名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)のプロフィール

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言 一覧

情報のねつ造が恐ろしいところは、真実と嘘を積み重ねた上に成り立っているところ。


大切なのは10年先の自分を思い描きながらいること。四六時中深刻に考えている必要はないよ。時々確認すれば十分。


最近の言動からキワモノ的な扱いをされていることは自覚しているけど、信じている道だから進んでいこうと思っている。


人生は1回しかないから、楽しくおもしろく成長できるような生き方をしないとダメだ。毎日が同じ繰り返しだとつまらない。なるべく新しいことに挑戦することが大事なんだ。


夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


情報のねつ造が孕んでいる最大の問題。それはタブーの裏に潜んでいる悪がいること。その闇を突いていくのが僕らの仕事。当然、脅しを受けることはあるよ。


何かを鵜呑みにすることには警戒感を持って欲しい。テレビのニュースや新聞は基本的に大本営発表と変わらない。そういう視点を持った上で接していき、興味や疑問を感じたものは雑誌やインターネット上の情報を自分で調べてみる。すると、いつもとは違う風景が見えてくると思うんだ。


一か所しか職場を知らない人は勇気が出ないかもしれないけど、何度もやっている僕ははっきりと言える。辞めちゃっても次は見つかるし、自分の進むべき道をしっかりと持っていればだいたい次の仕事は前よりも良くなるよ。


僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の経歴・略歴

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

行ったことがない場所に行く、これまでに経験のないことに取り組む。日常から離れた異体験は、一見仕事に結びつかなさそうですが、そうした体験が豊富な人とそうでない人とでは、発想力に大きな差がつきます。体験するのは、自分の趣味に関係すること、ずっと興味があってできていなかったことなど、何でも構いません。


鈴木治雄

自然科学と宗教が対立するという考え方が、比較的多いですよね。でも、私はそう思わない。逆に、自然科学が進めば進むほど、宗教は必要だと思う。


澤田貴司

平日はトイレにいく時間もないほどハード。だから、体には気をつけています。朝の日課は45分間のエアロバイク漕ぎと、腕立て伏せと腹筋を100回ずつ。休日はサーフィンやスキーなどで体を動かしています。昨年7月には還暦の記念に伊豆大島から江の島までの60キロをスタンドアップ・パドル・ボードで渡りました。11時間、ボードに立ってひたすらオールを漕ぎ続け、目的地に着いたときには思わずこう叫んでいました。「ジジイをなめんなよ!」。まだまだ、若い人たちには負けるわけにいきません。


矢内理絵子

二足のわらじを履いている以上、「負け」は自分だけの問題で終わらない。女流棋士は弱い、と批判されることにまでつながってしまうことも考えられるので、予想以上にプレッシャーになっていました。
【覚書き|女流プロ棋士でありながら奨励会に加入していた時期を振り返っての発言。】


山田淳

灘中学時代に私は山と出会いました。小児喘息を患い体が弱かった私は、体を鍛えようとワンダーフォーゲル部に入部しました。合宿で行った屋久島。360度の自然に囲まれるという圧倒的な風景に身を置いて「人間も自然の一部なんだ」という思いが湧き起こりました。この体験が、私がライフワークとして登山に取り組むきっかけであり、「もっと多くの人が山を楽しめるようにしたい」という夢の原点です。マッキンゼーを退社して登山道具の宅配レンタルを行う「やまどうぐレンタル屋」を起業したのも、そんな夢を実現するための手段でした。


池谷保彦

実際に手術を始めるまで患者さんに必要な医療材料のサイズが分からないということはよくあります。しかしながら、患者さんが手術台の上に横になっている状況で、使用する材料の最適なサイズが病院にないという事態は、あってはなりません。そこで当社は、手術に必要な材料のすべてのサイズを用意し、必要なものだけをドクターに使ってもらう方法をとっています。その膨大な数の医療材料の管理に当社が開発したシステムを利用しています。これにより、病院側の経済的負担も、ナースの医療材料の管理への負担も軽減することができます。


ジャック・ドーシー

大事なのは、自分がこの世界で何をできるか、そしてそれを可能にする労働倫理と欲望だ。


原田武夫

本当にずる賢い人は、ずる賢く見えないもの。ずるいと思われたら、その時点で負けです。


鵜浦博夫

次世代に宿題を残さないように。
【覚書き|NTTグループ各社のトップに語った言葉】


山口絵理子

日本では「明日から毎朝8時に朝礼を行います」で済みますが、バングラディシュの工場では、どんなに口を酸っぱくして言ってもやらないし、無理やりやらせても3日と続きません。でも、生産現場で毎日、10も20も発生する問題の大半は、朝礼で確認したり注意を促したりしておけば防ぐことができるものです。だから、トラブルのたびに、そういう説明をちゃんとしてあげます。そうすると、やがて彼らの中にも、「朝礼には意味がある」という意識が芽生えてきます。すると、今度は彼らの方から、「モーニング・ミーティングをやろう」という声があがってくるので、それまでじっと待つのです。


和田裕美

本を買うとき、映画を観るとき、そして人と付き合うとき。私たちは「お気に入り」というキーワードで対象を選ぶはずです。嫌いなものにお金や時間をかけたくないのは当然ですし、それらの「お気に入り」たちは、どこかテイストが似ているので心地いいのです。私も、普段は「お気に入り」に囲まれた自分の星で生活しています。けれど、時々は、そこから抜け出し、「異星人」と触れ合ってみるのもいいことだと私は思います。


福川伸次

日本には勤勉、協調、異文化への寛容性などの伝統的な価値観があります。それをもっと世界に拡げていく必要があります。もちろん、日本が今のままでいいわけではありません。日本の伝統、日本が大事にしてきた人間重視の価値観をさらに洗練し、国際的な言葉で説得できるようになれるよう、努力しなければいけません。