたら、何かがふーっと芽吹くみたいに物語は始まってきた。その種には世界の感触みたいなものがあったんですよね。夢を見ている途中で目覚めたとき、その感触を覚えているような感じってあるじゃないですか。あんな感じで、書き進めながら、探っていきました。