名言DB

9419 人 / 110788 名言

ベンジャミン・ローゼンの名言

twitter Facebook はてブ

ベンジャミン・ローゼンのプロフィール

ベンジャミン・ローゼン。アメリカの経営者。コンパック・コンピュータ会長。スタンフォード大学卒業後、電気技術者として就職。数年で大学に再入学し、経営管理学修士号を取得。モルガン・スタンレーに入社。ハイテク分野の企業アナリストとして活動したのち、ベンチャーキャピタリストになる。その後、ロッド・キャニオンの事業計画に出資し、コンパックの設立にかかわった。91年、コンパックの経営危機をきっかけに創業者ロッドから経営を引き継ぎ、同社を再生させた経営者。

ベンジャミン・ローゼンの名言 一覧

失敗したことを誇りなさい。それだけリスクを冒したということなのだから。
【覚書き|コンパックの創業者ロッド・キャニオンに言った言葉。ロッドは低価格パソコン時代に高い値段にこだわったため同社の業績が急落。その経営ミスについて励ました言葉。同社はその後低価格パソコンで世界シェアトップに返り咲く】


ベンジャミン・ローゼンの経歴・略歴

ベンジャミン・ローゼン。アメリカの経営者。コンパック・コンピュータ会長。スタンフォード大学卒業後、電気技術者として就職。数年で大学に再入学し、経営管理学修士号を取得。モルガン・スタンレーに入社。ハイテク分野の企業アナリストとして活動したのち、ベンチャーキャピタリストになる。その後、ロッド・キャニオンの事業計画に出資し、コンパックの設立にかかわった。91年、コンパックの経営危機をきっかけに創業者ロッドから経営を引き継ぎ、同社を再生させた経営者。

他の記事も読んでみる

小林幸雄(経営者)

80歳を超えた今、当時(冷戦時代に社会主義国を飛び回っていた頃)を振り返ると、よくそんな所へ行っていたなと思います。若い頃というのは、リスクを考えて尻込みするより、チャレンジする精神が勝るものなのです。


石川康晴

社名変更は過去の成功体験を全部捨てるのが一番大きな目的。3年ほど前からやや大企業病の傾向が出てきました。社員は保守的になり、私自身も少し守りに入っていると感じた。よりグローバル化を促進し、事業領域もテクノロジーを前面に押し出していくのだという強いメッセージが社名変更に繋がりました。


日覺昭廣

グローバル経営を実践していく上で最も重要なのは、人材の育成です。人を基本とする経営は、グローバルで通じるからです。


藤沢武夫

複数の知恵を集めれば、本田一人よりもプラスになる。本田宗一郎の持っている力よりもレベルの高い判断が生まれる。そういう体制をつくらなければならないのです。これまでのところ、ホンダはそうしてきました。一人の人間に頼らなければできないというものがあってはいけない。


中山讓治(中山譲治)

社員と未来を一緒に語る。そうすればおのずと理解は深まり、ついてきてくれると考えています。


松本正義

基礎技術の研究を継続することは、住友電工の生命線です。この努力を怠れば永続できる会社ではなくなってしまう。


出雲充

コメも小麦もあふれるほどあるにもかかわらず、子どもたちは栄養失調、大人たちは貧困にあえいでいた。このときの経験によって、自分の敷いた人生のレールから自ら降り、それからは自分でも予想がつかない方向へ人生が転がり出した。
【覚書き|18歳のときにバングラデシュに行ったときを振り返っての発言】


松村誠一(経営者)

当時の私は旧態依然とした社内を見渡すたびに、このままでは経営が行き詰まってしまうのではないかという強烈な危機意識を持っていました。しかし社内の問題点を指摘する声は、業績の良さにかき消されていました。ところが私の社長就任直後に大手の取引先が倒産し、当社もその影響を受け上場以来初の赤字に転落しました。私はこの状況を社員と危機感を共有する絶好のチャンスだと思いました。私はすぐさま全社員を東京に集め、そこで中期経営計画を発表してその実現に邁進することを宣言しました。お陰様で社内改革も進み、その後順調に業績は回復していきました。


江上治

「人の縁」や「出会い」というと、つかみどころのない話に聞こえるが、実は、日々の行動や対応がチャンスにつながっている。


縣俊貴

僕は技術者としてはたくさんの回り道をしてきた。それが発想力の土台になった。