ベンジャミン・グレアムの名言

ベンジャミン・グレアムのプロフィール

ベンジャミン・グレアム、アメリカの経済学者。バリュー投資の父と称される。経済学者であり投資のプロでもあった。グレアムに影響された投資家は多く、ウォーレン・バフェットも彼の大学の講義を受講し強い影響を受けた。世界恐慌を体験し、健全な投資について研究をはじめる。企業の財務・経営分析を軸とした株式投資理論を構築。自らそれを使い財を成す

ベンジャミン・グレアムの名言 一覧

過去50年以上にわたる経験と市場観察によれば、「テクニカル・アプローチ」によって、長期にわたり利益を上げた者などひとりもいない。


もしもあなたが慎重な投資家あるいは思慮深い実業家ならば、自分の出資分1000ドルに関する価値評価を、ミスターマーケットの言葉によって決めるだろうか?(覚書き|ミスターマーケット=投資の専門家、証券会社の人、株投資本の著者、コメンテーターなどなどを皮肉った言葉)


投資で成功するカギは自分自身に内在する。


銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外すること」だ。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。


安全域は常に支払う価格によって決まる。


過去57年間を振り返れば、世界を揺るがすような時代の浮き沈みや悲惨な出来事にもかかわらず、堅実な投資原則に従えば概して手堅い結果を得られるという事実は、常に変わることがなかった。


大半の投資家は個別銘柄など選ぶ必要などないということを繰り返し申し上げておいたほうがいいだろう。銘柄選びをしてみようという人のほとんど が、思っていたほどうまくできないことを悟らされる。運のいい人は早くからそのことに気づいているが、運の悪い人は気づくまでに何年もかかる。自分でうまく銘柄選びができるのは、ほんの数パーセントの投資家にすぎない。もしかしたら、みんながインデックスファンドの力を借りるのが理想なのかもしれない。


個人投資家にできないことは「プロのゲームでプロに勝つこと」、自分のゲームで自分にコントロールできることで勝てば良いのだ。


証券会社のアナリストは株式市場の動向を調べ、水晶球を見つめ、細かな数字の計算をしたり、スポンサー付きの旅に出る以前に、基本的な責務を果たすべきである。


株式の割合は最低で25%最高で75%の範囲内に、債券の割合は75%から25%の間とすべきである。


ベンジャミン・グレアムの経歴・略歴

ベンジャミン・グレアム、アメリカの経済学者。バリュー投資の父と称される。経済学者であり投資のプロでもあった。グレアムに影響された投資家は多く、ウォーレン・バフェットも彼の大学の講義を受講し強い影響を受けた。世界恐慌を体験し、健全な投資について研究をはじめる。企業の財務・経営分析を軸とした株式投資理論を構築。自らそれを使い財を成す

他の記事も読んでみる

可児武夫

米国には変化の遺伝子があります。東京でモルガン・スタンレーの経営に携わり、それを実感しました。同社は、競争の激しい投資銀行業界の中で、前身のモルガン商会時代も含め100年以上も先頭を走り続けています。リスクを取ながら自ら果敢に変化してきたからです。


小倉広

縁のできた人に助言をもらったら、必ず言われた通りにやってみます。人からのアドバイスの内容は、たいてい自分一人では気づけないこと。自分の視野を広げてくれるものですから、有難く実行します。


松本晃(経営者)

失敗してもいいからチャレンジしてみなさいと言うことが大切。失敗には必ず理由があるからそこから学ぶ。失敗を許し、挑戦を尊ぶ企業文化に変われば、自然と優秀な社員が増えていく。


山口彰(日本深層心理研究会)

社会的成功者は一様に活動力が高いものですが、活動力のある人は、同時に心理状態もイキイキしているのが特徴です。一方、活動力の低い人は、自分に自信がなく、自分の可能性を信じられない人が多いのです。原因は幼いころからのマイナス体験の蓄積にあります。自分は結局何をやっても上手くいかないという思いが心の中で支配的になると、生活全般にわたって意欲が低下してしまいます。


和田大(ワダックス)

創業以来、売上高対前年比130%の成長を続けています。お客様が求めているサービスをずっと提供してきたことが、好成績につながったと思っています。


スティーブ・ジョブズ

私がアップル社の経営者なら、マッキントッシュをできるだけ利用する。そして次の実りある事業に取りかかる。パソコンを巡る戦争は終わった。済んでしまったことなのだ。米マイクロソフト社がずいぶん前に勝利を収めたのだ。


植西聰

プラスの出来事を思い出してから眠ると、「ポジティブ感情」が潜在意識にインプットされ、ネガティブ感情のダメージを最小限に食い止められる。


廣瀬光雄

よくサラリーマンとして会社に入って「仕事が面白くない」と言っている人がいますが、私は「面白くない」と言っている人ほど惨めなことはないと感じます。そもそも面白くないならば辞めてしまえばいいと思いますし、辞めたいと思っても辞められないならば頑張るしかありません。全ては自分の選択でそうなっているからです。


浜脇洋二

ドイツのBMW本社からは「もっと優秀な社員はいないのか」と言われ、「トヨタ自動車やホンダが成功しているのは、優秀な人材がいるからだろう?」と質問されたりもしました。しかし、大きな集団の中のひとつの歯車としてはよくできても、日本人ビジネスマンは独り立ちした経営幹部としてはいまひとつなんです。


石渡美奈

モノを売る時に大切なのは、社員の気持ちが同じベクトルを向き、組織としてその能力を十分に発揮することで、顧客の心に訴えかけることができるかどうか。


劉強東

中国の若者の野心が徐々になくなっていることについて、私も懸念しています。日本の若い世代よりも深刻かもしれません。なぜなら一人っ子政策により、私たち世代の夫婦は4つも5つも不動産を持っています。一生働く必要はなく、一つの不動産を売れば10年や20年は食べていけます。このような考え方はとても危険です。


小池利和

しつこさのある仕事には、いつか挽回のチャンスが巡ってくる。


永井浩二(経営者)

国の規模自体が縮小していく時に、今までの延長で物事を考えていくと、必ずしんどくなってくる。


熊本浩明

欧米企業は一定程度はローカルに任せつつも、つぶさにモニタリングし、必要な情報を収集して意思決定していく。日系企業に比べると、その辺りのバランスの取り方がうまいように感じます。日系企業によくあるのは、経営層が何度も現地入りするなど、必要以上に深く入り込み過ぎてしまう。あるいは、ほとんどローカルに丸投げしてしまう。両極端なのです。


小暮真久

逆境のときは、自分が得意な領域に注力する発想も大事です。苦手分野は気持ちが乗らないし、気持ちが乗らないとパフォーマンスは上がりません。それならば、苦手な分野はそれを得意とする人に任せて、自分は得意分野に集中すべき。


ページの先頭へ