名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)のプロフィール

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言 一覧

情報のねつ造が恐ろしいところは、真実と嘘を積み重ねた上に成り立っているところ。


大切なのは10年先の自分を思い描きながらいること。四六時中深刻に考えている必要はないよ。時々確認すれば十分。


最近の言動からキワモノ的な扱いをされていることは自覚しているけど、信じている道だから進んでいこうと思っている。


人生は1回しかないから、楽しくおもしろく成長できるような生き方をしないとダメだ。毎日が同じ繰り返しだとつまらない。なるべく新しいことに挑戦することが大事なんだ。


夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


情報のねつ造が孕んでいる最大の問題。それはタブーの裏に潜んでいる悪がいること。その闇を突いていくのが僕らの仕事。当然、脅しを受けることはあるよ。


何かを鵜呑みにすることには警戒感を持って欲しい。テレビのニュースや新聞は基本的に大本営発表と変わらない。そういう視点を持った上で接していき、興味や疑問を感じたものは雑誌やインターネット上の情報を自分で調べてみる。すると、いつもとは違う風景が見えてくると思うんだ。


一か所しか職場を知らない人は勇気が出ないかもしれないけど、何度もやっている僕ははっきりと言える。辞めちゃっても次は見つかるし、自分の進むべき道をしっかりと持っていればだいたい次の仕事は前よりも良くなるよ。


僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の経歴・略歴

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

会社はお金を儲けるのを目的としているのだから、経理数字は会社内の仕事を計るものさしである。だから社員は誰でも、その専門がなんであろうとも、経理データを理解する知識を持つべきである。そこで我が社でも、社内で各種の講座を持ち、専門外でしかも会社員として必要な教育をし始めている。


冨安徳久

1日は1年の365分の1ではありません。あくまで1分の1なのです。それが365回積み重なって、1年となる。したがって、いちいち落ち込んでなどいないで、今ある時間を大切にすべきです。私は、考え方次第で人生が面白くなると思ってから、一切マイナスのことを言わなくなりました。今では、何があっても学びだと思っています。


和田眞治(和田真治)

少子高齢化の時代を迎えた日本のエネルギー業界が、今までと同じ状態でいいわけがない。もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はダメになってしまう。


西成活裕

悩みを抱えている人の多くは、目の前の悩みの塊に圧倒され、思考が停止してしまっています。そんなときは一度「ズームアウト」することで、問題を少し引いた視点で捉えるべき。すると、問題の全体像が見えてくるので、大きな問題を個々の課題に切り分け、今すべきことが見えてくるのです。あるいは、より長い時間軸で考えることで「大したことないや」と気が楽になることもあるでしょう。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


小宮山宏

イノベーションのシーズは日本各地で生まれています。それらの方向性を一にして、前に進む体制をどうやって作るかが課題。お互いに知恵を出し合い自律分散協調を実現していくことが重要。


孫正義

失敗を恐れる必要はありません。厳しい環境でしか学べないことはあまりに多い。


鎌田富久

支援するかどうか決めるとき、様々な困難があっても続けるくらいの熱意があるかどうかを見ています。本当にやりたくて情熱がある人でないとうまくいきません。


福井康夫

私は京セラ創業者の稲盛和夫さんが主宰する経営塾「盛和塾」で学んでいるのですが、ランニングの際には、稲盛塾長の講話を聞きながら走っています。これも、毎日繰り返し聞き続けていると、自然と血肉になっているような気がします。実際、ランニングの最中に、仕事のいいアイデアが浮かんだり、決断できたりすることもあります。


塚越寛

競争相手が多いところでは価格競争に巻き込まれてしまいますが、新しく用途開発したところは、同業他社が追いつくまでは全部うちのシェアですから収益性も高い。中小企業の生きる道は、開発型企業になることだと、従業員の1割以上を開発要員にあてています。


藤堂高明(経営者)

相対性理論で有名なアインシュタインさんの言葉に「人類最高の発明は複利だ」という言葉があります。私は、人生も複利かなとつくづく思います。サラリーマンで通信会社で6年働いて、その頃は渋谷で勤めていたんですけど、辞めて、父親の田舎の会社を継ぐとなった時と今とを振り返ると、まさに人生も複利かなと。何かというと、元本はお金じゃないんですね。我々には等しく持ち合わせた財産があります。これは命ですね。命=時間ですね。この時間というものを元本に、そこにいかに利息を乗せて、人生の満足感や納得感を最大化させるのかと。「自分が生まれてきた意味があったよね」と死ぬ瞬間に思えたら最高だと思うんですよね。いつか死にますからね。


和田秀樹

自宅や会社の近くの精神科に駆け込む前に、ネットの口コミ情報などを利用して、比較的評判のいいところを見つけて診てもらったほうがいいでしょう。うつ病は場合によっては命に関わるのですから、リサーチに多少の手間をかけたほうがいい。診断を受けてからも、治療法が自分に合わないと思ったら、それを医師にきちんと伝えて相談しましょう。もし、医師の説明や治療方針に納得がいかなければ、ほかの医師に診てもらうということも必要です。