名言DB

9490 人 / 112001 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)のプロフィール

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言 一覧

情報のねつ造が恐ろしいところは、真実と嘘を積み重ねた上に成り立っているところ。


大切なのは10年先の自分を思い描きながらいること。四六時中深刻に考えている必要はないよ。時々確認すれば十分。


最近の言動からキワモノ的な扱いをされていることは自覚しているけど、信じている道だから進んでいこうと思っている。


人生は1回しかないから、楽しくおもしろく成長できるような生き方をしないとダメだ。毎日が同じ繰り返しだとつまらない。なるべく新しいことに挑戦することが大事なんだ。


夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


情報のねつ造が孕んでいる最大の問題。それはタブーの裏に潜んでいる悪がいること。その闇を突いていくのが僕らの仕事。当然、脅しを受けることはあるよ。


何かを鵜呑みにすることには警戒感を持って欲しい。テレビのニュースや新聞は基本的に大本営発表と変わらない。そういう視点を持った上で接していき、興味や疑問を感じたものは雑誌やインターネット上の情報を自分で調べてみる。すると、いつもとは違う風景が見えてくると思うんだ。


一か所しか職場を知らない人は勇気が出ないかもしれないけど、何度もやっている僕ははっきりと言える。辞めちゃっても次は見つかるし、自分の進むべき道をしっかりと持っていればだいたい次の仕事は前よりも良くなるよ。


僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の経歴・略歴

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

他の記事も読んでみる

植田統

できないことはできないとはっきり断るべきです。相手がどう思うかを気にしすぎるのは「結果の出ない人」の共通点のひとつです。できないことをできると言って、あとで「やっぱりできませんでした」というのがもっとも上司を困らせるパターンです。


青野慶久

離職率が高くなってしまったとき、なぜ辞めるのかを知りたくて社員たちに話を聞いてまわりました。わかったのは「働くモチベーションの源泉は一人ひとり違う」ということです。給与を多くもらいたい人もいれば、技術を究めたい人もいるし、お客様と接するのが楽しい人もいて、モチベーションの在り処は人それぞれ。そして、働く時間や場所もモチベーションに大きく影響すると気がついたのです。そこで考えたのが、社員が働き方を選べる人事制度を作ることでした。


山内隆司

かつては作業所長の属人的な能力や人柄、人脈に負う面が多くありました。「あの人のためなら一肌脱ごう」ということで仕事が動いていった。しかし、当社が常時抱えているプロジェクトは国内外合わせて約2000もあります。属人的な能力だけに依存してそのすべてに最適な資材と労働力を投入するのは、限界があります。


所眞理雄

井深大さんには「君は今、何をやっているの?」とよく話しかけられました。何気ないひと言ですが、そう言われると研究者はやる気になるんです。


栗原幹雄

新しい会社を立ち上げるためにフレッシュネスバーガーの社長を退任したわけではありません。元は引退するつもりだったんです。ところが実際に引退してみると、4日で飽きてしまった。それで、新しい会社を立ち上げたのです。


デニス・ウェイトリー

敗者は『不安が解消されること』をし、勝者は『目標が達成されること』をする。


井村雅代

私はコーチとしてよく叱ります。基本的には言いたいことは我慢しません。本音をズバズバ言います。嫌われるのは大いに結構。「好き」だなんて言われたら、キツイ練習をしにくくなりますから(笑)。


藤原銀次郎

人間、欲のない人間になったらおしまいです。欲の出しすぎはよろしくないが、欲のなさすぎも困りものです。「欲がない」とは大変キレイに聞こえますが、その実、骨を折ることを嫌い、精を出すのが嫌いで、つまり、人間がナマケモノの証拠です。


佐藤康博

私は金融は情報産業だと思っています。持ち株会社の社長就任記者会見の際、私は「お客様と会う時間は1分たりとも削らない」と言いましたが、それはお客様からお聞きする話の中にこそ、ビジネスや銀行経営にとっての多くの示唆があると考えるからです。


石田克史

創業当時、苦労と言えば苦労だったのかもしれませんが、あの時はそれが普通だと思っていました。地道に一つ、一つ、お客様の信頼を勝ち取っていくことで、営業スタッフを採用したり、技術スタッフを採ったりして、会社が徐々に成長していきました。


大川隆法

究極の「タイムベース・マネジメント」は、「一日の苦労は一日にて足れり」ということです。「一日一生」という言葉がありますが、「その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう」ということです。


出口治明

単純に「どんな人が一緒に仕事しやすいか」という意味なら、私の場合、ひとつは「明るく元気な人」です。職場で一緒に仕事するのに、いつも笑顔で、元気で楽しい人なら、こちらも元気をもらえます。もうひとつ条件を挙げるなら、「思い込みや常識に縛られず、自分の頭で考えられる人」です。