名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ベンジャミン・グレアムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベンジャミン・グレアムのプロフィール

ベンジャミン・グレアム、アメリカの経済学者。バリュー投資の父と称される。経済学者であり投資のプロでもあった。グレアムに影響された投資家は多く、ウォーレン・バフェットも彼の大学の講義を受講し強い影響を受けた。世界恐慌を体験し、健全な投資について研究をはじめる。企業の財務・経営分析を軸とした株式投資理論を構築。自らそれを使い財を成す

ベンジャミン・グレアムの名言 一覧

過去50年以上にわたる経験と市場観察によれば、「テクニカル・アプローチ」によって、長期にわたり利益を上げた者などひとりもいない。


もしもあなたが慎重な投資家あるいは思慮深い実業家ならば、自分の出資分1000ドルに関する価値評価を、ミスターマーケットの言葉によって決めるだろうか?(覚書き|ミスターマーケット=投資の専門家、証券会社の人、株投資本の著者、コメンテーターなどなどを皮肉った言葉)


投資で成功するカギは自分自身に内在する。


銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外すること」だ。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。


安全域は常に支払う価格によって決まる。


過去57年間を振り返れば、世界を揺るがすような時代の浮き沈みや悲惨な出来事にもかかわらず、堅実な投資原則に従えば概して手堅い結果を得られるという事実は、常に変わることがなかった。


大半の投資家は個別銘柄など選ぶ必要などないということを繰り返し申し上げておいたほうがいいだろう。銘柄選びをしてみようという人のほとんど が、思っていたほどうまくできないことを悟らされる。運のいい人は早くからそのことに気づいているが、運の悪い人は気づくまでに何年もかかる。自分でうまく銘柄選びができるのは、ほんの数パーセントの投資家にすぎない。もしかしたら、みんながインデックスファンドの力を借りるのが理想なのかもしれない。


個人投資家にできないことは「プロのゲームでプロに勝つこと」、自分のゲームで自分にコントロールできることで勝てば良いのだ。


証券会社のアナリストは株式市場の動向を調べ、水晶球を見つめ、細かな数字の計算をしたり、スポンサー付きの旅に出る以前に、基本的な責務を果たすべきである。


株式の割合は最低で25%最高で75%の範囲内に、債券の割合は75%から25%の間とすべきである。


ベンジャミン・グレアムの経歴・略歴

ベンジャミン・グレアム、アメリカの経済学者。バリュー投資の父と称される。経済学者であり投資のプロでもあった。グレアムに影響された投資家は多く、ウォーレン・バフェットも彼の大学の講義を受講し強い影響を受けた。世界恐慌を体験し、健全な投資について研究をはじめる。企業の財務・経営分析を軸とした株式投資理論を構築。自らそれを使い財を成す

他の記事も読んでみる

前澤友作

いまは本当の意味でオシャレになってきてるんじゃないですか?服だって、人が着てるから、じゃなくて自分の感性で選ぶ傾向が強くなってますからね。


樋野興夫

死を意識した人たちの悩みは、病気によってもたらされたものばかりではありません。どちらかといえば、それまで見ないふりをしてきた問題が顕在化すると思ったほうがいいでしょう。死を意識すると、自然と感情の襞が繊細になり、いろいろなことが目に付くようになるのです。


柳井正

僕らは、信頼できるパートナーとともに、その国に行ったら、その国のために仕事をする。アメリカへ行ったら、アメリカのために。ロシアへ行ったら、ロシアのために。中国へ行けば、中国のために仕事をする。それが僕らの主義です。


鈴木喬(経営者)

「社長は、正直に忠告してくれる忠臣のような部下を持つべきだ」と言う方もいます。しかし、上司に異を唱えるような社員は、組織内で生き残れないのがサラリーマン社会の現実だと私は認識しています。ですので会社組織で上司批判はほとんど期待できません。上司が独裁的であればなおさらです。そこで私は社外取締役に期待することにしました。社外の方なら、忌憚のない意見が出ると思ったのです。


高岡浩三

製造業ほど圧倒的な競争力を持たない日本のサービス業を伸ばすには、マーケティングが最も重要な戦力になる。


鑄方貞了(鋳方貞了)

リーダーシップ力とは、目標を達成するために、部下のやる気を引き出し、能力を最大限に発揮させるリーダーの言動であると思います。言いかえると、目標や方向性を具体的に明示して社員と共有し、全体を導いていく力のことです。


出井伸之

過去の栄華にしがみついていると、高視に立って相手を見下したり、けなしたりしたがるものです。そうではなく、相手の良さを理解しながらも、これはちょっと危ないなと思えば指摘すればいいのです。若い人たちがどんどん活躍し、海外の企業と良い関係が築ける会社がもっと増えて欲しいというのが私の希望であり、目下の課題です。


柴田励司

感情を引きずってしまうと、「さっきのことが気になって、目の前の仕事に集中できない」という事態に陥ってしまいますよね。当然、今やっている仕事の効率は低下します。私は本来、気持ちの切り替えが下手でした。それに気づいてからは、自分で意識的に「スイッチ」を切り替えるようにしています。たとえば、「次は社員をにこやかに褒めるリーダーの顔でいこう」などとイメージし、いわば役者になったつもりで、イメージどおりの自分になりきるのです。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

任せることが大事だが、レッセフェール(なすに任せよ)でもいけない。任せられる「人」を選ぶことが大事になる。これは私が指名報酬委員会から厳しく求められていることでもある。


岩田聡

もプログラマー出身ですから、先端技術にひかれますし、美しいグラフィックに魅せられることもあります。でも、同時にその製品に私の家内が興味をもつか否かも気になるのです。それが自分の考えを補正するのに役立ちます。


堀正岳

現代の知的労働者にとっては、情報が「足りない」ことよりも、情報が「多すぎる」ことのほうがより重大な問題です。実際、「情報をチェックする時間が足りない」「大量の情報をインプットするだけで精一杯。アウトプットの時間を十分に取れない」といった悩みをもつ人は少なくありません。


小笹芳央

多くの人は、「努力した時間に比例して、だんだんと実力も伸びていく」と考えがちです。しかし、これは大きな誤解です。成長は階段状に訪れます。そこを理解しているかどうかが、まず大きな分かれ目です。